FC2ブログ

ゴミムシ達

アカガネアオゴミムシ
先日のセアカオサムシと同じ日に見かけたゴミムシ達。
普段見かけるアオゴミムシと何か違うなと思い撮影しておいたところ、やっぱりアカガネアオゴミムシという別種だった。
上翅の艶消しが上品。
オオゴミムシ
こちらはオオゴミムシ。
実を言うとあまり見かけた記憶がない。
全く見ないわけではないがときどきしか出会わない、いわゆる“広く薄い”虫なのではないかと思っている。

なぜか関東甲信越だけとっとと梅雨入りしたらしい。
今年の夏は天候がどう転ぶのか、ちょっと不安である。

2019年6月 長野県

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2019.06.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

セアカオサムシ

セアカオサムシ
とあるゴミムシを探しに夜の某公園へ。
以前何度か見たことがある場所だったが、残念ながら今回は見つからず。
その代わり、久しぶりにセアカオサムシに出会った。
セアカオサムシ
小ぶりだが上翅の彫刻といい配色といい、実に美しい良いオサムシ。
いるところでは普通に見られるのだろうが、そうそう見られる場所はないというのもポイント高い。

2019年6月 長野県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2019.06.02 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

ヤマトヨダン、再び

渓流
少し前の画像から。
今年も見つからなかった地元のヒメギフ。
まぁこんなもんだよなぁ…と意気消沈しながら下山する途中、見慣れぬバラ科喬木が目に留まった。
っまっさかねーと思いつつ下枝を舐めるように見てみたところ、見覚えのある影が。
ヤマトヨダンハムシ
ヤマトヨダンハムシ、今まで見ていたのと違う谷での発見となった。
ここにもいてくれるなら、きっと近くにはもっといるんだろうなー。

本命は見つからなかったけど、こういう予期せぬ出会いは嬉しいもの。

2019年5月 長野県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2019.05.21 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

嗚呼くりすとふ

土場
とある撮影をしに行く道すがら、最近できた土場に立ち寄ってみた。
これまでこの時期の土場にはあまり言っていなかったのだが、そのためか出会えていない虫がいた。
今回をそれが本当にいるのか確認である。
首尾よくコナラの木を見つけたので近づいていくと…。
クリストフコトラカミキリ
おったおったー!
クリストフコトラカミキリ!伐採木の上で数匹が運動会を繰り広げていた。
クリストフコトラカミキリ
♀を取り合って♂同士が小競り合いを繰り返す。
クリストフコトラカミキリ
ん~美しい…。
普通種だっていうけど、いやいやなかなかどうして良い虫だ。
クリストフコトラカミキリ
エレガント。
実は撮影するのは初めてだった(ほとんど見たことなかったから)ので嬉しかった。

2019年5月 長野県

2019.05.12 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

黒くて太くてツヤツヤしてるやつ

随分久しぶりの更新になってしまった。
しばらくの間、諸事情により更新が滞っていたが、とりあえずはまたボチボチやっていく所存。
牧場
さて、久々のフィールドは知人のKさんにお誘いいただき、某牧場へ。
今回のターゲットはそう、糞虫。
土盛り
探すのは牛糞近くの土盛りとのことだったので見回っていくと、それらしいものを発見。
これを掘り起こす…というか、周囲をザクザクと切り出す。
普通に掘ってしまうと目標をつぶしてしまうこともある。
坑道内のダイコクコガネ
うまくいくとぽっかりと坑道が口を開けていることがある。
中には黒くてピカピカしたやつの姿が見える。
ダイコクコガネ♀
出てきたのはダイコクコガネの♀。
標本などで見知っていたつもりではあったが、実際にフィールドで見るとその大きさに改めて驚いた。
ダイコクコガネ♂
続いてやや小ぶりの♂が姿を見せた。
ペアで入っていることが多いのは時期的なものだろうか。
糞球を作るためのものか、奥には詰め込まれた糞が見える。
ダイコクコガネ♂
体が大きいので結構深くて太い穴を掘る。
最初に穴を見た時には本当にこれがコガネムシの仕業だろうかと訝しんでしまったほどだ。
ダイコクコガネペアと糞球
掘っていると糞球とともに出てきたペアも。
本当は地下で糞球部屋にいるところを撮りたいと思うが、実は普通に坑道の形を保ったまま掘っていくのも意外と難しい。
そもそも子育ての時期にインパクトを与えるのはできるだけ避けたいし、飼育しながら撮るのがベターなのかも。
ダイコクコガネ♂
大型で角の発達した♂はカッコイイの一言で感激しきり。
ダイコクコガネ♂
さて、ダイコクコガネはご存じのとおり減少の一途を辿っている。
原因は色々言われているようだが、牧場の減少と牛の飼育スタイルの変化、駆虫薬の使用などであろうと思う。
この魅力的な虫が減ってしまっているのは残念だが、せめて今生息している場所が減ることなく残っていってほしいものだと思う。
そして願わくば、またどこの牧場でもダイコクコガネの姿が見られるようになり「ダイコクコガネ?そんな普通種どこにでもいるじゃない」…そんなことを言い合える世の中がまた来てくれれば最高だなぁなんてことを考えていたのだった。

※牧場で糞虫を探す際には管理人さんに了解を取り、掘った穴は必ず埋め戻すなどマナーを守りましょう

2018年9月 某所

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2018.09.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索