春蛙

ヤマアカガエル卵塊
ヤマアカガエル卵塊 EOS5D EF100mmMacroUSM
昨日ミズスマシを見つけた水たまりにはヤマアカガエルの卵塊も見られた。
そういえばそんな時期だっけ。
水面から盛り上がった卵塊はたぶん新しいもの。
でも微妙に欠けているようにも見える。何かに齧られたんだろうか。
ヤマアカガエル卵塊
ヤマアカガエル卵塊 EOS5D EF17-40mmf4LUSM
でろーんとしているのは産卵してから少し時間が経っているものかなぁ。
だがどちらも発生はあまり進んでいない様子だった。
いずれにせよ、最近の話だと思う。
アズマヒキガエル
アズマヒキガエル EOS5D EF17-40mmf4LUSM
で、今日。
北杜市の雑木林の中で何やらカサカサと音がするので近づいてみると、そこにいたのはでっかいヒキガエルだった。
撮影しようと近づいたら目を閉じて固まってしまった。
おーい、それじゃカッコつかないぞ~。
アズマヒキガエル
アズマヒキガエル EOS5D EF70-200mmf4LISUSM
ああ、ヒキガエルも今産卵だっけ。耳を澄ませば案外近くからクックックッ…という声がする。
アズマヒキガエル
アズマヒキガエル EOS5D EF70-200mmf4LISUSM
集まっていたのは10匹前後と少なめで、カエル合戦というにはあまりにも静か。
ヒキガエル達と散りゆく梅を見ながら、暫しのほほ~んとしてみる。
山梨の風は、さすがに少しあったかかった。

スポンサーサイト

2008.03.30 | Comments(3) | Trackback(0) | 両生類・爬虫類

ミズスマシ

水溜り
EOS5D EF17-40mmf4
今日は自宅からさほど離れていない渓谷へ。
以前コムラサキの越冬幼虫を探した時に、すぐ近くにセリバオウレンっぽい葉を見ていたので咲いていないかと確認しに行ってみたのだが、残念ながらしわくちゃになった葉を認めたのみ。どうもセリバオウレンの花が元気に咲く条件とはちと違っている場所だったみたい。この場所は諦めるしかないかな。
残念に思いながら車へと戻る。と、途中で小さな水たまりが目に留まった。
ちょっと気になったので覗いてみると、水面で何やら動く気配が。
ミズスマシ
ミズスマシ EOS5D EF100mmMacroUSM
おお、ミズスマシだ。
水面では沢山のミズスマシがわちゃわちゃと騒いでいた。
こちらの気配に驚いたらしい。
ミズスマシ
ミズスマシ EOS5D EF100mmMacroUSM+kenko1.4xtelecon ストロボ
しばらくじっとしていると騒ぎも落ち着き、休む個体もちらほらと出始めた。
動いているところを大写しにするのはコトだしね。
アップにしてみると、ミズスマシって結構個性的な顔つきかも。

2008.03.29 | Comments(2) | Trackback(0) | 甲虫

セッケイカワゲラ

千曲川
千曲川 EOS5D EF70-200f4LISUSM
本日はフラリと新潟へ。道中で風景をスナップしてみる。
まだ白い所が目立つが、3月に入ってからの陽気のせいか、残雪は例年より少ない気がした。
セッケイカワゲラ
セッケイカワゲラ EOS5D Sigma15mmfisheye+kenko1.4xtelecon ストロボ
とりあえずセッケイカワゲラを撮ってみる。別に新潟まで行かなくてもいいのだが、いろいろあって足を延ばしてみた。ここでは人家のすぐ近くで発生している。
セッケイカワゲラ
セッケイカワゲラ EOS20D EF-S17-55IS+gyorome8 ストロボ トリミング
なにしろちっこいので久々に魚露目を引っ張り出してみた。
いろいろレンズをかえてみたいけれど、いまんとこ放置状態。
セッケイカワゲラ
セッケイカワゲラ EOS5D MP-E65mmMacro ストロボ
驚かすと丸まって死んだふり。
可愛いんだけど、他のカワゲラでこういう行動をみた記憶がない。
セッケイカワゲラに特徴的な行動なのかなぁ。

2008.03.23 | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

春の足音

ザゼンソウ
ザゼンソウ EOS5D EF17-40mmf4LUSM
折角の休みなのに雨。
お天道様に文句の一つも言いたいですが、こればっかりは無理かなぁ。
某所ではザゼンソウが咲いていた。
マイポイントでは影も形も見当たらなかったけれど、日当たりの関係とかかな。
まだ春というにはあまりにも浅すぎるけれど、それでも確実に季節は進んでいるみたいだ。

2008.03.20 | Comments(3) | Trackback(0) | 植物

アキタクロナガオサムシ

アキタクロナガオサムシ
アキタクロナガオサムシ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
今日は訳あって休みな日。結構動き回ったような気もするが、写真は殆ど撮らなかった。
一応冬の宿題を片付けたいと思ってオサムシを探してみたが、見つかったのはこのアキタクロナガが4匹だけと少なかった。おまけに下手に気温が高いものだから掘り出した端からまー動くこと動くこと。朽木の破片を被せておとなしくさせ、その隙に撮影した。
我が家周辺ではアオオサ(シナノになるんだろうか)、クロナガオサに次いでよく見られる種類。
いつだったか、自宅裏山の沢沿いにベイトトラップをしかけてみたらたくさん入って困ったことがあった。普通種ではあるが、青みがかった体色が何ともいえず綺麗なので結構好き。
土の中より朽木で越冬するのが好きなのか、何匹かまとまって入っていることが多い。
朽木からオサを掘り出すのは何回かやったことがあるけれど、崖なんかだとまだコツを掴めていないのでヒット率がものすごく低いのが難点。オーバーハングをワシワシやると時々落ちてくるが、できれば穴倉住まいなところを撮ってみたい。誰かコツを教えてください(笑)。

2008.03.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

毎年恒例

セツブンソウ
セツブンソウ EOS5D EF100mmMacroUSM
なんやかんやと忙しくて半月ぶりのフィールドになってしまった。最近は2月の寒さが嘘のように暖かい日が続いているので虫たちも行動を始めているだろう。今日はその姿を探すのもいいかなと思ったのだが、とりあえず毎年恒例となっている早春の花詣でをやってしまうことにした。まずはセツブンソウを見に塩尻へ。例年より数は少なめな気がするものの、今年もセツブンソウは咲いていた。今までは落ち葉の間から顔を出している写真ばかりだったので、今回は少ししっとりとした背景のものを探して撮影してみた。
フクジュソウ
フクジュソウ EOS5D EF17-40mmf4LUSM
続いてフクジュソウを見に諏訪市の板沢へ。昨年は雪があったけれど今年はさすがに無理だ。
ミチノクフクジュソウ
ミチノクフクジュソウ EOS5D EF17-40mmf4LUSM トリミング
日陰に残雪はあるけれど、そーゆートコではフクジュソウは咲いていなかった。
昨年から気になっていたのだけれど、ここのフクジュソウには花の形に2つの型があるように感じていた。で、写真から判断するにだ(危険だな)、どうもここのフクジュソウはノーマルなフクジュソウとミチノクフクジュソウの2種が混ぜこぜに生えてるんじゃなかろーかと思う。
第一、こういった人里近くに生えているフクジュソウがもともとそこに自生していたものかはよくわからないし、一説には薬草として植えられたのではないかなんて話もあるみたいだ。その時代が戦国時代だろうが現代だろうが、フクジュソウ達が辿ってきた歴史からすればほんの一瞬に過ぎないだろうけれど、間違いなくそこには人との関わりがあるわけで、そんな事を鑑みて考えれば、人里のフクジュソウというのは野生状態のものとはまた別の植物として捉えてみる必要があるのかもしれない。

2008.03.16 | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

ヒメツチハンミョウ

ヒメツチハンミョウ
ヒメツチハンミョウ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
今回は伊豆ものの続き。
道中、昼食のために立ち寄った道の駅で見つけたツチハンミョウ。
花壇の脇に放置されていた朽木をひっくり返したら出てきたものだ。
いままでの経験上、ツチハンミョウを見たのは確かに早春が多かった。しかし今回は2月である。
いくら伊豆の春が早いとしても、これはいささか早すぎじゃない?
そんな事を思って連れ帰ってきてみたわけである。
帰ってから調べてみたらどうもヒメツチハンミョウらしい(ちょっと自信なし)。
図鑑には秋に発生して土中で越冬、早春に活動を再開して産卵する、な~んて書いてあってちょっとびっくりした。
ううむ…どうやらツチハンミョウについては「成虫越冬しない」という勝手な思い込みがあったらしい。
そんなに長持ちしなそうな外見のくせに、けっこうタフなんだねぇ。

それにしてもツチハンミョウを見たのはずいぶん久しぶり。
甲虫とは思えないその外見や特異な生態など、魅力的な要素はたっぷりあるのだが、どうにも安定して見つけられるポイントに当たらないでいて、なかなかお近づきになれない虫である。
さてさて、今年の春は活動中のツチハンミョウに出会えるのだろうか。

2008.03.01 | Comments(7) | Trackback(0) | 甲虫

«  | HOME |  »

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索