トワダカワゲラの一種

トワダカワゲラの一種
先日ガを求めて訪れた外灯。
目的のムラサキシタバはいなかったが、その脇で見つけた見慣れぬ影。
むむむ…と近づいてみればトワダカワゲラだった。
現地では幼虫?成虫?と悩んだけれど、調べてみたらやっぱり成虫で良かったようだ。
以前アップした幼虫とは胸部の形状がだいぶ異なっている。
ただしテネラルだったのか色がずいぶん薄く、そこが違和感の元だったのかもしれない。
相変わらずきちんと同定していないけれど、分布的にはミネトワダカワゲラScopura montanaで良いはず。
トワダカワゲラの一種
トワダカワゲラの仲間は成虫になっても翅を持たない特異なカワゲラの類。
翅がないおかげで虫嫌いな人がさらに叫び声をあげそうなデザインになっている。
とりあえず顔をアップにしてみたけれど…カワゲラ顔だねとしか言いようがない(笑)。
次はちゃんと色の付いた成虫を探してみようっと。

トワダカワゲラの一種 Scopura sp.
2010年10月10日 長野県茅野市 EOS50D EF100mmF2.8MacroLISUSM ストロボ(SP580EX)

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2010.10.19 | Comments(0) | Trackback(0) | 川虫

トワダカワゲラの一種・幼虫

沢沿い
沢 GR-DigtalII
この土日はいつも通りいくつかの場所を梯子。
いつも通りと言っても、春から梅雨に入るあたりの時期というのはいつも身の振り方に困る。虫は一杯出ているのだけど、どうも一つに集中しようという気になれなくて、なんとなくやるせない気分のまま一日を無為に過ごしたことも一度や二度ではない。今年は幸いいくつかの情報を教えていただいたのと、キマルリなんかの昨年以前からの宿題をなんとかしようと思っているので、あまり退屈しないで済むかもしれない。

いつもいく渓谷の林道わきにある小さな流れ。なんとなくムカシトンボでも飛んでいそうな雰囲気だがどうだろう、と思って足を止めた。ムカシトンボはかつて裏高尾で一度見たのみだから、まだまだ自分の中では未知の昆虫だ。標本を見たことがあるから間違いなく諏訪にもいるはずだけど、いまいち時期が絞り込めなくて出会えていない。もちろんこのときも見つからなかったわけで…さてはて、待望のXデーはいつ来るのやら…。
トワダカワゲラの一種・幼虫
トワダカワゲラの一種・幼虫 EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
それでも運が良ければヤゴは見つかるかな?と、いくつか石をひっくりかえすとトワダカワゲラの幼虫が出てきた。大学卒業後、しばらくバイトしていたアセス会社で小耳に挟んだところによれば、ムカシトンボのヤゴとトワダカワゲラは一緒に採れることが多いらしい。…ってことは、今回は当たらずとも遠からずというところかなぁ。
実を言うと、いわゆる川虫の類はとことん苦手。嫌いなわけではないけれど、どうにも食指が動かなくていままでノータッチで来てしまっている。そんな中でこのトワダカワゲラというやつは、形も特徴的だし覚えやすい。確かこの辺のはミネトワダという種類だったかな…と家で資料を探してみたが、残念ながら見つからず。きちんと同定したわけではないし、今のところ我が家に詳しい資料はないから調べようもないのでsp.扱いにしておこう。あとは、忘れずに秋にもう一度来てみないと。
翅のないトワダカワゲラの成虫、やっぱり一度は見てみたい。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.06.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 川虫

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索