FC2ブログ

私的UMA ハリサシガメ

夜の神社
生き物好きなら誰しも私的UMAといえそうな生き物…いるよいるよと話を聞くのに出会えないものもいれば、本当にどこにいるのだかよく分からない輩まで…といったものがいるのではないだろうか。
この夏にそんなものの一つと出会うことができた。
場所はとある神社の境内、その石段に夜になるとそいつは姿を現した。
ハリサシガメ幼虫
最初に目に入ったのはコレ。
正直なにやらアリの死骸が固まっているだけとも思えるが…
ハリサシガメ幼虫
正体はハリサシガメAcanthaspis cincticrusの幼虫。
体には土塊をまぶし、背中には自ら捕食したと思われるアリの死骸などを載せている。
ハリサシガメ幼虫
自ら捕食した獲物の亡骸を載せる以上、当然ながらその姿は一匹一匹違ってくる。
ハリサシガメ成虫
成虫の姿は漆黒の体に黄土色の線が入り、スマートでかっこいい。
日本原色カメムシ図鑑やアリの巣の生きもの図鑑などを見てみたが、珍しいもしくは稀で荒原や墓地の地表に棲み、アリ類を捕食する…ぐらいしか情報が出てこない。
これは情報が少ないというよりも、そもそも多くない種であるがために観察をしている人間の絶対数が少ないというのが実情だろう。
ハリサシガメ交尾
交尾するハリサシガメ。
上に挙げた画像のものと比べれば翅が短い短翅型の個体であるということが分かる。
私がこれまで本種を見つけられなかったのは、一つには探す場所を荒地に限定してしまっていたこと。
今回のような石垣に生息していることもあるのだということを、後日ネットで検索して初めて知った。
もう一点は、ほぼ完全な夜行性だと思われるということ。
昼間に同じところに行ってみたが殆どの個体は石垣の隙間に身をひそめ、わずかに表に出ている幼虫も石の隅に張り付くようにして止まっていた。
これでは昼間には見つからないわけだ。
もちろん石垣であればどこにでもいるというわけではないらしく、近辺の似た環境を片っ端から調べてみたがハリサシガメを確認できたのはこの一か所、わずか十数mの範囲のみであった。
やはり気難しい虫であるということには間違いがないようだ。
ハリサシガメ捕食
ハリサシガメ捕食ハリサシガメ

少し飼育をしてみたが、やはりアリ類には素早く反応し捕食した。
サシガメ類というのは何でも食うジェネラリストもいる一方で、これしか食わないという極端な偏食家が少なくない。
まだハリサシガメに他の昆虫を食わせてみたことはないが、何となくあまり好かないのではないか、そんな気がしてならない。

今回最初に見つけたのは幼虫であった。
我ながら良く見つけたものだと思うが、それには以前に似た経験をしたことがあったのが大きい。
というのも、以前のベトナムで同じようなサシガメを見つけていたからだ。
これも恐らく日本のハリサシガメと同じAcanthaspis属らしい。
幼虫の隠ぺいレベルは同じようなものだったが、日本のものの方がはるかに見つけにくかった。
ベトナムのハリサシガメ幼虫は、こちらの動きに反応して素早く木の幹を動き回ってくれたのですぐわかったが、日本のハリサシガメはほとんど動かず隠ぺいの効果が完璧だった。
何かにつけ、熱帯の虫は凄いなぁと思うことが多いのだが…案外日本の虫も頑張っているじゃないか。
どうでもいいことかもしれないが、ちょっと嬉しかった。

2018年9月 山梨県

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2018.10.04 | Comments(0) | Trackback(0) | カメムシ

ヤスデハンター

諸事情により、しばらく地元を離れていたりする。
ところ変われば虫変わる…てなもんで、普段見られないものを見られるのは良いのだが、さすがに昼間に写真なんか撮っていられない。
それでもようや昼間に見かけたものを確保して宿で撮影ができそうな雰囲気(自分の中でね)ができてきたので、少し撮影してみた。
ビロウドサシガメ
ヤスデを捕食するビロウドサシガメ。
実は見てみたかったことの一つである。そもそもビロウドサシガメ自体が諏訪では見られない虫なので、こうしてときどき出会うと“ああ、ここは暖かい国なのだ…”と感慨深く感じる虫の一つである。
ビロウドサシガメ
普段はのんびりさんのビロウドサシガメも、この捕食の際には狩人の動きへと変貌する。
サシガメの仲間は偏食家がかなり多いのだが、ビロウドサシガメ亜科の一部…例えば本種やアカシマサシガメなどはヤスデを好んで捕食するというなんともマニアックなニッチを占めている。競合者が少ないという意味では十二分に成功していると言えるだろう。
んー、それにしてもこの造形、カッコイイなー。

2018年6月 東京都産

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2018.06.23 | Comments(0) | Trackback(0) | カメムシ

ネズの妖精

ネズのある風景
ちょいと時間が経ってしまったが、2週間ほど前の事。
昨年あたりからだったか、とある知人からキオビツノカメムシが採れるかもしれない、というお話を聞いていた。

キオビツノカメムシは2013年に再発見されるまで約50年に渡りその記録がなかった珍カメムシで(山本ら,2014)※1、数年前に写真がないかという問い合わせが来ていたが、さすがに持っていない…という返答をせざるを得なかった種である。
んーむ、一度は見てみたい。
丁度直前にツイッター上でキオビツノカメの画像も出回ったし、タイミングもよさそうだということでチャレンジさせていただくことにした。
ネズ
さて、キオビツノカメを探す際に目印となるのが寄主であるネズの木だ。
正直メジャーな樹種ではないし、針葉樹ということで虫屋には縁がなさそうだが、カミキリ屋さんにとってはアティミアことケブカマルクビカミキリの寄主としてそれなりに知名度がありそうだ。
かくいう自分もネズはケブカマルクビの付く木としてインプットされていた(見たことがあるとは言っていない)。
そして目立たないが一度探し出すと方々で目につくようになる不思議。
ちなみに新葉はまだしも成熟した葉はかなり固く鋭い。
つまり痛い。
舐めてると結構泣かされる。

ついでに木曽五木のネズコはクロベのことで、ネズのことではないらしい。なーんだ。
ネズの実
ネズは雌雄異株である。
そしてキオビツノが付くのは雌株で実の付いたものだけらしい(なんて贅沢な)。
実はこんな感じ…だが、成熟度合いで結構見た目が変わる。
ネズの雄花
この時期の雄株には雄花が付いているので見分けやすい。
茶色くてちっちゃいのが雄花である。
いかにも風媒花の針葉樹らしい花だ。
ネズの未熟果?
実の付いた雌株を探して気を回っているうちに気が付くのは、それぞれの木が雄花の付いている雄株と実の付いている雌株、そしてどちらも見当たらない性別不明の3つに分けられることだ。
なんでだろう?と疑問に思っていたのだが、どうやら実が成熟するには数年がかかりそうだ。
良く見ればこんな未熟果らしきものがついている木もある。
ふむ、実をつけるのにも周期があるのかと腑に落ちる。

で、最初は意気揚々とルッキングで探していたのだが、何しろ相手が相手だからさっぱり見つからない。
開き直って長竿を取り出し、雌株と見ればとにかくスイープしてみる。
痩せ尾根を辿りながらアカマツに交じって点々と生えているネズをとにかく虱潰しに掬う、掬う、掬う…→エンドレス
不毛な作業を続けながら「ああ、一人でこれやってたらもう帰ってるわ…」なんてことが頭をよぎる。
…と、何本目か考えるのが嫌になってきたあたりの木で見覚えのある影。
入った
ふおおーはいってるーーー。
すでに頭がおバカになっているのでそんな感想しか出てこない。
ともかく、幻のカメムシは実在した。
ネズ
入ったネズ。
そこそこ大きい木で、かなり上の枝から二個体が採集できた。
キオビツノカメムシ
帰ってからのスタジオ撮影。
キオビ様は国内のどのツノカメとも雰囲気が違う。
それもそのはず、本種が属するCyphostethus属は旧北区から4種のみが知られる小さなグループだそうな。
ヨーロッパの種類はビャクシン類に付くんだとか。

しかしなんで50年も見つからなかったの、キミ。
しかもネズなんてアティミア狙いの人たちが散々スイープしてるのに、これまで見つからなかった理由が説明できない。
謎。
キオビツノカメムシ卵
成虫が見つかる前に見つけた謎の卵塊。
どうもキオビツノっぽいし、持ち帰ったら確かにカメムシが孵化してきたのだが、2齢幼虫が未熟果に食いつかない…。
なんか条件があるのだろうか…。

何はともあれ、無事UMA退治ができました。
情報をいただいたKさん、ありがとうございました。

2018年5月 長野県某所

※1:山本亜生・林正美・遠藤正浩,キオビツノカメムシの再発見 Rediscovery of little known bug, Cyphostethus japonicus HASEGAWA, 1959 (Heteroptera: Acanthosomatidae),Rostria (56), 47-50, 2014-01-31,日本半翅類学会

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2018.05.24 | Comments(0) | Trackback(0) | カメムシ

幸せの棘兎

トゲサシガメ
先日ある虫を探して山梨まで出かけた時のこと。
思うように目的のものが見つからず、どうせ足を延ばしたのだからと通いなれているところでガサガサすることにした。
ススキ野原の中にあった枯れ木をどかしたところ…久しぶりにのうれしい出会い。
うおお、トゲサシガメや…!しかも複数…。
ここ数年冬になるたびに探していたのだが、思うように見つかっていなかった虫だ。
それが通いなれたはずの場所からポンと出てきたのだから、まるで狐につままれているかのような気分であった。
トゲサシガメ
この全身のトゲトゲ具合。
この虫に興奮しているところを友人に見られ「お前はトゲフェチなんだな」と言われたのを思い出す。
もちろん、トゲのある虫というのは大好きだ。分かりやすく格好いい。
トゲサシガメ
個体によって色が若干違うのか、こんなエグい色の個体も。
そしてこれだけ尖った見た目をしていながら、大抵の地域ではド普通種のはずである。
なんて素晴らしいのだろう。
ただ、この虫の話をしても虫好きですら反応してくれる人が意外と少ないのが悲しいところ。
ごくごく普通のススキ野原の地表面という目立たない環境に棲む故か、はたまたパッと見では特徴が分からないからか…。

とりあえず「トゲサシガメは いいぞ」とここで布教しておきたい。
トゲサシガメ
しかしそのスパルタンなイメージの割に正面顔は意外と可愛かった。
なんというか、ウサギっぽい。
その姿を見つけただけでこの日はハッピーになったのだから、こいつはそう…幸せのウサギなのだ。
たぶん。

2017年12月 山梨県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.12.19 | Comments(0) | Trackback(0) | カメムシ

ヒメトゲヘリカメムシ

ヒメトゲヘリカメムシ
ヒメトゲヘリカメムシは草原性の小型のカメムシ。
私の個人的なイメージでは希少種なんかが残っている環境の良い草むらに必ずいるような気がする。
だから、こいつの姿を見かけると「ここにはなんかいいものがいるかも」なんてつい期待しまうのだ(実際は空ぶることも多いが)。

植物体上に出てくることが殆どないのであまり目につかない種類であるが、生息地で撮影していると地面に置いたカメラバッグや三脚に群がってくる奇妙な習性がある。
汗の塩分が欲しいのだろうか?
他のカメムシにはあまり見られない行動だけになにか意味があるのではと訝しんでいる。

2017年10月中旬 長野県中部

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.10.24 | Comments(0) | Trackback(0) | カメムシ

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索