クロクサアリ

クロクサアリ
4/18、夜に時間があったので自宅近くのクロクサアリLasius cf. fuliginosusの巣の様子を見に行く。
以前コロニーを作っていた巨木が最近倒れてしまったので心配していたのだが、なんとかコロニー自体は存続しているようだ。
もう一本、対になっているような巨木もあったのだが、こちらも枯れ始めていて、なんだかさみしい気がする。
余談だが、この木には「みづなら」なる樹名板が掲げてあるのだが、個人的には違うように思っていた。
巨大すぎて葉を確認していないのだが、予想が正しければナラガシワの可能性があるように思う。
よく分からないが、諏訪地方各地の神社にはポツリポツリとナラガシワが生えている。
山に自生している感じはしないのだが、何かしら儀式的なものがあるのだろうか。
クロツヤクサアリハネカクシ
クロクサアリの行列に交じって歩いていたクロツヤクサアリハネカクシPella comes。
シナノセスジエンマムシ
何度か姿を見ながら撮影できていなかったシナノセスジエンマムシOnthophilus silvae。
独特の彫刻が面白いが、現物は小さい。
シミの一種
巣や行列の周りを多数うろついていたシミの一種Lepisma sp.。
特に好蟻性とも思えないけれど、クロクサアリ集団の周囲が彼らにとって暮らしやすいのかもしれない。
この日観察した中で、クロクサアリを除けばこのシミが一番多かった。
正中線上に一本の毛が認められる、頭部先端が直線的などの特徴からセイヨウシミLepisma saccharinaかなぁと思うけれど…。

2013年4月18日 長野県諏訪郡 EOS7D MP-E65mmf2.8Macro ストロボ(MT-24EX) トリミング

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2013.04.21 | Comments(0) | Trackback(0) | 好蟻性の蟲

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索