ヒゲブトハナムグリ

ヒゲブトハナムグリ♂
草の間から顔をのぞかせているのは…
ヒゲブトハナムグリ♂
ヒゲブトハナムグリの♂。
初夏に出るハナムグリの一種で、♂の触角が太くなるのが特徴。
たくさんの♂が♀を求めて草むらを飛び回っているのをときどき見かける。
ほとんどの個体は銅色をしているが、この個体は緑銅色だった。

飛び立ちをスローで。

2018年6月 長野県

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2018.06.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

混ざっていたら分からない

昨年の11月だったか、twitter上でどなたかがツイートしていた内容に目が留まった。
学会での発表で、なんと日本のヨツボシテントウダマシは1種ではなく3種だった、という内容である。
詳しいことはすぐには分からなかったが、ヨツボシテントウダマシという身近で顕著な種に複数種が含まれていたなどとは思っていなかったので印象によく残っていた。
また、論文自体は学会誌に掲載されたようだったが学会員でなくともPDFでDLできたのでちょこちょこと読んでみると、3種のうち新たに記録されたニセヨツボシテントウダマシはまだ福島でしか採れていないが、もう一種のベニヨツボシテントウダマシは結構広い範囲で採れていて、長野県内だと木曽福島で採れているみたい。
ははぁ、こりゃ近くにいそうだな…ということでもって、積極的に探しはしないながらも、頭の隅に置いておくことにしたのだった。

で、先日。
いつも行く林縁で何げなく転がっている丸太をひっくり返してみたら、いたのである。それっぽいのが。
ベニヨツボシテントウダマシ
ただこの個体は♀だった。
生殖器とかいろいろ検鏡すればおそらく同定できるのだろうが、ズクなしの自分としてはそれはめんどくさいのでできるだけしたくない。
それに、斑紋にも傾向はあるようだが変異の幅が広く、確実な識別点とはなり得なそうだった。
検索表を見直したところ、♂だと簡単に見分けられそうだったので同じ場所で♂を探すことにした。
ベニヨツボシテントウダマシ
♂いた。
これまで真面目に見ていなかったけど、ヨツボシテンダマも前胸背板の形状が雌雄で大きく異なるということを知ってちょっと嬉しい。
早速持ち帰って中脚及び後脚の脛節でもって判断。
結果、ベニヨツボシテントウダマシでおk。
今回は1♂3♀採れたが斑紋は安定していたので問題ないだろう。

…まぁこんなのを撮っても喜ぶのは虫屋だけである。
大半の人には5mmもない虫のちょっとした違いなど何の意味も持たないし、何の得にもならないだろう。
写真の需要もないだろうし。
けど、やっぱりいままで何気なく見ていた世界に新しい色が付くってのは楽しいもの。
ああこういうのって楽しいなぁと、改めて再認識したのだった。
ヨツボシテントウダマシ
ちなみにこっちが普通のヨツボシテントウダマシ。
こんなん混じってたら分かりませんがな~。

1,2枚目:2018年2月 長野県 3枚目:2017年12月 山梨県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2018.02.26 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

ワレアオバ?

田んぼ
この時期になると虫が少なくなって寂しくなりますねぇ。
というわけで、信州よりは暖かい山梨のとある田んぼ。
なにか面白いものでもいないかとしばらく探していたが、なかなか見つからない。
圃場整備されてるせいなのかどうなのか…。
アオバアリガタハネカクシ
そんななか、田んぼのわきに落ちていた波板の下に蠢く小さな影。
ん~…とその姿を見つめてから、よく見るエゾアリガタハネカクシではなく随分久しぶりに見るアオバアリガタハネカクシであろうと検討をつけた。
そう、大抵の昆虫図鑑に載っているであろうこの虫も信州ど真ん中で見た記憶がない。
こうして見ているだけであれば単なるきれいな虫なんだが…。

2017年11月下旬 山梨県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.12.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

海辺の斑猫たち

イカリモンハンミョウ
少し前の話になるが、海岸のハンミョウを見たくて石川県某所へ。
前回のシロスジコガネはその時の副産物。
一番の目的は、近場では石川県のみに分布するというイカリモンハンミョウ。
昨年は時期が遅くて見ることができなかったが、今年は何とか間に合った。
話には聞いていたが、イカリモンハンミョウはまさしく波打ち際のハンミョウであった。
イカリモンハンミョウ
イカリモンハンミョウの♂。
脚が大変に長く、まるでクモのような体型をしている。
それにしても模様が美しいハンミョウだ。
イカリモンハンミョウ
こちらはイカリモンハンミョウの♀。
♂と比べると少しずんぐりとしている。
イカリモンハンミョウ
どの個体も大体波打ち際ぎりぎりを行ったり来たりしながら、時々砂の中を探っては何かを引きずり出して食べていた。
これは少しわかりにくいが膜翅目だろうか。
イカリモンハンミョウ
こちらはどうやらミズムシ(半翅目)の類をもっしゃもっしゃ。
イカリモンハンミョウの主食はハマトビムシとも聞いていたが、どうやらスカベンジャー的な性格も持っているようだ。
漂着物を利用できる砂浜なら理に適っているのではないだろうか。
ハマトビムシ
ハマトビムシの仲間はこんな陸生?のヨコエビ類。
漂着物の下などにウジャウジャといる。
イカリモンハンミョウ
砂浜ウロウロ。
イカリモンハンミョウ
漂着物の間もうろうろ。

ハラビロハンミョウ
波打ち際で見られるハンミョウはイカリモンだが、流れ込みの少し上流に行くとハラビロハンミョウが姿を見せる。
エリザハンミョウ
ここのハンミョウで一番小さいのがエリザハンミョウ。
コハンミョウ
見慣れないハンミョウがいたので面食らったが、コハンミョウではないだろうか。
出会う機会がほとんどないので頭から種名がすっぽ抜けている。
穴
少ししまった砂地には大小さまざまな穴が。
一番大きなものはスナガニだが、その周りの小さな穴はハンミョウ類のものだろうとアタリを付けた。
ハンミョウ一種の幼虫
待っていると幼虫が顔を出した。
ハンミョウ一種の幼虫
見慣れたナミハンミョウと比べると随分と剛毛が目立つ。
砂地に生息するためなのだろうか。
種名は…採集はしなかったのでわからない。
確定するには育てないと無理だろうねぇ。

2017年7月 石川県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.08.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

シロスジコガネ

シロスジコガネ
ある虫を求めて石川の海岸沿いへ。
おまけで見つけられたのがシロスジコガネ(画像は室内で撮影)。
砂浜に生息する大型のコガネムシなので、当然海無し県の長野県民には縁がない虫である。
画像の個体は♀で、♂は触角が立派なのでそちらもみたかったのだが今回は残念ながら見つけられなかった。

本種は昔から砂浜の松林とセットにされてきたのだが、ネットなんかで最近の情報を見ていると本当にそれでいいのかわからないというのが正直なところ。
今回は昔ながらの情報で松と一緒に撮ってしまったのだけど、それって正しいのだろうか…?
実際のところはまた活動しているところを観察するしかないのだろう。

うーん…その日はいつになるのやら。

2017年7月 石川県産(室内撮影)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.07.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索