ケヤキのアブラムシ集団

アブラムシ集団
アブラムシ集団 CaplioR6
フユシャクが出ていないかと思って立ち寄ったいつもの公園。残念ながらまだ季節が早いらしくフユシャク類の姿は全く見ることができなかったが、その道中、ある一本のケヤキの木を見たときに何やら樹皮がけばだって見えるのに気がついた。よくよく見てみればどうやらそれはすべてアブラムシの有翅虫であるようだ。毎年この公園に来ているが、今までこの現象に気づいたことはなかったように思う。
アブラムシ集団
アブラムシ集団 EOS5D MP-E65mmMacro ストロボ
有翅虫達はいずれも既にこと切れているのかまったく動かない。
最初はカイガラムシの類かとも思ったが、アップにしてみるとやはりアブラムシのようだ。
家に帰ってネット調べてみるが、なんとなくケヤキヒトスジワタムシという種類が近そうな感じを受けた。まあしっかりと同定したわけではないのでその可能性がある、というところに留めておきたい。
アブラムシ集団
アブラムシ集団 EOS5D MP-E65mmMacro ストロボ
ケヤキヒトスジワタムシの場合、成虫は秋に集団でケヤキの幹に取り付いて産卵するそうだ。このとき産卵された卵は越冬卵となって、翌年に孵化するとのこと。だが、このとき見た限りでは有翅虫達の間から見える樹皮の隙間にぎっちりと若虫らしい小さな個体が詰まっているのが見えている。もしこの若虫たちがそのまま越冬するのであれば、それはそれでまた別種なのかもしれないし、ちゃんと調べないと種類は特定できそうにない。

アブラムシ図鑑、持ってないけど図書館にあったかなぁ…。

スポンサーサイト

2007.11.19 | Comments(3) | Trackback(0) | セミ・ヨコバイ類

キイロスズメバチ

キイロスズメバチ
キイロスズメバチ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
昨日あたりからいきなり気温が低くなり、今朝は氷点下にまでなった。
秋を楽しんでいる間もないうちにもう冬か…。一抹の寂しさはあるけど、こればっかりは人の手じゃどーにもならないことだから仕方がない。
いつも行っている雑木林では目当てのサジ?クヌギカメムシの姿も少なくちょいと消化不良。それでもコナラはまだ樹液を盛んに出していて、数匹のキイロスズメバチに出会った。おそらくはみな来年の女王になるのだろう、厳しい冬を乗り越えて次世代へ命を繋ぐために最後の最後まで体力をつけているようだ。
キイロスズメバチ
キイロスズメバチ EOS5D EF100mmMacroUSM+kenko1.4xtelecon ストロボ
気温が低い上に樹液に夢中になっているため、いくら近づいても平気。
あまりにも反応が鈍いので指で突っついてみた。
キイロスズメバチ
キイロスズメバチ EOS5D EF100mmMacroUSM+kenko1.4xtelecon ストロボ
おお、反応した。
でももうちょっと怒って欲しかったんだけどな、個人的には。
コガタスズメバチ
コガタスズメバチ Caplio R6
別の木にはコガタスズメバチの姿も。
こっちはキイロ以上に寒さに弱いらしく、そもそもほとんど動けないでいた。
やっぱり突っついてみたが、こっちはノロノロと飛んで逃げてしまった。むぅ、残念。

2007.11.17 | Comments(3) | Trackback(0) | ハチ

クサギカメムシ

クサギカメムシ
クサギカメムシ CaplioR6
何の因果か今日は雨。
なかなか思うように撮影できず、春にカラスハエトリを見つけた神社で偽木柵を回ってみたのだが、これまたハズレ。みんな雨で振り落とされてしまったのか、ほとんど虫は見当たらず。
結局一番の大物がクサギカメムシというちょっと寂しい結果に終わったのでした…。
ガザミグモ
ガザミグモ EOS5D MP-E65mmMacro ストロボ
おまけでガザミグモの♀。
なんともけったいな顔をしたやっちゃ…。

2007.11.10 | Comments(4) | Trackback(0) | カメムシ

«  | HOME |  »

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索