Tajuria cippus

Tajuria cippus
道中思いがけず見られたヤドリギツバメTajuria cippus。
和名の通り、この仲間はヤドリギの仲間を食樹とするグループとのこと。
以前からTajuriaという名だけは聞いていたが、実物を拝んだのは初めて。
T.cippusは最も普通に見られる種とのことだが、そもそもヤドリギを食樹としているこの仲間が低いところまで降りてくることはそう多くはないらしい。
Tajuria cippus
翅の破れた部分から見える空色が美しい。
テリトリーを張るときには翅を開くらしいので、いつかは見てみたいもの。
Tajuria cippus
複数個体が見られたのでこれは食樹が近くにあるに違いないと探すと、あっさりと見つかった。
ここは海岸沿いで木が低く、胸ほどの高さから少し見上げる程度の高さにヤドリギが着生していたため、探索しやすかった。
新芽にはすでに孵化した卵殻や、卵がベタベタと産み付けられていた。
Tajuria cippus
新芽にいた若齢幼虫。
Tajuria cippus
中齢幼虫と思われる個体(模様が違うので同種かどうかわからないけど)。
私が見つけられたのは先の若齢幼虫一匹のみだったが、同行のze_phさんらが探すと次々と幼虫を見つけ出した。
改めて自分の目がふしあなだなぁと思い知る(笑)。
Tajuria cippus
巨大な終齢幼虫。
ヤドリギの花
幼虫がついていなかったヤドリギには花が咲いていた。
葉の様子も違ったので別種なのかもしれない。
普段はヤドリギの花というのもなかなか見られない気がするが、これはこれで綺麗な花。

2013年12月29-31日 Dayang Bunting Is.,Malaysia
EOS7D EF100mmf2.8LMacroISUSM,SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ストロボ(SP270EXII)

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2014.02.24 | Comments(2) | Trackback(0) | 遠征記

コメント

cippusの幼虫、齢を重ねるごとに擬態のモデルを変化させていくところが凄いですね。終齢はPapilio若齢と同じ鳥の糞に
似せているのには唸ります。なお、蛹は枝の節くれに擬態させている絵を
図鑑で見たことがあります。これも撮れたらよかったですね!

2014-02-25 火 21:40:44 | URL | fanseab #pif2E0t. [ 編集]

Re: タイトルなし

>>fanseabさん
実は蛹の殻も見つけていたのですが、写真を撮るのを忘れていました…。
中身入りがいれば間違いなく撮っていたと思うのですが。
反省です。

2014-02-26 水 21:48:07 | URL | spatica #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索