fc2ブログ

ミスジチョウ越冬幼虫

ミスジチョウ越冬幼虫
ミスジチョウ越冬幼虫 EOS20D Sigma15mmfisheye 内蔵ストロボ
雪というのは冬を表現するのに手ごろなアイテム。雪が降ったら狙ってみようかと思っている被写体はいくつもあるけれど、休日とはなかなかタイミングが合わなかったりするので遅々として手持ちは増えていかない。そんな中で雪との組み合わせが狙いやすいと感じているのがミスジチョウの越冬幼虫。樹上の葉で越冬するので雪に埋もれるようなことがないし、モミジの木はほとんどの葉を落としているので狙って探しやすい。難点があるとすれば数が少なめで、沢山の個体から選んで撮影…とはいかないところだろうか(探すのが下手なのかな…)。
ミスジチョウ越冬幼虫
ミスジチョウ越冬幼虫 EOS20D EF100mmMacroUSM ストロボ2灯
色合いも形もモミジの枯葉によく似せていて、うん、よく擬態しているとは思う。けれど疑問なのはなぜ樹上の葉で越冬するのかというところだ。落ち葉の下に入ってしまった方が暖かいだろうし、落葉樹であるモミジの葉をわざわざ糸で固定してまで樹上越冬にこだわる理由は一体何故なんだろう…?


2007年1月14日追記
糸で固定された葉柄基部
糸で固定された葉柄基部 EOS20D MP-E65mmMacro ストロボ
記事を書きながら、糸で固定されている部分を撮り忘れていたのに気がついたので撮影してきた。撮ってみて驚いたのは、ただ糸で固定してあるのではなく、しっかりと冬芽に結わえつけてあったこと。なるほど、こんな風にしてあるから風で飛ばされたりすることがないのね~と感心してしまった。

関連記事
スポンサーサイト



2007.01.11 | Comments(3) | Trackback(0) | チョウ

コメント

寒中お見舞い申し上げまする

ようやく書き込めた~^^;
今年もよろしくどうぞ。

これはうちの庭にもたくさんいて、spatica氏に同定を依頼したヤツですな。
うちの庭のは昨年の暮れに一匹残らずどこかへいってしまったのですが、こんな風に越冬するのですかね。
となると奴らも庭のどこかにいるのか・・・・ちなみにナミアゲハの幼虫も毎年たくさんつくのですが、蛹になる前の移動でどこかへ行ってしまい未だに庭で発見したことはありません。
知人の話でもやはりどこで蛹になっているのか見つけられないとのこと。
安全で条件のいい場所をさがして移動するらしいですがどの程度の距離、範囲なのでしょうね。

2007-01-12 金 11:07:57 | URL | DARK LORD #- [ 編集]

面白いものを見せていただきました。
私も冬に狙っている絵の一つですが、さすがに雪が深くなってしまったようで、この春の雪解けを待ちたいと思います。
春先には少なくなるのが問題ですけど。
地面より樹上のほうが天敵が少ないと思っているのかもしれません。
答えは彼に聞かないと分からないですね。

2007-01-12 金 17:24:29 | URL | maeda #- [ 編集]

>>master
こちらこそよろしくお願いしますです!!
master宅にいたのはコミスジの幼虫だと思われます。ミスジチョウの幼虫はカエデ科の植物のみを食べていたと思います。コミスジ含め、ミスジ系のチョウたちは幼虫越冬のものが多いようです。オオミスジとかホシミスジとかイチモンジチョウとか、探してみることはあっても見つかった試しがありません。根気がなさすぎかな…。

>>maedaさん
そちらは相当寒いのでしょうね。越冬している昆虫達はみな見つからないよう工夫していますので見つけるには時間がかかりますし、まず寒さ対策が一番大切な気がします。
天敵対策…う~ん、どうなんでしょう?虫にとって重要な天敵である鳥なんかには無防備になりそうな気がしますが…。やはり本人(本虫?)に聞いてみるしかないでしょうか(笑)。

2007-01-13 土 18:54:21 | URL | spatica #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索