夏後半

先々週の末から先週にかけて、またタイへ行っていた。
まぁその報告はひとまず置いておいて(4月分も終わってりゃしねぇ…)、帰ってきてからのフィールドなど。

8月の声が聞こえてきたのでムモンアカシジミを確認にいつもの場所へ。
下草にとまっている個体がいないかと林縁を歩いていると、ホソバセセリが飛び出してきた。
ホソバセセリ
ホソバセセリは南方系のチョウなので、諏訪で見られる場所は多くはない。
フィールドガイド日本のチョウで分布を見てみれば、やっぱりこの辺がギリギリである。
むしろ、諏訪より暖かいとされる北中信に分布していないことになっていたのは意外だった。
ホソバセセリ
ここは安定して毎年見られているが、その度にオッと思う存在だ。
ホソバセセリ好みの林縁の草地の雰囲気が分かるだろうか。

ホソバセセリを撮っていたら諏訪のHさんが長竿を携えてやってきた。
お互い考えることは同じらしい。
ムモンアカシジミ
しばらく探して姿が見当たらなかったのだが、Hさんが執念で一頭を梢からたたき出した。
何度か刺激していると草むらに降りてきたので激写ー。
このチョウ(とミドリシジミ)が見られるようになるともう夏も終わりだなぁと思う。

Hさんと分かれて次はヒメヒカゲ。
よく行く場所の近くではあるが、前回撮影に行ったのはもう何年前だろう。下手したら10年とか経っているだろうか。
記憶通りの場所にいてくれるはずと狙いの草むらへ。
ヒメヒカゲ♀
しばらく歩いていると足元からいくつかが飛び出してきた。
よかった、まだ健在らしい。
今年は発生が例年より早かったそうで汚損した個体が目立つ。
できるだけ綺麗な雌雄を狙う。
ヒメヒカゲ♂
♂。まだそこそこ綺麗なのがいる…が、少ない。
ヒメヒカゲ♀
♀は銀の縁取りがおしゃれ。
裏地のカフェオレ色といい、なぜこの種だけがエレガントなのか(北海道ならシロオビヒメヒカゲがいるけど)。
あるいは贔屓目ということもあるのかもしれぬ。

下山途中、道のすぐ脇にノリウツギが咲いていた。
みるとハナカミキリがたくさん来ていたのでどうせだし寄り道することにする。
ヨツスジハナカミキリ
おなじみヨツスジハナカミキリ。
フタスジハナカミキリ
意外と撮り忘れるフタスジハナカミキリ。
他にもマルガタハナカミキリやツヤケシハナカミキリ、オオヨツスジハナカミキリも飛んでいるところが見られた。

…と、やや大きめで真っ黒いカミキリが飛んできたのに気づく。
何だろう?変異個体?
キベリカタビロハナカミキリ
そいつはすぐ近くに飛んできて花の上にとまった。
げげげ、パキタ(キベリカタビロハナカミキリ)じゃん!ここにもいたの!?
半分パニックになりながら、何とかカメラに収めた。
実を言うとパキタを見たのはこれが初めて。
憧れと共に有名産地に撮りに行くのはなんだか癪でずっと放置してきた種だったが、まさかこんなとこにいるとは…。

最後のサプライズに意表を突かれつつ、夏の終わりはもうすぐそこ。

2016年7月 長野県岡谷市、塩尻市

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2016.07.26 | Comments(3) | Trackback(0) | 雑記

曲線美

マダラカマドウマ
クヌギの樹洞で脱皮していたマダラカマドウマ。
長い触角はまだ殻から抜けておらず、美しいカーブを描いている。
カマドウマ類は嫌われがちな生き物だが、実際には必要なところを発達させ、いらないところをバッサリとそぎ落とした実に機能美に満ち満ちた生き物ではないかと思う。

かなり大きい個体だったが、カマドウマの類は成虫・幼虫の区別が実に付けにくくて困る(笑)

2016年6月 山梨県韮崎市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2016.07.09 | Comments(0) | Trackback(0) | バッタ他直翅系

2016.4月タイ(その12) コガネギンスジミツオシジミCatapaecilma subochrea

Catapaecilma subochrea
コガネギンスジミツオシジミCatapaecilma subochrea。
一見キマルリに似ているが、どうもコノハシジミとかイラオタシジミに近そう。
時期が若干遅かったようだが、是非見てみたいものだった。
こういう日本にいない模様の生きものは、こうなんというかザワザワする。

2016年4月 Chaing Mai,THAILAND

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2016.07.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠征記

ムラサキシジミ

ムラサキシジミ
ゼフィルスを見ていたら視界に鮮烈な青。
一瞬なんだぁ?と思ったら、ムラサキシジミが翅を開いていた。
ムラサキシジミ自体は年に0~2回程度見ることがあるが、これまではいつ見ても羽を閉じている姿ばかりでどうもパッとしなかった。
今回はどうしたことか、何度もバッチリ翅を開いてくれたので、ゼフィルスそっちのけでの撮影…。
ただ、翅を開く度にアブやらハチやらのちょっかいが入り、結局まともに撮れたのはこの一回だけだった。

ムラサキシジミが当地に定着しているかどうかはよく分からないが、越冬明けの個体を見ることがまずないことから個人的には定着と言えるほど安定して発生はしていないだろう…と考えている。

2016年6月 長野県諏訪市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2016.07.06 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

ラクダムシ

ラクダムシ♀
自宅玄関に飛来したラクダムシ。
長い産卵管が目立つので♀だろう。
全く見ないわけではないが、見てもせいぜい年に1、2回と言ったところか。
とりたてて話題になることもないが、時々この虫が何故ラクダなのか不思議に思う。

2016年6月 長野県諏訪郡

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2016.07.04 | Comments(0) | Trackback(0) | ラクダムシ

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索