もっかい行ってきます

エリキノイデスキララシジミ
エリキノイデスキララシジミ EOS50D EF100mmMacroUSM
バタバタしてて申し訳ありませんが、明日からもっかい行ってきます。
そんなわけで、今年の更新は今回をもって終了ッ!!とさせていただきます。
次の更新は年明けてからですね~。
ここんとこ少しトーンダウンしてましたが、来年からはちょっとだけ縛りを外してみようかと思ってます。

というわけで、毎年恒例のごあいさつ…。

今年一年、当ブログをご愛顧いただきまことにありがとうございました。
来年もまたふしあな日記、そして雑蟲堂本舗をよろしくお願い申し上げます。
それではみなさま、かなり早いですが…

よいお年を~。

スポンサーサイト

2009.12.23 | Comments(3) | Trackback(0) | 雑記

アワフキムシの一種

アワフキムシの一種
アワフキムシの一種 EOS50D EF35-90mm+gyoro-8 ストロボ トリミング
少し前(12/6)の写真から、アワフキムシを一題。
いつもこのくらいの時期になると、サクラの枝にこのアワフキの姿を見かける。
多分過去に一度は同定していると思うのだけれども、どうもその辺が詳しく思い出せない。
恐らくクロスジホソアワフキでいいと思うのだが、とりあえずはsp.でおとして置くことにする。
大抵はメスアカミドリシジミの越冬卵を探していると目に入ってくるのだが、その姿といい角度といいサクラの越冬芽によく似ていていつも感心していた。
ところが、ネットでクロスジホソアワフキを検索してみたところ、成虫は専ら針葉樹を寄主としているとのこと。
不思議な話だが、クロスジホソアワフキは、成虫と幼虫で寄主を転換する変わり者であるらしい。
試しに日本動物大百科を捲ってみたら、確かに同じ記述があって、どうやら見落としていたようだ。
アブラムシではこういう生態の話をきいたことがあったが、アワフキでもあるとは知らなかった。
どおりで夏場のサクラでこのアワフキを見かけないわけだ。
アワフキムシの一種
アワフキムシの一種 EOS50D EF100mmMacroLISUSM+kenko1.4xtelecon ストロボ2灯
この姿がサクラの越冬芽に見事にそっくり。
てっきりこの姿は越冬のためのスタイルなのかと思っていたが、秋~冬にかけてサクラに戻ってきた成虫は産卵して死んでしまうという。
以前、2月だか3月に気になって探してみたことがあったが、確かにその時は見つからずに面食らった覚えがあった。
ははぁ…なるほどね…。
身近なものでもまだまだ面白いものは眠っているものだなぁ。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.12.19 | Comments(0) | Trackback(0) | セミ・ヨコバイ類

空繭

ウスタビガの空繭
ウスタビガの空繭 EOS50D EF100mmMacroLISUSM
この週末は一応フィールドに出てみたが、あまり収穫なし。
冬の間は地道な探索が続くので、こういうことも少なくはない。
フユシャクを探していた雑木林で見つけたウスタビガの繭。
毎年見つけるとつい撮ってしまうが何度撮っても撮り飽きない。

新しい100マクロには手ぶれ補正がついているが、ちょっとブレてしまった。
私の腕が下手すぎるのか、今のところ劇的な効果は感じていない。
そもそも手ぶれ補正では被写体ブレは防げないし、基本に忠実に撮影するのが一番肝要なところなんだろうなぁ。
クスサンの空繭
クスサンの空繭 EOS50D EF100mmMacroLISUSM
クスサンの空繭もあちこちで目に付く。
鳥にでもやられたのだろうか、この繭の横には大きな穴が開いていた。
クスサンの蛹は大きいからさぞ食べごたえもあると思う。
一度茹でて食べてみたことがあるが、半茹でにするとクリーミーで甘かった。
虫独特の臭みもあったが、思ったほど感じなかったように思う。
こちらでは酒のつまみに蚕の蛹が出てくることがあるが、虫の臭みが強いので実を言うとあまり好きではない。
セミもバッタも食べてみたが、虫独特の臭みがある。
今まで食べた中で、唯一臭みを感じなかったのはタイワンタガメの筋肉だけ。
半分カビかけていたのは、たぶん関係ないと思うけど…。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.12.14 | Comments(0) | Trackback(0) |

コケオニグモ

コケオニグモ
コケオニグモ EOS50D EF35-90mm+gyoro-8 ストロボ
今年もフユシャク探索中にコケオニグモを見つけることができた。
今シーズンはこれで2匹目。
どういうわけか、この公園はコケオニグモにとっていい環境のようだ。
いや、コマダラウスバカゲロウの幼虫もたくさん見つかるし、地衣類を好む生き物にとって好適な環境ということかもしれない。
コケオニグモ
コケオニグモ EOS50D EF100mmMacroLISUSM ストロボ
発見したのは夜だったが、場所を覚えて昼間行ってみた。
なるほど…こりゃ見つからないわけだ…。
実に巧妙な擬態で、まともに探してもそう簡単には見つかりそうにない。
コケオニグモ
コケオニグモ EOS50D MP-E65mmMacro ストロボ2灯
しかし綺麗なクモだなぁ…。
脚のトゲなんか、作りものにしか見えない。
コケオニグモ
コケオニグモ EOS50D EF100mmMacroLISUSM ストロボ2灯
擬態の名手であるコケオニグモも、夜間となれば網を張って目立つところに出てくる。
この状態ならばとても見つけやすいので、夜間にフユシャクやクワガタを探す要領でやれば結構見つかるのかもしれない。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.12.09 | Comments(3) | Trackback(0) | クモ他 節足動物

霧氷

霧氷
霧氷 EOS5D EF17-40mmf4LUSM
土曜は早起きしてタカボッチ、鉢伏山へ。
午前中は持つという天気予報を信じて行ってみたけれど、ずっと霧の中だった。
霧氷
霧氷 EOS5D EF17-40mmf4LUSM
期待した風景とは違っていたが、霧に霞む霧氷の森というのも幻想的でいい。
霧氷
霧氷 EOS5D EF70-200mmf4LUSM
灌木にもびっしりと。
霧氷
霧氷 EOS5D EF70-200mmf4LUSM
霧が晴れると、全てが凍てついていた。
霧氷
霧氷 EOS5D EF70-200mmf4LUSM
木々に氷の花が咲く。
陳腐な言葉だが、この場合それ以上適切な表現が思い浮かばない。
霧氷
霧氷 EOS5D Sigma15mmfisheye
一瞬だけ垣間見えた青空。
数秒後には元の白い空に戻っていた。
霧氷
霧氷 EOS5D EF17-40mmf4LUSM
帰り道、路上に落ちた霧氷が描き出した、不思議な紋様。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

2009.12.06 | Comments(3) | Trackback(0) | 雑記

チマダラヒメヨコバイ

チマダラヒメヨコバイ
チマダラヒメヨコバイ EOS50D MP-E65mmMacro+kenko1.4xtelecon ストロボ
シミを探していたら転がり出てきたチマダラヒメヨコバイ。
体長3mm程の美しい種類だが、名前は「血斑」…。
綺麗なのにえらくスプラッタな名前が付けられたもんだねぇ、チミ。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.12.04 | Comments(2) | Trackback(0) | セミ・ヨコバイ類

シミの一種

シミの一種
シミの一種 EOS50D MP-E65mmMacro+kenko1.4xtelecon ストロボ
とある神社の境内、そこにあるスギの大木の根元にシミが住み着いているのに気付いたのはこの秋のこと。
夜なかに蛾を探して訪れたときに、ちょろちょろと動く小さな白い姿に目がとまった。
そういえばシミというのも縁がなかった虫だ。
家屋内に住む虫だとは聞くが今まで家で出会ったことはなかったし、かつて友人が「ウチにいたんだけどこれ何?」と言って持ってきてくれたものを一度見ただけにとどまっていた。
件の友人の家は千葉だったので、てっきり暖かい地域にしかいないものかなと思いこんでいたのだが、案外家の近くにもいるのだなぁ…しかも野外に…。
秋に見つけた時はとにかく動き回って撮影できなかったが、そろそろ気温も低くなってきて動きも鈍くなっているだろうと根元をホジホジすると、やっぱり出てきた。
しかし小さいなぁ…。体長約3mmである。
シミの一種
シミの一種 EOS50D MP-E65mmMacro+kenko1.4xtelecon ストロボ
シミは漢字で書くと"紙魚”、英名は"silver fish"。
洋の東西は違えど、イメージは同じ魚であるところが面白い。
体はびっしりと鱗片で覆われていて、これも魚を連想させるのに一役買ったのだと思う。
この個体は尾端の付属物が切れてしまっていたのが残念…。

それにしても、これも種類を特定するのが難しそう。
体長からして幼虫だと思うけれど、野外性とされるシミには該当種がないような…。
やはり成虫を探し出すしかないのかなぁ…。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.12.02 | Comments(3) | Trackback(0) | 無変態

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索