FC2ブログ

フタモンウバタマコメツキ

フタモンウバタマコメツキ
樹液にやってきたフタモンウバタマコメツキCryptalas larvatus。
活動中の姿を目にするのはこれまた初めてだ(灯火にやってきたものなら見たことがある)。
こうした大型のコメツキムシもまた、暖地を感じさせる要素の一つ。

2013年8月16日 奈良県 EOS7D EF100mmf2.8LMacroISUSM ストロボ(MT-24EX)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2013.08.28 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

シラホシハナムグリ

シラホシハナムグリ
生きている個体を野外で見るのは初めてだった。
ところ変われば、ということはいくらでもあるけれど、こいつにもそれは当てはまる。
贔屓目なのか、シロテンより渋くてかっこよく見えた。
バリエーションや美しさではシロテンの方が上なのかもしれないが…。

2013年8月16日 奈良県 EOS7D EF100mmf2.8LMacroISUSM ストロボ(MT-24EX)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2013.08.26 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

軍曹

コアシダカグモ
軍曹です。

アシダカグモかコアシダカグモか迷ったのだけど、とりあえずコアシダカっぽい気がする。
コアシダカグモは比較的よく見かける気がするのだが、アシダカグモはクロゴキブリ同様まず見かけない。
だから見て違和感がなければコアシダカ、あればアシダカとしているのだが、結局感覚的なもんなので確証に乏しい。
確実な区別点って、どこにあるのだろうか?

2013年8月16日 奈良県 EOS7D EF100mmf2.8LMacroISUSM ストロボ(MT-24EX)

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

2013.08.26 | Comments(2) | Trackback(0) | 虫以外の蟲とか

クロゴキブリ

クロゴキブリ
言わずと知れたクロゴキブリ。
地元だと寒すぎるのか、普段はまず見かけない。
最近はヤマトしか見ていないので、クロゴキとヤマトの違いってどうだったっけ?となるときがある。
うーん、いいんだか悪いんだか。

2013年8月16日 奈良県 EOS7D EF100mmf2.8LMacroISUSM ストロボ(MT-24EX)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2013.08.26 | Comments(0) | Trackback(0) | バッタ他直翅系

竹林

竹林
竹林という身近にあまりない風景。
全国的に見れば決して珍しくはないはずなのだが、普段触れていない人間にとってはこういう景色も新鮮に感じる。

2013年8月16日 奈良県 EOS7D EF17-40mmf4LUSM

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

2013.08.25 | Comments(2) | Trackback(0) | 風景

クマゼミ

クマゼミ
久方ぶりに西日本を訪ねたのは実はこのクマゼミCryptotympana facialisを撮影したかったからだった。
クマゼミを撮影するだけなら別にそこまで遠出しなくてもいいのだが、どうせだし後輩の顔も一緒に見に行こうと思い立ち、訪ねたわけだ。

いや、その前に。
割と寒い地域に住んでいる人間にとってクマゼミは憧れのセミである。
誰が何と言おうと、日本で一番デカいセミはクマゼミなのだ。

クマゼミの実物をちゃんと見るのは初めてだったが、その大きさといい存在感といい、確かに日本一な雰囲気があった。
クマゼミ
♂の声は近くで聞くとかなり大きい。
この写真を撮ったのは後輩宅の庭だが、こんなもんに朝から鳴かれたら確かにウルサイわな…。
すでに発生後期ということで体表面の微毛も落ち、翅も擦り切れているが、元気であった。
クマゼミ
近くに♀も寄ってきていた。


2013年8月16-17日 奈良県 EOS7D EF100mmf2.8LMacroISUSM ストロボ(SP270EXII)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2013.08.25 | Comments(0) | Trackback(0) | セミ・ヨコバイ類

ヨツボシオオキスイ

ヨツボシオオキスイ
樹液の常連とよく言われるヨツボシオオキスイHelota gemmata。
ここ数年見かけた記憶がなく、何とか撮っておきたい被写体の一つだった。
樹液にすっかり潜り込んでいたため汚れているが、なんとか翅の模様が見える。

普段のフィールドでよく見かけるムナビロオオキスイと似ているが、標本を並べてみると全く違うことが分かる。
ただ、現地であれ?どっちだっけ?となってしまうと、なんとも区別がしがたくなってしまって、いやはや。

2013年8月16日 奈良県橿原市 EOS7D EF100mmf2.8LMacroISUSM ストロボ

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2013.08.25 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

コオニユリ

コオニユリ
立ち姿が美しいので毎年カメラを向けてしまう。
毎回決まったパターンなのは、他に撮り方を知らないから(笑)。

2013年8月15日 長野県東御市 EOS7D EF100mmf2.8LMacroISUSM

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

2013.08.21 | Comments(0) | Trackback(1) | 植物

ベニヒカゲ

ベニヒカゲ
八ヶ岳でも浅間山系でもたくさん見かけたベニヒカゲErebia niphonica。
どうしたってこういうところが好きなのは、やはりヒカゲチョウだからということか。

2013年8月15日 長野県東御市 EOS7D EF100mmf2.8LMacroISUSM

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2013.08.21 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

ヒメセスジスカシバ

ヒメセスジスカシバ♂
盆休みの間はヒメセスジスカシバPennisetia hylaeiformis assimilisを求めて長野県内の高原を渡り歩いたが、さっぱり姿が見られず、昨年見られた場所での確認に留まった。
あと少し、というところまでは来ているはずなのだが、思うようにはいかないものだ。
ヒメセスジスカシバ♀
♀。
雌の触角が細いというよりは、♂の触角が幅広いと言った方が正しい。

2013年8月15日 長野県東御市 EOS7D EF100mmf2.8LMacroISUSM ストロボ(SP270EXII)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2013.08.21 | Comments(2) | Trackback(0) |

«  | HOME |  »

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索