ハンノキカミキリ

ハンノキカミキリ
ハンノキカミキリ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
とある博物館の敷地内で、シラカバの樹皮を必死に齧っていたハンノキカミキリ。
ハンノキやヤシャブシ類にのみつくものかと思っていたので意外だった。
色彩、模様も美しく、図鑑類には大抵載っているので普通種…なんだろうか?
その割にはほとんど見ないような気がするのだけれど…。
大町市にて。

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.06.25 | Comments(2) | Trackback(0) | 甲虫

ヒオドシチョウ

谷筋
谷筋 GR-DigtallII
土曜日、VIEWさんと落ち合う前に、安曇野市のゼフィルスポイントへ寄ってみた。
ここもぽんぽこ山本さんに教えてもらったところである。
当日は晴れていたし場所も間違いない…ハズだったのだが、ゼフィルスの姿はまったく見られず。
時期的に端境期に当たっちゃったかなぁ。
ヒオドシチョウ
ヒオドシチョウ GR-DigitalII
あまり目ぼしいものはいなかったが、途中でヒオドシチョウに出会った。
春、越冬明けのヒオドシチョウはよく目にするが、その後短い活動期間を経て休眠に入ってしまうらしいため、完全な状態のヒオドシチョウというのはなかなかお目にかかれないと思う。
ヒオドシチョウ
ヒオドシチョウ EOS50D EF100mmMacroUSM 内蔵ストロボ
越冬明けの頃と比べるとしっとりとした質感で、橙色部の色と翅の縁の青も非常に濃く、ハッとするような美しさがある。越冬個体しか見たことのない人は、ぜひ一度その姿を拝んでみてほしい。
きっとヒオドシチョウに対するイメージが全く変わるだろうから。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.06.22 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

湿原のサラサヤンマ

湿原
湿原 EOS5D EF17-40mmf4LUSM
今日ははるばる千葉からやってきたVEIWさんと共に大町の某湿原へ。
VEIWさんの目的はハッチョウトンボ、私はそれに加えてアカシジミとウラナミアカシジミ。
前々からこの湿原にハッチョウトンボがいるとぽんぽこ山本さんに聞かされていたが、なんとなく足が向かないでいたので、今回の話には渡りに船とばかり飛びついたのだった。ちなみにアカシジミとウラナミアカシジミはデジタルに切り替えてから縁がなく、ボロでもいいから見れればOKと言うつもり。
いままで行ってないのになんだが、ココの湿原、かなりいい感じの雰囲気だった。
サラサヤンマ
サラサヤンマ EOS50D EF300mmf4LISUSM+kenko1.4x ストロボ
歩きだしてすぐ、少し離れた所に少し大きめのトンボの影。見たところヤンマ体形だがなんだか小さい。
今の時期…湿原の上…小ぶりな体…ホバリング…ってそれ、サラサ!!
サラサヤンマ
サラサヤンマ EOS50D EF300mmf4LISUSM+kenko1.4x ストロボ トリミング
サラサヤンマの登場で節操のない私はあっさり目的変更。
サラサにかなり集中したつもりだったが…もうちょっといろいろなパターンを撮っても良かったかな。
サラサヤンマ
サラサヤンマ EOS50D EF300mmf4LISUSM+kenko1.4x ストロボ トリミング
ちょうどいい時期に当たったのか意外といて、シオヤに次いで多かった…というぐらい。
一方、当初の目的だったハッチョウトンボはというと、これが全く駄目だった。2か所の湿原を回ってみたけれど、両方とも水がほとんどない。つい先日までは水がありました…というところもあったけれど、姿は確認できなかった。水がないからハッチョウトンボがいなかったとは限らないが、もし今年が水不足であるならば、幼虫期にあまり水が必要ないというサラサヤンマにとっては競争相手が減って、かえって好都合?
いや…でもまさかそんな…ねぇ?

とにかく今日は、アカシジミとウラナミアカシジミは気配すらしなかったし、ハッチョウトンボが見られず悔しそうだったVIEWさんには申し訳ないけれど、サラサヤンマを見られただけで個人的には十分。
やはり、動くとそれなりにつくもんはついてくるのかなぁと感じた一日だった。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.06.20 | Comments(6) | Trackback(0) | トンボ

ゴマフカミキリ

ゴマフカミキリ
ゴマフカミキリ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
本日の仕事帰りに見つけたゴマフカミキリ。
広場の隅に数本だけ置かれた伐材に集まっていた。樹種はエノキかな?
ゴマフカミキリ
ゴマフカミキリ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
この木もいずれドナドナの憂き目にあってしまうのかもしれないが、親虫にはそんなことは分からないだろう。しばらく置いてあるようなら、定期的に通ってみても面白いかも。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.06.19 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

シャチホコガ幼虫

シャチホコガ幼虫
シャチホコガ幼虫 EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
ここのところちょいと忙しいのでなかなか撮影時間が取れない。そこで、今日から車の中にカメラを常備しておくことにした。これなら仕事が終わった後、帰宅するまでの短い時間を有効活用できるかな。
今日は仕事が終わった後、会社から10分ほどのところにある公園へ。植栽のシナノキについていたのはシャチホコガの幼虫。これも10年ぶりぐらいに見るかなぁ。
シャチホコガ幼虫
シャチホコガ幼虫 EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
つんつんと刺激を与えると、ガバッと脚を開いて威嚇してきた。
ん~…エキセントリックな…。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.06.18 | Comments(0) | Trackback(0) |

スズメバチ クイーンズ

オオスズメバチ&コガタスズメバチ
スズメバチ&コガタスズメバチ? GR-digtalII
今週はなんのかんのでほぼフィールド歩きナシ。
今日の午後は池田蝶日記のシャクガさんの二人展を見に池田町へ。シンプルな会場で、ゆっくりと写真を見させていただいた他、たまたま来ていたとのことで少し一緒に歩かせていただいた。時間も遅く、少々暗かったので虫は少なかったが、それはそれ。またちゃんとした形でフィールド歩きできればいいかなぁ。
シャクガさんと別れた後、道端のクヌギにスズメバチの姿を見かけてちょっとだけ寄り道。たぶん20分もいなかったと思うが、その間にオオスズメ、コガタスズメ、キイロスズメ、チャイロスズメの各女王がかわるがわる訪れてきて面白かった。写真は飛来してきたコガタスズメQに威嚇をするオオスズメQ。女王は刺激しなければ刺すことはないから近づいてもそれほどの危険はない…とはいっても、やはり耳元で飛ばれるとちょっと怖い。
チャイロスズメバチ
チャイロスズメバチ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
全く同じ樹液でチャイロスズメ女王。時々見る働き蜂と比べると明らかにガタイが良く、一目でわかる。暗かったのでISO400まで増感してもSSは1/10、小刻みに動き続けるハチだけが微妙に被写体ブレを起こしている。
他の面子はシロテンハナムグリにクロオオアリ、クロクサアリ、それと多分ムナビロオオキスイ。
保育社の原色日本甲虫図鑑ではヨツボシオオキスイが普通、ムナビロオオキスイがやや少ないと書いてあるが、諏訪辺りではほぼムナビロオオキスイのみのような気がする。後輩Aに指摘されたが、ムナビロオオキスイはやや山地寄りの分布を示しているのではないだろうか。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.06.14 | Comments(0) | Trackback(0) | ハチ

トワダカワゲラの一種・幼虫

沢沿い
沢 GR-DigtalII
この土日はいつも通りいくつかの場所を梯子。
いつも通りと言っても、春から梅雨に入るあたりの時期というのはいつも身の振り方に困る。虫は一杯出ているのだけど、どうも一つに集中しようという気になれなくて、なんとなくやるせない気分のまま一日を無為に過ごしたことも一度や二度ではない。今年は幸いいくつかの情報を教えていただいたのと、キマルリなんかの昨年以前からの宿題をなんとかしようと思っているので、あまり退屈しないで済むかもしれない。

いつもいく渓谷の林道わきにある小さな流れ。なんとなくムカシトンボでも飛んでいそうな雰囲気だがどうだろう、と思って足を止めた。ムカシトンボはかつて裏高尾で一度見たのみだから、まだまだ自分の中では未知の昆虫だ。標本を見たことがあるから間違いなく諏訪にもいるはずだけど、いまいち時期が絞り込めなくて出会えていない。もちろんこのときも見つからなかったわけで…さてはて、待望のXデーはいつ来るのやら…。
トワダカワゲラの一種・幼虫
トワダカワゲラの一種・幼虫 EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
それでも運が良ければヤゴは見つかるかな?と、いくつか石をひっくりかえすとトワダカワゲラの幼虫が出てきた。大学卒業後、しばらくバイトしていたアセス会社で小耳に挟んだところによれば、ムカシトンボのヤゴとトワダカワゲラは一緒に採れることが多いらしい。…ってことは、今回は当たらずとも遠からずというところかなぁ。
実を言うと、いわゆる川虫の類はとことん苦手。嫌いなわけではないけれど、どうにも食指が動かなくていままでノータッチで来てしまっている。そんな中でこのトワダカワゲラというやつは、形も特徴的だし覚えやすい。確かこの辺のはミネトワダという種類だったかな…と家で資料を探してみたが、残念ながら見つからず。きちんと同定したわけではないし、今のところ我が家に詳しい資料はないから調べようもないのでsp.扱いにしておこう。あとは、忘れずに秋にもう一度来てみないと。
翅のないトワダカワゲラの成虫、やっぱり一度は見てみたい。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.06.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 川虫

ヨツボシトンボ

ヨツボシトンボ
ヨツボシトンボ EOS50D EF300mmf4LISUSM
昨夜はタイから一時帰国されたというカオヤイさんと、共通の知人を介して一杯。
写真の話に生き物の話と、楽しいひと時を過ごすことができた。
席を設けてくださった方に感謝をすると共に、縁って不思議なものだなぁと思う。
普段はあまり飲まない日本酒を飲んだが思ったほどは残らず、今朝は割とすっきりと起きることができた。日本酒を飲むと何かとやらかすし、次の日に残ることが多いから、こういうことは珍しい。
あ、でも飲み屋に携帯を忘れて取りに戻ったっけか。

今回はヨツボシトンボ。
先日のベッコウトンボと共に北方系のLibellula属に属するが、太短い体形と毛深い体からは、同属のベッコウトンボと比べても明らかに異質な感じを受ける。
新潟や長坂では沢山見たし、桶ヶ谷沼にもいたけれど、諏訪では散発的にしか見たことがない。
山の手のため池をきちんと探せば、たくさんいるところを見つけられるのだろうか。
ヨツボシトンボ
ヨツボシトンボ EOS50D EF300mmf4LISUSM
こういう写真を撮る場合、絞りを開放にして背景のボケの形を円形にするのが定石…らしいが、個人的には少し絞った多角形の方が好きだ。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.06.08 | Comments(4) | Trackback(0) | トンボ

ガの幼虫・2題@桶ヶ谷沼

タケカレハ幼虫
タケカレハ幼虫 EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
今日は桶ヶ谷沼で見た昆虫の中からガの幼虫を。
ベッコウトンボ用?に作られたトンボ池の脇で、アシについていたタケカレハの幼虫。
黄色でよく目立つし、大きくて貫録十分。
カレハガの仲間の幼虫は毒刺毛を持っているので、取り扱い注意。
毒を持っているからこんなところでゆったり出来ているのだろうか。
タケカレハ幼虫
タケカレハ幼虫 EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
正面がおは、モヒカンのアザラシ的(なんのこっちゃ)な雰囲気。
ちょっとぼのぼのっぽい。
イボタガ幼虫
イボタガ幼虫 EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
ネズミモチかトウネズミモチが花を咲かせていたので梢を見ていると、イボタガの幼虫がついていた。
最近までずっと見ていなかったのに、今年は随分イボタガづいてるなぁ。
イボタガ幼虫
イボタガ幼虫 EOS50D EF300mmf4LISUSM+kenko1.4xtelecon ストロボ
高かったので300mmにテレコンを繋いだ。
前後に2対ずつある触覚のような突起は何のためにあるのだろうか。
こういう奇抜な形の幼虫には、どうしても魅かれる。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.06.05 | Comments(2) | Trackback(0) |

ベッコウトンボ

桶ヶ谷沼
桶ヶ谷沼 GR-DigtalII
土曜、ムモンアカシジミ幼虫を撮影した後は、一路東海へ向かった。
当初は先に愛知を回る予定だったけれど、諸事情により静岡は磐田市へ。
着くころには夜の8時半を回っていたけれど、そこからnishimura君を呼び出し、小話。
久しぶりに会ったけれど、元気そうで何よりだった。
またよろしく>>nishimura君
翌日午前中は桶ヶ谷沼へ行ってベッコウトンボを探してみる。
ベッコウトンボ
ベッコウトンボ EOS50D EF300mmf4LISUSM
前日nishimura君より聞いた情報を頼りにポイントへ行くと、しばらくしてベッコウトンボの♂がやってきた。
いままでも気になっていたけれど、ハイシーズンがヒメギフと重なるということもあり今まで来られずにいたが、ようやくお目にかかれた。すでに老熟していて、鼈甲色というにはちょっと黒過ぎるが、これで来た甲斐があったと一安心。
来年あたり、鼈甲色のベッコウトンボが撮りたいなぁ。
ベッコウトンボ
ベッコウトンボ EOS50D EF300mmf4LISUSM
春先に出るトンボだけあって、日差しがないと降りてこない。
日が陰るとすぐに近くの梢へ上がっていくのが観察できた。
ショウジョウトンボ
ショウジョウトンボ EOS50D EF300mmf4LISUSM
この日もっとも多かったのがショウジョウトンボ。
羽化したばかりのものから、色づき始めたものまでいろいろだった。
ハラビロトンボ
ハラビロトンボ EOS50D EF300mmf4LISUSM
ショウジョウトンボと並んで多かったハラビロトンボ。
これは半成熟の♂で、これから成熟すると青くなる(コレも少し青くなり始めてるけど…)。
何故かこの黒い状態が好きで、よく考えてみたら青い♂はまだほとんど撮っていないかもしれない。
キイトトンボ
キイトトンボ EOS50D EF300mmf4LISUSM
キイトトンボ連結。そういえばコレも最近ご無沙汰だった。
手前に草が入ってほんわかムード。
ベニイトトンボ
ベニイトトンボ? EOS50D EF300mmf4LISUSM
よくわからないイトトンボ。
目が赤いし、背面に黒班ないし、おまけにこの色で連結して飛んでるし…。
やっぱりベニイトかなぁ…。
均翅亜目の同定は頭が痛い。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.06.03 | Comments(3) | Trackback(0) | トンボ

«  | HOME |  »

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索