ヒメヒカゲ

ヒメヒカゲ♂
高ボッチのヒメヒカゲは出始め。
まだ♀の姿は見られず、♂ばかり。
ヒメヒカゲ♂
背の低い草むらを跳ねるように飛び、時々思い出したようにとまる。
ヒメヒカゲ♂
獣糞にもひきよせられる。
ヒメヒカゲ♂
肉眼で見ると青紫を帯びているように見える翅表、写真に撮るとあまりそうは写らない。謎。

2017年7月 長野県

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.07.16 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

ジョウザンミドリシジミとアカボシゴマダラ

ジョウザンミドリシジミ
7/8はカオヤイさんが一時帰国されているということでご一緒した。
朝はいつものジョウザンポイントへ。
今年の季節進行のズレはここまで来ても解消されておらず、例年ならボロのみの日付のはずだが、新鮮な個体も交じっていた。
ジョウザンミドリシジミ
うまく中央に収まってくれなかったのでトリミング。

撮影中、すぐ目の前を見慣れないチョウがスーッと滑降していくのが見えた。
色は薄茶色、一見アサギマダラのようだがちょっと違う…。
ひとしきり考えた後、あ!と気づいたのでそっと近づいて確保。
アカボシゴマダラ
アカボシゴマダラだった。
山梨まで来ているという話は聞いたことがあった(私信)が、ここまで来ているとは!
今シーズンの冬にどうなっているか、確認の必要があるかもしれない。

2017年7月8日 長野県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.07.12 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

ギンイチモンジセセリ

ギンイチモンジセセリ
ススキの草むらでは沢山のギンイチモンジセセリが飛んでいた。
前から夏型を見かけないのが疑問だったが、年一化だろうと考えたらすっきりした。
そう、きっとここいらのギンイチモンジセセリは年に一度初夏に発生するセセリなのだ。

2017年6月 長野県岡谷市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.06.15 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

ウスバシロチョウの幼虫

ムラサキケマン
里地の片隅にある草むら。
一見まだ一面の枯草のように見えるが、よくよくみれば地面に芽吹き始めたムラサキケマンが点々と見つかる。
毎年ここに黒とオレンジの芋虫を探していたのだが毎回空振りが続いていた。
ウスバシロチョウ幼虫
今年はめぐりあわせが良かったのか、ウスバシロチョウ幼虫のせかせかと忙しく動く姿を見つけることができた。
今シーズンは季節の進みが遅いしまだ孵化していないのかと思っていたが、個体差はあるもののどう見ても結構育っている個体もちらほらと見受けられ、想像以上に早く孵化するらしい。
ここ数日だって何度も雪が降っているというのになんとも逞しいもんだ。
ウスバシロチョウ幼虫
ウスバシロチョウ自体はどこにでもいる感じだし、食草のムラサキケマンもまた然り…なのだが、今回見た限りだと決まったところにまとまっている感じなので、広く探さないと見つからないのかも。
とりあえず一回目はクリア、ということで再現性が出せるようにもう一回ぐらいは探しに行きたいところではある。

2017年4月 長野県岡谷市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.04.03 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

キタテハ

キタテハ
越冬を終え、陽だまりで日光浴するキタテハ。
一番厳しい季節を生き抜いてほっとしているのだろう。
もうすぐ、ぎゅっと詰まった春がやってくる。

2017年3月 長野県上田市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.03.30 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索