トゲアリスアブ

クリンソウ
6/14、後輩O君がやってきた。
しばらく一緒に写真でも撮ろうかということで、少し時期は過ぎているだろうけどといつものクリンソウの場所へ案内する。
やっぱり時期は少し過ぎていたが、なにより人が来ないところなのでじっくりと撮影できるのが良いだろう。
エンマムシの一種
クリンソウの近くにはシカの死骸なんかがゴロッとしているので、わーいとひっくり返すが、面白いものは見つからず。
ちょっと大きめのエンマムシがいたので撮影。
でも種類が分からないなぁ。
トゲアリスアブ
少し開けたところの地面すれすれを金色のまるっこいのが飛び回っている。
とまったところをみるとアリスアブ、ということはキンアリスかなぁと思ったのだが、これがいつものものよりなんだか大きく感じる。
トゲアリスアブ
落ち着きがなく、飛んでは少しとまり、また飛んではすこしとまり…というのをひたすら繰り返していたが、なんとか姿が分かるぐらいには撮影できた。
家に帰ってから調べてみると、やはり未見のトゲアリスアブという種類だったようだ。
行動も記述とピタリ一致。
となると、あの空き地にいたのはハヤシクロヤマアリだったということか。
キンアリス?
こちらは別の場所で撮影したキンっぽい人。
腿節の毛が黒いとトゲ、金色っぽいならキン(コマチ?)のようである。

ん、そういえば今年もミヤマは見に行けなかったか。
いつになったら亜高山帯の妖精に会いに行けるのやら。

2015年6月14日(最後のみ6/6) 長野県諏訪郡
EOS7Dmk2 EF100mmf2.8LMacroISUSM,ストロボ(MT-24EX)

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2015.07.10 | Comments(0) | Trackback(0) | ハエ・カ・アブ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索