春と冬とを行ったり来たり

クロテンフユシャク
3月も終わりに近づき、ようやく晩冬型のフユシャク達が姿を見せ始めた。
灯火に来ていたのはクロテンフユシャクの♂で、ホソウスバはまだ見当たらず。
この辺は毎年見分けがあやふやになってしまい、現場で混乱してしまう。
この後林の中を歩いてみたが、ちょうど撮影できそうな個体には出会えなかった。
クチキマグソコガネ
フユシャクを探して木々を見回っていると、コナラの幹を歩く黒い甲虫の姿が目に入った。
えー…と、ゴミムシ……じゃなくてダマシ?なんて考えが頭をよぎったが、触角を広げる動作でそれがコガネムシであると知れた。
こんな季節に活動している、体型からするとマグソコガネ…で思い出した。
こいつクチキマグソコガネや。
家に帰ってから調べてみるとかつては生態が分からないド珍品だったらしいが、少し前にウロの中で暮らしていることが分かって採集例が増えた、そんな虫であるとのことだった。
ただ、それでもまだそんなに簡単に採れるものはないようだ。
体型もなんだかマグソコガネの典型から外れているような気がするし、変わり種であることには間違いないだろう。
悲しいかな、地味なのが残念ではある。
コブハサミムシ
足元の地面を見ればまだ伴侶を得ていないだろうコブハサミムシの雄たちがみんな揃って天を仰いでいた。
君らはまだ諦めてないんだね、偉いなぁなぞと謎の感慨に耽る。
季節は確実に春に向かっているという感触を確かめられた夜だった。

春の雪
で、翌朝はこんな風景に逆戻り。
この時期は春と冬とが行ったりきたり、である。

2017年3月 長野県諏訪郡

スポンサーサイト

2017.03.26 | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

セツブンソウとクヌギカメムシ

セツブンソウ
毎年恒例のセツブンソウ。
ここはずいぶん有名になってきたらしく、ひっきりなしに人が訪れていた。
普段人がいないところで撮影しているので、特におばさま方のしゃべり声には精神力をゴリゴリと削られてしまい…(悪気はないんだろうけどなんであんなにずっと喋ってられるんだろう)こんなんでは都市近郊の植物園での撮影はたぶんできないんだろうなぁと一人苦笑する。
セツブンソウ
密度が高いところは残念ながら日陰。
セツブンソウとニホンミツバチ
ニホンミツバチが盛んに訪花していた。
これはちょっと意外だったが、あるいは近くで飼われていたりするのかもしれない。
クヌギカメムシ孵化幼虫
公園のクヌギではクヌギカメムシ達の幼虫が孵化し始めていた。
クヌギカメムシ孵化幼虫
まさしくムチムチプリンプリン…

このクヌギカメムシ達は孵化後、芽吹きの時期までは卵を覆っていたゼリー状の物質を食べて育つわけだが、昨年秋にTomoya SUZUKIさんから「クヌギカメムシはこのゼリーを介して共生細菌を取り入れているらしいですよ」ということを聞いてびっくりした。それらしき記事はこちら→
何気にすごいことしてたんだな、クヌギカメムシ。

2017年3月 長野県上伊那郡

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.03.13 | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

地面ほじほじ

ウロコアリの一種
冬場の定番、地面を掘ったり石を起こしたり。
地元では地面が凍り付いていたりするのと、探したいものもあるので最近は少し足を延ばしてほじほじしている。

見かけるとつい撮ってしまうウロコアリの仲間。
これは多分ウロコアリだと思うが、どうにもオオウロコアリというのとの違いが分かりにくい。
流石に標本がないと辛いか…。
アオオサムシ
こちらはおなじみアオオサムシ…ではあるが、カントウアオオサムシというものになるのだろうか。
たぶん見た目からでは判別できないだろうからアオオサムシでお茶を濁しておきたい(笑)。

2017.2/10追記
虫けら屋さんからこの場所ではアオオサムシ基亜種になるとご教示いただきました。
カントウアオオサとアオオサは相模川が境界になるんだとか…。
ありがとうございました。

2017年2月 神奈川県横須賀市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.02.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

冬の土場から

土場
静岡某所の谷筋へ。
ある虫を探しに行ったのだが、残念ながらかすりもせず。
折角ここまで来たので何かいないかと周りをウロウロすると小さな土場が。
なかなか面白そうじゃないかと見ていくことにする。
クロヒラタカメムシ
針葉樹の皮を持ち上げてみると出てきたのはクロヒラタカメムシ。
流石に寒いのかピクリともしない。
クロヒラタカメムシ
なんだかおもしろい質感をした虫でもある。
信州ではお目にかかれないのでこれはこれで嬉しい。
クビグロアカサシガメ
クビグロアカサシガメも出てきた。
良く似たアカシマサシガメと比べると小ぶりで、どこにでもいるが数は少ないといった印象。
アカシマサシガメは湿ったところだと大きな群れになったりするが、クビグロアカではそういう光景は見たことがない。
きっと両種ともにヤスデ食いなんだろうけど、棲み分けや食い分けをしていたりするのだろうか?
アカハネムシの一種幼虫
広葉樹の樹皮下から出てきたのはアカハネムシ一種の幼虫。
奇っ怪なヤツである。
アカハネムシ一種幼虫尾端
上の画像からトリミング。
普段見るのはもっと長い突起が出ているものだが、ここのは短い突起。
ちょっと調べてみるとオニアカハネムシが近そうだが、現物がないので断定は避けておきたい。

うーん、冬の探索は地道に行くしかない。

2017年1月 静岡県富士宮市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.02.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

雪の上で

どうにも遅くなりましたが皆様あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

渓谷
昨日の午後から降り始めた雪は11月以来の本格的な積雪になった。
近場の渓谷へ行って、クモガタガガンボでもいやしないかと適当に道を歩いていく。
雪の上には小さなゴミに交じってクモやら虫やらもちらほらと目につくが、どれも動きは鈍い。
セッケイカワゲラ
そんななか、雪の上をちょこまかと活発に歩き回る黒い影。
久々に見たセッケイカワゲラ。
セッケイカワゲラ
以前は3時間ほどもかけて撮影に行っていたが、まさか20分もかからずに行ける所にいてくれたとは。
新年からちょっと嬉しい出来事であった。

2017年1月 長野県諏訪郡

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.01.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索