海辺の斑猫たち

イカリモンハンミョウ
少し前の話になるが、海岸のハンミョウを見たくて石川県某所へ。
前回のシロスジコガネはその時の副産物。
一番の目的は、近場では石川県のみに分布するというイカリモンハンミョウ。
昨年は時期が遅くて見ることができなかったが、今年は何とか間に合った。
話には聞いていたが、イカリモンハンミョウはまさしく波打ち際のハンミョウであった。
イカリモンハンミョウ
イカリモンハンミョウの♂。
脚が大変に長く、まるでクモのような体型をしている。
それにしても模様が美しいハンミョウだ。
イカリモンハンミョウ
こちらはイカリモンハンミョウの♀。
♂と比べると少しずんぐりとしている。
イカリモンハンミョウ
どの個体も大体波打ち際ぎりぎりを行ったり来たりしながら、時々砂の中を探っては何かを引きずり出して食べていた。
これは少しわかりにくいが膜翅目だろうか。
イカリモンハンミョウ
こちらはどうやらミズムシ(半翅目)の類をもっしゃもっしゃ。
イカリモンハンミョウの主食はハマトビムシとも聞いていたが、どうやらスカベンジャー的な性格も持っているようだ。
漂着物を利用できる砂浜なら理に適っているのではないだろうか。
ハマトビムシ
ハマトビムシの仲間はこんな陸生?のヨコエビ類。
漂着物の下などにウジャウジャといる。
イカリモンハンミョウ
砂浜ウロウロ。
イカリモンハンミョウ
漂着物の間もうろうろ。

ハラビロハンミョウ
波打ち際で見られるハンミョウはイカリモンだが、流れ込みの少し上流に行くとハラビロハンミョウが姿を見せる。
エリザハンミョウ
ここのハンミョウで一番小さいのがエリザハンミョウ。
コハンミョウ
見慣れないハンミョウがいたので面食らったが、コハンミョウではないだろうか。
出会う機会がほとんどないので頭から種名がすっぽ抜けている。
穴
少ししまった砂地には大小さまざまな穴が。
一番大きなものはスナガニだが、その周りの小さな穴はハンミョウ類のものだろうとアタリを付けた。
ハンミョウ一種の幼虫
待っていると幼虫が顔を出した。
ハンミョウ一種の幼虫
見慣れたナミハンミョウと比べると随分と剛毛が目立つ。
砂地に生息するためなのだろうか。
種名は…採集はしなかったのでわからない。
確定するには育てないと無理だろうねぇ。

2017年7月 石川県

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.08.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

シロスジコガネ

シロスジコガネ
ある虫を求めて石川の海岸沿いへ。
おまけで見つけられたのがシロスジコガネ(画像は室内で撮影)。
砂浜に生息する大型のコガネムシなので、当然海無し県の長野県民には縁がない虫である。
画像の個体は♀で、♂は触角が立派なのでそちらもみたかったのだが今回は残念ながら見つけられなかった。

本種は昔から砂浜の松林とセットにされてきたのだが、ネットなんかで最近の情報を見ていると本当にそれでいいのかわからないというのが正直なところ。
今回は昔ながらの情報で松と一緒に撮ってしまったのだけど、それって正しいのだろうか…?
実際のところはまた活動しているところを観察するしかないのだろう。

うーん…その日はいつになるのやら。

2017年7月 石川県産(室内撮影)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.07.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

チャイロヒメコブハナカミキリ

沢沿い
先日、とある現場で同行の大学生がチャイロヒメコブハナカミキリを見つけてきた。
一応名前は聞いたことがあったので、環境と見た感じを頭に叩き込む。
そういえば近くの渓谷で採れるという記述を見たことがあったのだ。
そんなわけで、思い出したところでレッツゴー。
目星をつけておいた木にはいなかったが、とりあえず沢沿いのカツラを見ていく。
チャイロヒメコブハナカミキリ
4本目ぐらいの木で見覚えのある姿が目に入った。
ああ、ちゃんといてくれた。
本種はカツラのひこばえの葉上にいるところが結構観察されているようだが、私の感じだと幹の暗くなっている部分に好んで静止しているような印象を受けた。
もっとも、もうちょっと観察経験を積まなければなるまい。
チャイロヒメコブハナカミキリ
茶色で地味。
カミキリマニアでもなければ興味をそそられることもないだろう…悲しいが。
チャイロヒメコブハナカミキリ
マウンティング状態で歩き回るペア。
チャイロヒメコブハナカミキリ
幹の低いところで産卵行動?をとる。
2時間ほどの観察だったが、結構満足して帰宅した。

2017年7月 長野県諏訪郡

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.07.23 | Comments(2) | Trackback(0) | 甲虫

早春の水辺で

水たまり
山間の谷間にある小さな水たまり。
ヤマアカガエルの卵
そろそろかなと覗き込んでみれば、やっぱりあったヤマアカガエルの卵塊。
早いものは既に発生が進んでいて胚が動き始めているものもあった。
ホソフタモンメダカハネカクシ
カエルの卵を見ていたら、足元を動き回る小さな姿に気が付いた。
たくさんいたのはホソフタモンメダカハネカクシ。
ちょこまか動くので相性の良い個体を探して撮影した方が楽だった。
メダカハネカクシの仲間にはトビムシを捕食するものがいて、その捕食方法がヤゴみたいに下唇を伸ばして獲物を捕らえるというのだから驚きだ。
今回の観察では見ることはできなかったけれど、いつか撮ってみたいと思う瞬間である。
ホソメダカナガカメムシ
もっと小さな姿はホソメダカナガカメムシ。
体調は3mm程と大変小さなカメムシだが模様はなかなか個性的。
水辺にあった小さなスゲ類を寄主としているのだろう。
目には見えにくいけれど、小さな春はだんだんと動き始めてきた。
梅の花はだいぶ咲いてきたし、桜の花ももうすぐ本格的に咲き始めることだろう。

2017年4月 長野県諏訪郡

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.04.14 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

ナミテントウ

ナミテントウ
今シーズンに入ってからというもの、なんだかいつも見つかる越冬昆虫達になかなか出会えていない。
虫たちの方がおかしいのか、それとも自分が見つけきれていないのか…。
おかしいと言えば気候もおかしい。
例年に比べて雪が少ないし冷え込みも弱く、最低気温が氷点下10度を下回る日がまだなかったりする。

…と、そんなことを考えながらしつこく探していたら、スギ樹皮下のナミテントウの越冬集団に当たる。
まあそこそこの数の集団ではなかろうか。
ナミテントウ
いろいろな模様が混じっているが、見える範囲ではすべてナミテントウである。
カメノコテントウはいなかったが、見えないところに一匹スコットカメムシが混じっていた。
撮影後に木の皮やら落ち葉やらを被せておいたが、無事越冬できるだろうか。

2017年1月 長野県岡谷市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.01.23 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索