文化の日…の蛾。

ミノウスバ
秋に現れるモフモフ、ミノウスバ。
人家周辺では主に植栽のマサキで発生するが野外ではマユミについているのを良く見かける。
関東では大体11月頭ぐらいにみられることから恩師は雑誌インセクタリゥムでこの蛾を“文化の日”前後に現れる蛾だと称していた。
もっとも我が家周辺ではもう少々早く見られるのでそれには当てはまらないが、上手い物言いであったと思う。
ミノウスバ
別の木では沢山の♀が固まって産卵していた。
風雨にさらされたのか毛がすっかり剥げて別の虫になってしまっていたが、それでもきっちりと卵は残そうとする♀たち。
なんだか凄みすら感じてしまう光景であった。

2017年10月上旬 長野県中部

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.10.16 | Comments(2) | Trackback(0) |

秋の夜長に

ヒメヤママユ
だいぶ間が空いてしまったけれど、私は元気です。

クスサンの時期が終わり、ヒメヤママユが多くなってきた。
星降る夜に、彼らはどんな風に舞っているのだろう。

2017年10月上旬 長野県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.10.13 | Comments(0) | Trackback(0) |

クロフカバシャク

ヤマナラシ
開き始めのヤマナラシの花穂。
雌雄異株とのことだがこの花穂はどちらのものか…雄花っぽいがよくわからない。
今年の春は昨年より1週間~10日ほど遅めの進行だった。

さて、その話が最初に舞い込んだのは一昨年の春頃だったように思う。
ネット上で怪しいカバシャクの画像を見つけた、アップしている人が信州の人なので調べてもらいたい…という話である。
早速画像を撮られた方に連絡を取り、実際にその姿を見ることができたのは翌年の春。
クロフカバシャク♂
地面に舞い降りてきたクロフカバシャクの♂(2016年3月撮影)
同じ属のカバシャクとは♂の触角が鋸歯状になることで明確に区別される。

そもそもクロフカバシャクというのはそれまで馴染みのなかったガだった。
旧北区北部に広く分布し遠くはヨーロッパや北アフリカまで生息するものの、日本では青森と岩手でのみ記録があるという種であったからそれも無理はなかろう。
今回の記録が長野県初記録となった。
2015年にze_phさんが青森では30年ぶりとなる発見をしたことが記憶に新しかったが、今回の連絡はそのze_phさんところからいただいたもの。
なんというか、インターネットというやつは青森にいながらにして信州のクロフカバシャクを探し当ててしまうということを可能にしてしまったらしい。
クロフカバシャク♂
♂(2016年3月 室内 上の写真とは別個体)
ヤマナラシ樹上を飛ぶクロフカバシャク
ヤマナラシ樹上を飛ぶクロフカバシャク(2016年3月)
黒い点がクロフカバシャクだがこれではさっぱりわからないか。
中央上と右側に2匹の計3匹が写っている。
どうも昼ごろから梢の高いところを飛び回るようで、その様子は2017年にも観察できた。
ヤマナラシが大きいので私の6.3m竿では辛うじて一番下の枝に届いくだけで、まったく手が出なかった。
クロフカバシャク
同時に撮った別カットから切出し。
ちなみにこの場所昔から昆虫採集で有名な場所の近くで、そこでは古くからカバシャクが産することが知られていたようだ。
にもかかわらず現在まで本種が未発見だったのは、カバシャクより1ヵ月も早い発生時期にあったのだろう。
カバシャクが採れるのはヒメギフチョウが飛ぶ頃だから、その1ヶ月前ということはまだ雪が降るような時期。
この時期に昼間歩き回る蛾屋さんがいなかった…きっとそういうことだろう。
クロフカバシャク
今年は比較的梢に近づけるところを見つけたのでそこで観察。
前述の飛び回る時間帯は、枝にとまったり飛び出したりをずっと繰り返していた。
遠い上に逆光のため何をしているのかまでは分からず。
クロフカバシャク♀
クロフカバシャク♀(2017年4月 室内)
このときなんとかネットインできた1個体が♀だった。
雄と比べると白斑が発達していて、最初に見た時は別のガだと思ってしまったほど。
ちなみに採卵を試みたが残念ながら産んでくれなかった。
長生きはしてくれたが最初の管理が良くなかったのかもしれない。
とほほ…。

2016年3月、2017年4月 長野県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.04.30 | Comments(0) | Trackback(0) |

春フユシャク

月夜の雑木林
3月に入り、後半戦のフユシャク達も姿を見せ始めた。
この夜は晴れたためか気温も低く、ほとんどその姿を見かけられなかったのが残念だった。
しかし、月明かりに照らされた明るい雑木林を歩くことができるというのもこの季節ならでは。
明るい月夜に歩くのは大好きだ(虫屋的にはNGかもしれないが).。
シロフフユエダシャク
木にとまっていたシロフフユエダシャクの♂。
また気温が高い夜に飛び回るのだろう。

2017年3月 山梨県韮崎市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.03.12 | Comments(0) | Trackback(0) |

フユシャク探訪(2016その3)

雑木林
相も変わらずフユシャク探し。
目的も変わらずクロスジフユエダシャク。
これまで真面目に見ていなかったから、この機会にと思って新規開拓を進めている。
クロスジフユエダシャク♂
山梨まで降りれば♂はどこの林でも飛んでいるけれど、それでも濃い薄いがかなりはっきり分かれる。
どうやらどこでもいいって訳じゃなさそうだ。
クロスジフユエダシャク♀
♀は数が少ないけれどたまーに見つかるようになってきた。
一度コーリング中の♀に♂が寄ってきたところを見つけたのだが、そういう時に限ってカメラは車の中。
カメラを取って急いで戻ってきたら影も形もなく消え失せていて、なんだか狐につままれたような気分になった。
あと泣きそうだった。
サザナミフユナミシャク♂
久しぶりに嬉しい出会い、サザナミフユナミシャク。
以前一度だけ見かけているが、それ以降そこでは見られなくなっていた。
サザナミフユナミシャク♂
この個体以外に見つからなかったから安定した出会いには期待薄…。
クロスジフユエダシャク交尾
夜まで粘っていたらクロスジフユエダシャクの交尾ペアが見つかった。
この木は昼からチェックしていたので交尾が成立したのは薄暗くなって以降のはずだ。
本種は本来昼行性のはずなのだが、♂は時々灯火に来ていたりする。
ひょっとしたら緩い夜行性の側面を持つのかもしれない。

2016年11月-12月 山梨県北杜市

2016.12.05 | Comments(0) | Trackback(0) |

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索