fc2ブログ

ミツガシワとクロサンショウウオ

ミツガシワ
ミツガシワ EOS50D EF70-200mmf4LISUSM
GW編の続き、最終日。この日は引き続きやせがま氏を拉致したまま新潟へ。当初の週間天気予報は見事に外れてくれて、またもや曇り。朝諏訪を出るときには雨だったが、新潟へ入ると雨だけは止んだ。とはいってどんより曇ったままなので、前日と同じく花をメインに撮影することにした。
今回久しぶりにミツガシワの花を撮ることができた。雪国ではそれほど珍しいわけではないが、普段の活動エリアではまず見たことがない花だ。
ミツガシワ
ミツガシワ EOS5D EF17-40mmf4LUSM
群落は残念ながら近づけないところにあって、近くに寄れたのは飛び石的な部分だけ。
しかしながらこの池、背景を見てわかるかもしれないが、コウホネが異常に豊富だ。ほかにもミズオオバコやイヌタヌキモ、サンショウモやマツモといった今激減している植物が多いのもここのよいところ。
ミツガシワ
ミツガシワ EOS5D EF100mmMacroUSM
このもじゃもじゃが毎回気になる。
シュレーゲルアオガエル
シュレーゲルアオガエル EOS50D EF100mmMacroUSM
田んぼの周りにはシュレたんが多かった。
クロサンショウウオ
クロサンショウウオ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
今回やせがま氏が見たがっていたものの一つ、クロサンショウウオ。この土地のブナ林を語る上では外せない、森の住人である。実はサンショウウオの成体というのは基本的に土中生活を送っているため、専門家でもそう簡単にお目にかかれるものではない。だが、そんなサンショウウオの成体にも比較的見やすい季節というのがあって、それが繁殖期に当たる早春から春。普段はまず外に出てこないサンショウウオが、産卵のために水場に集まってくる。
今の季節はちょうど繁殖期の終盤あたりになるため、できれば見たいというのが要望だった。やせがま氏はこのためにわざわざウェーダーまで持ってきていたのだが、私が案内したのはそんなものが必要ないところ。私が長靴も履かずにタモ一本で掬いあげてしまったのを見て、少し驚いたようだった。
ちなみに落ち葉の間に落ちているのはブナの花穂。今年は多めだったようにおもうが、どうだったのだろうか。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

2009.05.10 | Comments(3) | Trackback(0) | 両生類・爬虫類

コメント

クロサンショウウオの写真、体全体にピントが合ってていいね!
思ったより尻尾の先端がまん丸なんだなあ。

一枚目のミツガシワの写真もいいです。

2009-05-16 土 21:23:02 | URL | やせがま #- [ 編集]

>>やせがまさん
いや、実は微妙にピンボケしているところもあったり…。ミツガシワは収穫でしたね。

2009-05-19 火 07:08:48 | URL | spatica #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-07-02 火 14:09:56 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索