ナミテントウ

ナミテントウ
今シーズンに入ってからというもの、なんだかいつも見つかる越冬昆虫達になかなか出会えていない。
虫たちの方がおかしいのか、それとも自分が見つけきれていないのか…。
おかしいと言えば気候もおかしい。
例年に比べて雪が少ないし冷え込みも弱く、最低気温が氷点下10度を下回る日がまだなかったりする。

…と、そんなことを考えながらしつこく探していたら、スギ樹皮下のナミテントウの越冬集団に当たる。
まあそこそこの数の集団ではなかろうか。
ナミテントウ
いろいろな模様が混じっているが、見える範囲ではすべてナミテントウである。
カメノコテントウはいなかったが、見えないところに一匹スコットカメムシが混じっていた。
撮影後に木の皮やら落ち葉やらを被せておいたが、無事越冬できるだろうか。

2017年1月 長野県岡谷市

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.01.23 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

カシアシナガゾウムシ

カシアシナガゾウムシ
コナラの枝先にしがみついていたカシアシナガゾウムシ。
コミミズクの幼虫やゼフィルスの卵などを探しているとときどき見かける。
このまま冬を過ごすはずだが、春はまだ当分先。
もう少し暖かそうな場所で越冬しろよと言いたくなるが、これが彼らのスタンスなのだから仕方ない。

そう、彼らの越冬はまだ始まったばかりだ!(打ち切り感

2016年12月 山梨県北杜市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2016.12.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

ハラビロハンミョウ

ハラビロハンミョウ
はっきりしないお天気の隙間をついて日帰り遠征。
海浜性のハンミョウの中でハラビロハンミョウは成虫越冬をするという話を聞き、それならまだ見られるのではないかと日本海側へ。
姿を見られればラッキー、生息の情報だけでも得られればと考えていたが、なんとかそのお姿を拝見することができた。
…といってもかなり警戒心が強く、どうにも近づききれないうちにタイムアウト。
次回以降に課題を残す結果になった。
ハラビロハンミョウ
ぺったりと砂地に体を付けているのは砂浜という風の強い環境だからだろうか。
上から見た体型は確かにハラビロではあるのだが、感覚的にはむしろハバビロと言った方がしっくりくる感じ。
金属光沢の翅はなんとも表現しづらい色を湛えていて、こんなにも美しいハンミョウだったのかと見直した次第。
生息地を探しながらだったのであまり多くの個体には出会えなかったけれど、実際本番は越冬後の来年のようだ。
きっと活動の感じも変わってくるだろうし、幼虫もどんなところにいるのか気にかかる。
また夏になったら近くに生息するというイカリモンハンミョウ共々再訪してみたい。

2016年10月 石川県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2016.10.05 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

ハッカハムシ

ハッカハムシ
自宅裏にある道沿いに生えたミントにいたハッカハムシ。
取り立てて珍しい種類ではないが最近撮影していなかった。
この時期に新成虫が出てくるのか、あるいは活動時間が変わるのかわからないが秋になると良く見かけるようになる。
灰銅色の体に洒落た黒い紋、脚の青がワンポイントに効いていて素敵なハムシだ。
北海道のものは全身が青くなるそうである。
一度見てみたいものだ。

2016年9月 長野県諏訪郡産

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2016.09.17 | Comments(2) | Trackback(0) | 甲虫

テイクオフ

シラフヒゲナガカミキリ
離陸
シラフヒゲナガカミキリ
失敗

モデルさんはシラフヒゲナガカミキリ

2016年8月 長野県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2016.09.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索