ウスイロササキリ

ウスイロササキリ
ウスイロササキリ EOS50D EF70-200mmf4LISUSM 内蔵ストロボ
天気予報では晴れだったのに見事なまでのドン曇り。
昨夜は1時近くまで飲んでいたせいか、なかなか調子も上がらない。
どうせ虫の動きも活発ではないのでゲンゴロウのいそうな池を何箇所か下見。
珍しくハシビロガモがプカプカと浮いている池もあってちょっと得した気分。

秋が深まり風景が鮮やかになるに従って、虫たちの姿も減ってきた。
件の池のほとりではウスイロササキリが淋しげに鳴いていた。
関東でよく見かけたササキリはこちらではあまり見られず、むしろ外灯でササキリモドキ類の姿をよくみかける。
直翅大図鑑がないとなかなか同定できず、未だにこの類はさっぱりだ。

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2008.10.25 | Comments(0) | Trackback(0) | バッタ他直翅系

ミヤマアカネ

アキアカネ
アキアカネ EOS50D EF17-40mmf4LUSM ストロボ
今週の休みは今日一日のみ。
疲れが溜まっていたのか12時間近く寝てしまった。
時間もないので50Dと各種レンズの相性を確認してみようといくつか試し撮り。
17-40mmとは比較的相性がいいみたい。
ミヤマアカネ
ミヤマアカネ EOS50D EF180mmMacroUSM ストロボ
たくさんのアキアカネに混じってミヤマアカネがいた。
ミヤマアカネも飛んでいるときは赤く見えるが、ネキトンボの真紅と比べるとやや透明感のある爽やかな赤。
成熟したミヤマアカネには独特の存在感がある。

今日の相性チェックでは意外なところから問題点が出てきた。
今まで風景用に使用していた70-200mmf4だが、200mm時の最短撮影距離付近でのみ著しく描写が落ちて思いっきりフレアがかってしまうということが発覚。
もともとは風景から昆虫まで使えるだろうということで購入しただけに、かなりがっかり。
まだ保障が残っているうちに調整に出してみようかと思っているが…さてはて。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2008.10.20 | Comments(2) | Trackback(0) | トンボ

キシャヤスデ?

霧ヶ峰・快晴
霧ヶ峰・快晴 EOS5D EF17-40mmf4LUSM
秋の霧ヶ峰。
何年かに一度、ここで注目度が上がる動物がいる。
キシャヤスデにご注意ください
ヤスデにご注意ください EOS5D EF70-200,,f4LISUSM
そんなときはこの通り。
電光掲示板にも表示されるぐらいの人気者に!!(いや違う)
キシャヤスデ
キシャヤスデ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ2灯
というわけで、どうやら今年は大発生の年にあたるらしいキシャヤスデ。
キシャヤスデ類には数種いるようなので詳しい種類はわからない。
どうやら8年ごとに発生しているようで、このスパンはキシャヤスデの寿命と一致しているそうな。
そういえば初めてこのヤスデを見たのも確か2000年あたりだったような気がする。
キシャヤスデ
キシャヤスデ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ2灯
当時は私まだ学生。
土壌動物を研究していた友人に「今年はキシャヤスデが出るらしいから見に行こう」と誘われて、山梨は清里まで出かけたのだった。
残念ながら期待していたほどの発生量ではなかったけれど、初めて見た時はそのあまりの美しさに驚いた。
普段よく見る種類の倍ほどもある体幅。
透き通るような肌色。
そんなヤスデが何匹も、ゆっくり這っているのである。
壮観にして、不思議な光景だった。

せっかく発生したのにキモイと言われ、踏みつぶされ、挙句の果てに「滑るんだよこのヤロー!!」と言われてしまう悲しきヤスデ。
だが、先入観を捨ててちゃんと見直してみれば、意外なほど繊細な美しさに気づくことができる…かもしれない(人によるだろうけどね)。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2008.10.16 | Comments(2) | Trackback(0) | クモ他 節足動物

ネキトンボ

ネキトンボ
ネキトンボ EOS5D EF17-40mmf4LUSM
久々に晴れた本日はネキトンボを求めて某池へ。
ネキトンボとは今まであまり縁がなく、時々みかけてもすぐ逃げられてしまっていた。
そこでいつもネキトンボの写真を撮っているmasaさんに質問すると「あの池にいますよ」とすぐに返事が返ってきた。
えええ?あの池に?という感じだったが、そういえばこの時期に行ったことはあまりなかった。
久々に行ってみると、確かにネキトンボが何頭か。う~ん、さすが。
ネキトンボ
ネキトンボ EOS50D EF300mmf4LISUSM
こちら、ネキ殿。
飛んでいるときはひときわ赤く、そして大きく感じるアカトンボ。
ようやくまともにファインダーに収まってくれた…。
ネキトンボ
ネキトンボ EOS50D EF300mmf4LISUSM トリミング
しばらく待っていると何度か産卵する姿を見かけた。
んが、思った以上に動き回る産卵で、前後左右に上下運動と落ち着かないことこの上なし。
本当にお前らもうちょっと落ち着いたらどうかと説教したくなるぐらいで…んもう。
解放水面で産卵するとこういう産卵パターンになるのかなぁ…と思いながら、ちったぁアキアカネやマユタテアカネを見習ってほしいもんだと思ったのでありました。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2008.10.13 | Comments(0) | Trackback(0) | トンボ

秋のガ 3題

秋夜空
秋夜空 EOS5D EF17-40mmf4LUSM
だいぶ秋も深まりつつある今日この頃。
うまい具合に3連休が入ってくれたので金曜夜、土曜夜と二晩続けて出撃。
目標は秋に出現する大型のガである。
何故かよく分からないが、秋の大型のガというのは非常に渋くて美しく、人を惹きつける魅力がある。

土曜の夜は急に思い立って夜10時半に家を出る。
目的地はムラサキシタバがやってくるという噂のT温泉。
時期的に少々遅いのを気にしながら深夜12時近くになって到着するが、ありゃりゃ…。
思いのほかガが少なく、いつものクスサンとヒメヤママユが数匹見つかるだけ。
だが、温泉街をくまなく見て回ると、一本だけガが集中して飛来している街灯にいきあたった。
おおお…パッと見で十数頭のヤママユ系がひっついている。
ウスタビガ♀
ウスタビガ♀ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ2灯
最初に目に入ってきたのはやはりクスサンとヒメヤママユ。
続いてライトを当てる(逆光で見づらいから)と…お、ウスタビ?
今までの感覚だともう1,2週間経ってからのイメージがあったが、標高も高いということで既に発生しているらしい。しかも来ていた2頭が両方とも♀ってことは…発生後期なのかな?
続いて上を見上げると、高い所に一匹気になるガが。
大きさはクスサンとヒメヤママユの中間。
高くてよく分からないが、なんだか少し黒っぽい。
ひょっとして…ひょっとするかも?
車の中から2.5mのロッドと60㎝径の枠を引っ張り出し背伸びをしたらなんとか届き、うまくネットインできなかったガはふわりと舞い降りてきた。
クロウスタビガ♂
クロウスタビガ♂ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ2灯
あー!!ぎゃー!!ひゃー!!
うわ~…ひょっとしちゃったよ…。
ずいぶん久しぶりにクロウスタビガと再会した。
既にだいぶスレているが、とりあえずんなこたー関係ない。
初めての長野県産クロウスタビに出会い、やはり地元にも間違いなくクロウスタビはいるだろうと確信できた。
大きな一歩、かな。
クロウスタビガ♀
クロウスタビガ♀ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ2灯
気をよくして帰る途中にもう一頭を見つけた。しかも♀。
セオリー通り、灯火にやってくるのは♂が多いらしく、メス少々得難いらしい。
しかしまぁなんというか、秋のエッセンスをぎゅっと凝縮したような、実にエレガントなガだ。
密かに日本産ヤママユガ科の中では一番好きかも。

翌土曜。
昨夜の外灯の周囲を確認すべく、もう一度同所へ赴く。
紅葉などを撮影しながらたどりつき、周囲をぐるりと見渡してみる。
キハダ
キハダ EOS5D EF17-40mmf4LUSM
なるほどね…こりゃ来るかもね…。
外灯の脇を流れる流れの上に枝を広げていたのは、クロウスタビガの食樹である大きな二本のキハダだった。
個人的な感触だが、キハダという木は大抵が沢沿いか谷筋に生えている。
おそらく湿気を好むのではないかと思うが、だとすればクロウスタビガが日本海側に多いのもうなずけるのではないだろうか。
冬の豪雪は春になると大量の水となり、更には冬の寒さから虫を守ってくれる大きな要素だ。

一段落したあと、採集したクロウスタビガ♀をぽんぽこ山本さんのもとへ届けるべく原村へ。
ほんとはムラサキシタバ見つけに行ったんですけどね~なんて話をしながらいくつか情報を教えてもらう。
そうそう、行った時ぽんぽこさんは育てたスミナガシの蛹を分けている最中だった。
初めてスミナガシの蛹を見たけれど、とにかく圧巻!!
あそこまでうまく擬態していれば、そうそう見つかることもなさそうだ。
帰り際、先週見つけておいた外灯ポイントを回りながら帰ることにして、お暇する。

それにしてもこの夜は冷えた。
あまりにも寒い上、月も綺麗に出てしまっているので虫は明らかに少ない。
しかたがないので帰ろうとしたその時、視界の隅にデカいガが見えたような気がした。
ムラサキシタバ
ムラサキシタバ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ2灯
ようやく会えたムラサキシタバ。
見事な隠蔽色で、危うく見逃すところだった。
ムラサキシタバ
ムラサキシタバ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
ひたすら暴れたので思うような写真は撮れなかったが、とにかく出会えた。
今年はもう無理かと思っていただけに、嬉しさもひとしお。

二日連続しての実りある夜。
満足しながら帰宅の途についたのだった。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2008.10.12 | Comments(2) | Trackback(0) |

玄関の珍客:マエグロハネナガウンカ

マエグロハネナガウンカ
マエグロハネナガウンカ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ2灯
昨晩の夕食後のこと。
いつもどおり玄関で一服していると、灰皿の根元になにやら落ちているのに気がついた。
最初はイトトンボの翅かとも思ったのだが、顔を近づけてよく見るとそれはハネナガウンカ。
しかも今まで見たことがないくらい大きい。
これは………!!
早速身柄を借り受け図鑑をめくるが、そこは流石?ハネナガウンカ、情報少なすぎ…。
少ない記述を参照し、ネット上の情報も複合したところ、最後はマエグロハネナガウンカという種類ではないかという結論に至ったのだが…間違ってたらご指摘ください。
マエグロハネナガウンカ
マエグロハネナガウンカ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ2灯
ハネナガウンカ類は普段あまり接点がないが、かつてアヤヘリハネナガウンカという美麗種の写真を見たことがありいつも気になっていた。
今回もこれはアヤヘリでは?と最初は思ったものの、残念ながらハズレ。
とはいえこちらの翅も角度によってはえもいわれぬ幻光を湛えるようだ。
前翅前縁の黒地にオレンジの翅脈という組み合わせも非常に印象的で、熱帯海水魚のアカククリ(幼魚)を彷彿とさせる。
マエグロハネナガウンカ
マエグロハネナガウンカ EOS50D MP-E65mmMacro ストロボ2灯
ハネナガウンカ類で面白いのは、種類によっては幼虫がキノコの菌糸を食べるという輩もいるというところ。御多聞にもれず、このマエグロハネナガウンカもそういった生態をしているらしい。
確かに以前、ブナ立ち枯れの幹につくたくさんのハネナガウンカを見かけたことがあるし、半翅目にもヒラタカメムシやキノコカスミカメといったれっきとした菌食屋さんがいるのだから、ウンカが菌類を採餌していても何ら問題はなかろう。
ウンカというとイネ科草本の害虫というイメージが強いが、なんだかんだ言って、いろいろな所に入り込んでいるんだなぁ…。
う~みゅ…多様性バンザイ!!(笑)

それはそうと、アヤヘリハネナガウンカ…見たいなぁ…。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2008.10.10 | Comments(0) | Trackback(0) | セミ・ヨコバイ類

野菊にチョウ

キタテハ
キタテハ EOS50D EF100mmMacroUSM
秋が深まりつつあるこの時期、至る所で野菊が咲いているのが目につく。
こうした野菊の種類が分からないかな~と思って図鑑を買ってみたりしているが、さすがにすぐ覚えられるものでもなさそうだ。
この日は一か所、蝶たちが群れている場所があったので少しスナップ。
そういえば最近チョウをあまり撮っていないかもしれない。
キチョウ
キチョウ EOS50D EF100mmMacroUSM
そっぽ向かれてしまった。
キチョウって、キタキチョウとキチョウ?に分かれたんだったっけ…?
なかなか情報を得づらい私にとってはそこのトコらへんがよくわからないが、とりあえず今回は旧称のままで。
イカリモンガ
イカリモンガ EOS50D EF100mmMacroUSM
イカリモンガが混じっていた。
新鮮な個体だと案外赤が濃いことに今更気づく。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2008.10.08 | Comments(3) | Trackback(0) | チョウ

ムツアカネ

霧ヶ峰から八ヶ岳を望む
霧ヶ峰から八ヶ岳を望む EOS5D EF17-40mmf4LUSM
久々にフリーの休みの日。
御覧の通り午前中は比較的天気がよかったものの、途中からは曇りとなり目的地に着くころには雨が降ってきてしまった。
天気運がよくないのは引き続き継続中らしく、9月の三連休以来まともに晴れた休みがない。
ムツアカネ
ムツアカネ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
masaさんの情報を頼りに"黒いアカトンボ"ことムツアカネだけは撮影できたけれど、さすがに曇りでは期待していたカットは無理。けれども、ようやく"らしい"シチュエーションでムツアカネに会うことができたのは嬉しい。
アオイトトンボ
アオイトトンボ EOS5D EF70-200mmf4LISUSM
アオイトトンボも雨宿り。
どうせ雨なら…とゲンゴロウ狙いに切り替えたがこちらも上手くいかず、大量のマツモムシとミズカマキリを見ただけに終わる。
来週こそはきっちりと秋晴れになって欲しいものだ。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2008.10.05 | Comments(0) | Trackback(0) | トンボ

オオヘリカメムシ

秋空
秋空 EOS5D Sigma15mmfisheye
ここ数日で朝夕はめっきり冷え込むようになり、少しずつ秋の先の季節を思うようになってきた。
既に多くの田では稲刈りも済み、車を走らせればはぜ("はさ木"とか"はさ"とも言う)が目立つ。
オオヘリカメムシ
オオヘリカメムシ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
林道の脇に生えたアザミにいくつかのオオヘリカメムシの姿を見つけた。
どの個体も新鮮で、ぱっとみでは別種ではないかと一瞬はっとするが、間違いなくオオヘリカメムシ。
近似種にミナミオオヘリカメムシという種類がいるが、あれは平地性とのことだ。
いつかは見てみたいと思う。
オオヘリカメムシ
オオヘリカメムシ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
オオヘリカメムシ自体はわりといつも見かけるのに、秋のこの季節に見かけるとなんだか感傷的な気分になってしまう。
渋い色合いといい、その存在感といい、この虫は案外秋を感じさせる何かを持っているのだろうか。
ん?
そういえば越冬中のオオヘリカメムシというのを聞いた記憶がない。
冬の間、その巨体をどこで休ませているのか、少し気になった。

リンクの追加
ゆうざん撮影記
リンク追加いたしました。
宮城のゆうざんさんのブログです。
先日の"オフ会のようなもの"(まだ言うか)でご一緒させていただきました。
環境調査系のお仕事をされているということで、その知識量と経験に基づく写真が素晴らしいですよ。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2008.10.03 | Comments(2) | Trackback(0) | カメムシ

«  | HOME |  »

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索