リョウブ咲く

リョウブ
夏の終わりの林道を彩るリョウブの花。
季節の移ろいを強烈に意識させると共に多くの虫がやってくる花でもある。

2016年8月 長野県茅野市

スポンサーサイト

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

2016.08.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

桜とか

桜とか
まだ桜とかを見かけてはカメラを向けている。
いわゆる名所より、こうした生活臭を感じさせるところの桜が好きだ。
撮影名所に行かないのは、ただ単に他の撮影者と関わりたくないというところもある。
普段人がいないことに慣れているから、他に人が来ない場所であることが大前提。
他に人がいるとどうにも集中できないし…。
桜とか
林の中で少し毛色の違った花を付けていた。
カスミザクラだろうか?
桜とか
野良桜が気楽にカメラを向けられていい。

2016年4月24~30日 長野県諏訪郡
EOS7D SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

2016.05.02 | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

セリバオウレン

セリバオウレン
今年もまた渓谷の林床にセリバオウレンが花を咲かせ始めた。
例年と比べると、ちょっと遅れ気味かもしれない。
セリバオウレン
転々と咲いているが、よほど気を付けない限り見逃してしまうかもしれない。
数が増えているようで、嬉しい限り。
セリバオウレン
花には双翅目の昆虫が多く見られた。
まだ気温の低いこの時期、頼りになるのはこうしたハナアブやハエの類なのだろう。
渓谷・早春
こうしてみると、本格的な春はまだ先だなぁと思ってしまう。

2016年3月23日 長野県諏訪郡
EOS7DMarkII、EF100mmf2.8LMacroISUSM、EF16-35mmf4LISUSM、ストロボ(MT-24EX)

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

2016.03.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

サンシュユ

サンシュユ
春らしい明るい雰囲気をまとうサンシュユ。
サンシュユは日本に自生していた植物ではなく、中国・朝鮮半島由来とのこと。
江戸時代に渡来したということだから逸出していれば史前帰化ということになろうが、幸か不幸か山で自生のサンシュユに出会ったことはない。
基本的に在来もしくは自生している植物をメインにしているつもりだから園芸植物はほとんど撮らないのだが、不思議とサンシュユは好みの類である。
マンサク、ダンコウバイ、アブラチャン…そんな春に咲く霞の如き花が好きだから、やっぱり惹かれるのだろうか。
サンシュユ
このときはまだ咲き始め。
個々の花はまだ開いていない。
ちなみに図鑑で調べなおして初めてミズキの仲間であることを知った…。

2016年3月23日 長野県諏訪郡
EOS7DMarkII、EF100mmF2.8MacroLISUSM

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

2016.03.28 | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

春告花

あっという間に三月。もうすぐ春。

セツブンソウ
今年は雪が少なかったので、セツブンソウも早めに顔を出していた。
本格的な開花はまだこれから。
マルバマンサク
マルバマンサクも一足早め。
今年は花付きが良い。
そういえば一時話題になっていたマンサク枯れ、今はどうなっているのだろうか。

2016年3月5日 長野県塩尻市、諏訪郡

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

2016.03.05 | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

«  | HOME |  »

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索