FC2ブログ

たまごけのあるふうけい

タマゴケ
いつもの林道の脇。
ふと気づけば小さな緑が首をもたげていた。
タマゴケ
タマゴケBartramia pomiformisで良いのだろうか?
一斉に伸びた朔がぐいぐいとこちらに自己主張をしていた。
(クリックするといつもよりちょっと大きい画像が見られます)

(´・ω・`)カワユス

2019年4月 長野県諏訪郡

スポンサーサイト

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

2019.04.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

ヘクソカズラ

ヘクソカズラの実
ヘクソカズラの実が目立つ時期になってきた。
ヒメアトスカシバの食草でもあるので、これからの時期はこの実を目印にして虫エイを探すことになる。
つやつやとした実はなんだか固そうだし、あの臭いがあるかもと考えるとあまり美味しくはなさそうだが好んで食べる生きものはいるのだろうか?

2018年11月 長野県

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

2018.11.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

ミズバショウ

ミズバショウ
ちょっと探したいものがあったので北信へ。
別荘地の中にあるミズバショウが見ごろだった。
中信にあるのは自生かどうか疑わしいと思ってしまうが、こちらなら不安はないだろう。
探し物はさっぱりだったので、また頃合いを見て再訪せねばなるまい。

2018年4月 長野県

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

2018.04.24 | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

春蘭

雑木林の芽吹き
雑木林が動き始めた。
今年は天候がなんだかよくわからない動きを見せているが、やはりこの季節のフィールドは爽やかで歩くのがとても楽しい。
シュンラン
気づけば足元にはたくさんのシュンランの花が咲いていた。
かつて憧れ、地元で散々探しながら見つからなかった花だが、車で小一時間も走ればそこら中に咲いている。
んむぅそんなものか…とちょっと納得しがたい思いも無きにしも非ず。
大きく気品があり、非常に美しい花だと思うが実物は誠に目立たない。
以前読んだ本には集めて食すとおいしいと書いてあったが、さてあれの調理法はお浸しだったか。
どちらにせよ、このご時世では大変に贅沢な味になるに違いない。
ミヤマセセリ
腹ばいになってシュンランを撮っていると、すぐ脇をミヤマセセリがいくつも通り過ぎていく。
地表すれすれを跳ねるように飛んでいくこの蝶にこそセセリチョウの英名skipperはふさわしかろう。
林床に降り、少々傾きかけた日差しを受けるその姿はあっという間に落ち葉に紛れて消えてしまう。

今年の春はことさらに足が速そうだ。
こういう年の春は、これでもかと圧縮されてしまうのだから。

2018年4月 山梨県北杜市

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

2018.04.18 | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

春先の悩み

オウレン
今年もオウレンの花が咲いた。
毎年花が咲くと見に来てしまうのは、他に咲いている花がセツブンソウやフクジュソウしかないような季節に咲くからだ。
人の少ないところで咲いてくれるのも、ゆっくりと見るのに都合がいい。
そして毎年オウレンかセリバオウレンかで迷うのだが…うーんやっぱりオウレンかなぁと思う。
昨年の画像を合わせてみても、葉は一回三出複葉に見える(この写真だとわかりにくいが)。
こういうのはやっぱり両者の実物若しくは標本を見るのが一番いいんだけどなぁ。
虫も細かいところで見分けなければならないことが多いけど、植物は種や変種の境目が曖昧なことが多かったり個体変異の範囲も広かったりするのでまた違う悩みがある。

ま、それも楽しいんだけどね。

2018年3月 長野県諏訪郡

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

2018.03.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索