fc2ブログ

続・Catocalaとか

今回も土日にかけての山梨プチ遠征の続き。
午前中を過ごした雑木林を後にした一行は山タテハとヒメオオクワガタを求めて山の上へ。
アサギマダラ
アサギマダラ EOS5D EF17-40mmf4LUSM ストロボ
ところが山へ登ると天候が怪しくなってきて、山タテハとヒメオオクワガタは見つからない。
せめてクジャクチョウぐらいは…と粘るが、少し日が差したところで飛んでくれたのはアサギマダラだけでちょっと寂しい…。
ちなみにヒメオオは潰れた死体が二つ見つかっただけでした(泣)。
アサギマダラ
アサギマダラ EOS5D EF17-40mmf4LUSM ストロボ
悪ノリでギマちゃんの飛翔をもうひとつ。
相変わらず被写体が画面の中心に来ない…。
ベニシタバ
ベニシタバ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
この日の一行の最大の目的はムラサキシタバ。
時間になったところで拠点の某ペンションへ引き上げ、ライトにやってくるのを待つ。
最初にやってきたCatocalaはベニシタバ。
オニベニシタバは先日撮ったけれど、ベニシタバは撮っていなかったのでありがたく撮影。
シロシタバ
シロシタバ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
続いてやってきたシロシタバ。
明るいライトの下で見てもやはりでかい。
ガガンボモドキの一種
ガガンボモドキの一種 EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
いやがおうにも期待は高まるが、残念ながらここで打ち止めだったらしい。
結局ムラサキシタバにはご降臨いただけなかったようだ。
ようだ、というのは私がココで体調を崩して戦線離脱してしまったため、最後まで見られなかったのが原因。
ここしばらく体調が芳しくなかったが、まさか動けなくなってしまうとは…。
幸い?場所がペンションだったということもあり、急きょ泊めていただくことにした。
同行していただいた皆様方には随分とご迷惑とご心配をかけてしまい申し訳ありませんでした。
最後に挨拶くらいはちゃんとしておきたかったのですが…。
皆様方にはこの場を借りてお礼もうしあげます。

翌朝…なんとか体調が回復したのをいいことに、性懲りもなく出かけることにした。
同じく宿泊されたもりうえさんと別れ、ひとりでウロウロ。
キベリタテハ
キベリタテハ EOS5D EF300mmf4LISUSM ストロボ
ヒメオオには振られたものの(何回目だろう?)、なんとかキベリタテハだけは見ることができた。
この個体はヤナギについたアブラムシの甘露を舐めるのに夢中になっていた。
キベリタテハ
キベリタテハ EOS5D EF180mmMacroUSM
もう一頭見かけたが、両方ともスレていた。
背景とかいろいろ難点はあるけれど、贅沢は言っていられない。
キベリタテハを見られるだけでも結構贅沢だしね。

一頭目のキベリを撮影した後、サプライズが一つ。
花に絡むアカタテハらしきチョウを見つけた。
ん~…普通種だけど写真はあまりないから撮っておくか…と近づく。
ベニシタバ
ベニシタバ EOS5D EF180mmMacroUSM ストロボ
えっと…べ…ベニシタバだよね…これ…。

条件によっては昼でもオニベニが飛ぶということを先日maedaさんに指摘されたばかりだったが、まさか自分がこのようなシーンに遭遇するとは思ってもいなかった。
ひとしきり吸蜜し、飛び去るベニシタバの後ろ姿を呆然と見おくる。
なんだか狐にでもつままれている様な気分だった。

>>チーム神奈川の皆さん&もりうえさん
お疲れ様でした&ありがとうございました。
また機会があったらご一緒しましょう!!

2008.09.15 | Comments(2) | Trackback(0) | プチ遠征

霧ヶ峰と北杜市をウロウロ

ミズチドリ
ミズチドリ? EOS5D EF17-40mmf4LUSM
Sくん案内二日目、午前中は霧ヶ峰へと行った。
自宅から割と近いのだが、人が多いので普段はあまり寄りつかない。
ここではアサマシジミでも見てもらおうと思っていたのだが、結果的にはアサマシジミは見つからなかった。
時期が悪かったのか、あるいは普段の行いが悪いのかわからないが、例年であれば時期はジャストのはず。
今年はちょっとズレ気味なんだろうか。
コヒョウモンモドキ
コヒョウモンモドキ EOS5D EF100mmMacroUSM
アサマシジミは見つからなかったけれど、Sくん的には普段見られないものが多かったようで楽しんでいただけたみたいだ。
例年よりチョウの数は少ない気がしたが、それでもヒョウモン類はちょこちょこと姿を見せた。
自分も久しぶりにコヒョウモンモドキにレンズを向けてみた。
ウラジャノメ
ウラジャノメ EOS5D EF100mmMacroUSM
シシウドで吸蜜するウラジャノメ。
ウラジャノメはてっきり花には来ないと思っていたのだが、単なる思い込みだったのかもしれない。
時期もそろそろ終わりなのか、ずいぶんと擦れていた。
イブキスズメ幼虫
イブキスズメ幼虫 EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
遊歩道脇のカワラマツバにいたイブキスズメ幼虫。
この日の虫の中でSくんのツボに最もハマったらしく、盛んに素晴らしいと連呼しながら撮影していた。
写真に撮るにはヤナギランの花穂にいてくれる方が絵になるのだが、まあそんなことを言わなくても十分にインパクトは強い。
イブキスズメの幼虫は決して珍しいものではないが、その割に成虫にはなぜかお目にかかれないのが不思議。
私は未だに成虫を見たことがなく、図鑑を見て溜息をつくのが精いっぱいである。
イブキスズメ幼虫
イブキスズメ幼虫 EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
頭部は独特の質感で特徴的。
見ているとなぜかバイオハザード2のリッカーを連想してしまう。
台場クヌギ的な林
台場クヌギ的な林 EOS5D EF17-40mmf4LUSM
午後は霧ヶ峰から移動し、北杜市の台場クヌギ的な林へ。
クヌギの樹液に来ているオオムラサキを見たいというのが彼の要望であったが、最近はこの辺の新規開拓をしていないので、既知産地を見回ったのみ。
昔から通っている場所はどこも個体数が大幅に減っていて、この日も二ケタに届くかどうかという個体数しか見られなかった。
まだ個体数の多い産地はどこかにありそうなので、いずれ時間をかけて歩く必要がありそうだ。
オオムラサキ
オオムラサキ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
写真を撮れたオオムラサキはボロボロの個体だった。
ここまでボロになっていると、これはこれで悪くないかもしれない。
懸命に生きているのだから、こちらはそれを正直に撮ってやるだけでいいと思ふ。
樹液に集まる虫
樹液に集まる虫たち EOS5D EF17-40mmf4LUSM ストロボ
S君を見送った後、夕暮の樹液を再び訪ねてみた。
オオスズメバチはすでにおらず、かわりにいたのはカブトムシ。
やがてオオムラサキもやってきて、昼と夜の狭間の時間を楽しむことができた。

2008.07.25 | Comments(1) | Trackback(0) | プチ遠征

キベリヘリカメムシとその他諸々

キベリヘリカメムシ
キベリヘリカメムシ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
先週末の3連休は静岡から友人S君が遊びにやってきた。
彼とはお互い昆虫の写真を撮るということで学生時代からの付き合いである。
自分なんぞよりはるかに上手い写真を撮る人なのだが、ブログもやってないみたいだし、その写真がメディアに出ることはほとんどないようだ。
まことに勿体ない。

さて、今回は自分がナビゲーターということで、日曜日に一緒に北信へと行く。
最初に訪れた草原で見慣れぬカメムシをたくさん見つけた。そういえば以前訪れた際にも見かけ、やっぱり気になって連れて帰ったような記憶がある。最近は情報に疎くなっていた私だが、S君曰く、このカメムシは北海道や東北以外ではなかなか見られないものらしい。二人でしこたま写真を撮って、ホクホクしていた。
キベリヘリカメムシ
キベリヘリカメムシ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
アカツメクサから吸汁する。
ここでは主にアカツメクサとクララをホストとしているようだった。
しかしながら、漆黒のボディに黄色のラインが鮮やかに入ったなんともおしゃれなカメムシだ。
ただし臭いはお世辞にも褒められたものではなく、なんというか、汗が腐ったような、不快感のある臭いを出す。キンカメ系はかんきつ系の爽やかな香りだし、他のカメムシの匂いも嫌いではないが、これにはちょっと閉口した。
ミヤマアカネ未成熟
ミヤマアカネ未成熟 EOS5D EF100mmMacroUSM
ミヤマアカネの未成熟個体。近くの田圃で羽化したものだろうか。
クロシジミ
クロシジミ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
目の前のオカトラノオにひらりと舞い降りたクロシジミ。
既に時期も終わりでボロボロだが、吸蜜しているところは初めて撮影できたので満足。
イトトンボの一種
イトトンボの一種 EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
ついでに近くを回ってみることにした。目についたのは、別荘地の中にある湿地。
さほど大きくないが、周囲をハンノキ林に囲まれ、水面が見えないほどミツガシワが繁茂している良い湿地だった。ヨツボシトンボを追いかけてS君が湿地に分け入っている間、こちらは周囲を歩き(長靴を忘れたから)、美しいイトトンボを発見。どうやら湿地の中にもいるようだ。
現場ではよく種類が分からず、家に帰って絵合わせ同定。
頭頂部と腹部付け根の斑紋からオゼイトトンボかも…?と推定するが、そんな貴重なイトトンボに自分が出会えるとも思えない。
詳しい方、ヘルプぷりーず。
ミドリシジミ
ミドリシジミ EOS5D EF17-40mmf4LUSM ストロボ トリミング
この日の最後を飾ってくれたのはミドリシジミ。
珍しく舗装路の上で卍巴をやってくれたので飛翔に挑戦したが、どうも思ったように写っていなかった。まだまだ修行が足りない。

一日中動いたので少し疲れたが、充実した一日だった。

2008.07.24 | Comments(0) | Trackback(0) | プチ遠征

北信のブナ林・初夏

ブナ林
ブナ林 EOS5D EF17-40mmf4USM
土曜は久しぶりに晴れた。かねてから一度はチャレンジしてみようかと思っていたフジミドリにチャレンジするべく北信のブナ林へ行ってみた。が、結果は残念ながらスカ。
ま、次があったら頑張ってみましょ。
ジョウザンかな?ミドリシジミ
ジョウザンかな?ミドリシジミ EOS5D EF17-40mmf4LUSM ストロボ 激しくトリミング
ポイントへ向かう途中ではすでにゼフィルスが舞い始めていた。結構低い場所だったし、すでにフジミドリには(時刻的に)遅かろう、ということで何枚か撮影してみる。
撮影したときにはひょっとしたらアイノなのかな?と期待していたが、写真を見る限りではなんだかジョウザンぽい気がする。
ジョウザンミドリかな?シジミ
ジョウザンかな?ミドリシジミ EOS5D EF300mmf4L IS USM+kenko1.4xtelecon
こっちもジョウザンぽいけどいかがなもんでしょ。
エゾハルゼミ
エゾハルゼミ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
ゼフィルスがひと段落したところで森の中へ。
平地ではすでにニイニイゼミのシーズンだが山の上ではまだエゾハルゼミの声が響いている。
ギンリョウソウ
ギンリョウソウ EOS5D EF17-40mmf4USM
林庄にはギンリョウソウが多く、いたるところで白い姿を見せていた。
マガタマハンミョウ
マガタマハンミョウ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
足もとからたくさん飛びだすヒシバッタやクモに混じって、時折マガタマハンミョウが走る。
後翅が退化してるので飛べないハンミョウだ。
また、それに伴ってなで肩になるのは甲虫類にときどきあるパターン。
ブナ林でしか見たことがないので豪雪地帯の虫のイメージがあるが、実際はどうなんだろう。
アリスアブの一種
アリスアブの一種 EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
ケアリの行列があれば、その脇には列を見つめる視線もある。
産卵でもしないかとしばらく見ていたが、その気はないのかそれらしい行動は全く見せず。
アカアシクワガタ
アカアシクワガタ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
ところどころにあるブナの立ち枯れにはアカアシクワガタ。
メスを待っているというよりは、発生直後のものだと考えた方がしっくりきそう。
オオキノコムシ
ジョウザンかな?ミドリシジミ EOS5D EF300mmf4L IS USM+kenko1.4xtelecon ストロボ
一本の立ち枯れを見上げた時のこと。
サルノコシカケの裏側にくっつく大きな黒い影に気づく。
おぁぁぁ~!
オオキノコムシだ!
かつて外灯に飛んできたものを拾ったことがあるが、キノコにくっついている姿を見たのは初めて。
望遠で覗いてみるとどうやらお食事中のご様子。
なるほど、茶色い部分は齧った跡ってことか。
そんじょそこらのキノコムシとは比較にならない巨大さでありながら、その一生をサルノコシカケに依存するこの虫、その生息には安定したサルノコシカケの供給が必要だろうから、豊かな森の象徴とも言っていいかもしれない。
ちなみにこのあと枝で突っついて落とし、ちいとばかり香ってみた。
おおお!ほんとに落花生の香りがする!
ヤマナメクジ
ヤマナメクジ EOS5D EF17-40mmf4USM
生木と言わず倒木と言わず、湿った部分には大きなヤマナメクジがいくつもついていた。
コブヤハズカミキリ
コブイヤハズカミキリ EOS5D EF17-40mmf4USM ストロボ
コブコブの姿も。
前翅の傷み具合から前年の個体であるのは間違いなさそうだ。
彼らもそろそろ世代交代の時期かな?

予定もあって少し早目の帰途についたが、久しぶりに充実した感じだったなぁと思った一日だった。
コカブトムシ
コカブトムシ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
こちらはおまけ。
帰り道で気になったヤナギの樹皮下から出てきたコカブトムシ。
3匹も出てきたが、この木には樹液が出ている場所がなかった。
近くに発生源があったのかもしれない。

2008.07.07 | Comments(2) | Trackback(0) | プチ遠征

mission failed…

秋晴れブナ林
秋晴れブナ林 Ricoh CaplioR6
昨日はヒメオオクワガタを狙って群馬までプチ遠征。
時期良し 場所良し 天気良しと三拍子揃った好条件だったのに、なんと結果はボーーーーズッ!!

さくっと任務失敗でありました…。

ま、こんなときもあるよね…。

ヨツボシモンシデムシ
ヨツボシモンシデムシ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
というわけで何故か撮ってきた写真はモンシデムシばかり。いずれも道路上のヒキガエル礫死体にやってきていた。こちらはヨツボシモンシデムシですな。モンシデ中一番の普通種ではあるが、死体がないところでは滅多にお目にかかれない。
ヒロオビモンシデムシ
ヒロオビモンシデムシ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
こっちはヒロオビモンシデムシ。やはり普通種のようだが、自分は初めて見た。もう一種、小ぶりのモンシデムシ(ヒメモンシデか?)もいたのだが、残念ながら途中でロストしてしまった。モンシデムシ類はなかなか撮影できる機会がないのでもったいないことをしたのかもしれない。
ヒロオビモンシデムシ
ヒロオビモンシデムシ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
半分腐ったカエル礫死体をひっくり返すとワタワタと逃げ出すモンシデくんたち。必死に飛んで逃げようとするのだが気温が低いせいか上手く飛び上がれないようだ。飛翔が上手いモンシデとしては珍しい。
試しに飛ぼうとする瞬間を狙ってみたのだが、改めてみると随分とおかしなカッコで飛ぶみたいだ。普通の甲虫なら斜め上に上げるはずの鞘羽を"これでもかっ"とばかりに開き…過ぎだって(笑)。あんたらの翅は垂直尾翼かい?
以前から変な翅の開き方をするなと感じていたのだが、ここまで開いているとはね…。それでも飛翔中はキイロスズメバチかなにかに見えてしまうから面白い。

2007.09.18 | Comments(9) | Trackback(0) | プチ遠征

«  | HOME |  »

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索