FC2ブログ

ナツメとキタテハ

ナツメの実
たくさん実ったナツメの実。
小学校の帰り道に食べたりしたものだが、あまり美味しいものだとは思わなかった。
フーンと思いながら何気なく近づいてみると、なんだか香しい。
キタテハ
香りのもとは、落ちて発酵したナツメの実だった。
よくよく見てみれば、数頭のキタテハが食事の真っ最中。
キタテハ
よほどおいしいのか近づいてもあまり動じない。
これから冬越しをするために、体力をつける必要があるからかもしれない。
オオアオイトトンボ
そんな様子を見つめていたのはオオアオイトトンボ。
冬がくれば、こちらは一生を終えることになる。

2018年10月 長野県

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2018.11.01 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

ふわふわと

アサギマダラ
林間でふわふわと舞うアサギマダラをちょくちょく見かける。
南へ渡っていく最中なのだろうか。
ここで見る個体はどこまで飛んでいくのだろうねぇ。

2018年9月 長野県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2018.09.15 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

初夏の便り

ミズイロオナガシジミ
毎年季節の訪れを知らせる便り。
人によってその対象は違えども、意味するところはさして違わないのではなかろうか。
ミズイロオナガシジミは初夏の訪れを自分に届けてくれる便りの一つ。
今回は南信とあっていつもよりかなり早いが、それもまた一つの味ともいえよう。
また一つ、季節が足早に通り過ぎていく。

2018年6月 長野県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2018.06.16 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

お供たち

テングチョウ
クロフカバシャクを探しに出かけた時のおまけたち。
テングチョウは一番数が多く、林道のそこかしこで姿を見かける。
テングチョウ
気持ちよさそう。
エルタテハ
木漏れ日の林床に降りたエルタテハ。
エルタテハは数が少ないが、他の蝶たちより一回り大きく重厚な雰囲気が漂う。
警戒心も強い個体が多く、そうすんなりとは近づかせてもらえない。
コツバメ
これにはびっくりした、コツバメ!
ちょっと早すぎるんじゃないか…と思ったが、ミヤマセセリも飛んでいたし今年の季節進行はいきなり早めのようである。
ヒメギフあたりも少し早めに出るのかもしれない。

2018年3月 長野県松本市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2018.04.01 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

ヒオドシチョウ

ヒオドシチョウ
この時期の林道の常連、ヒオドシチョウ。
キタテハやルリタテハより一回り大きいので見かけるとなんだか嬉しくなってしまう。
ヒオドシチョウ
後翅外縁の青い色がなんともゴージャスぅ。
ヒオドシチョウ
まだ林の中は枯れ模様一色だが、ここからあっという間に緑になっていくに違いない。
楽しみ。

2018年3月 山梨県
EOS7DMarkII,EF100mmマクロF2.8L IS USM,EF8-15mmF4LFISHEYE+KENKOTELECON

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2018.03.14 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索