シュモクバエの一種

シュモクバエの一種

シュモクバエの一種。
乾燥したところにはおらず、多少なりとも湿り気のあるところでしか見られない。
以前キャメロンハイランドで見た種よりも小さく(あちらで見られたのは複数種の気がするが)体長は5mmあるかないかだろうか。

シュモクバエの飛翔は非常にゆっくりで、他の双翅目でいうならほぼホバリングに近いようなスピードである。
何故そんな速度でしか飛ばないのか、何かしら理由があるはずだが、今のところは思い当たらない。
そして、何故毎回その姿を撮ってこなかったのかと自責の念に駆られるのもまた然り。

とまれ、よく知られたこの珍妙な蟲を見かけると、自分が熱帯にいるのだということを強く感じるのである。

2013年12月24日 Langkawi IS.,Malaysia EOS7D MP-E65mmf2.8Macro ストロボ(MT-24EX)

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2014.01.18 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠征記

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索