オオアオカミキリ

オオアオカミキリ
前回のアカエゾ詣でのあとは午後がぽっかりと空いた。
折角木曽まで来たのだからと足を延ばし、以前見たオオアオカミキリのポイントを訪ねてみることにする。
本種が集まるのはクルミ類の衰弱木というが、集まっていた木は何故か相変わらず元気で、もちろんオオアオカミキリも当然のように集まっていたのであった。
オオアオカミキリ
♀が少ないらしく、♂はひっきりなしに樹幹を駆け回り、小競り合いを繰り返している。
オオアオカミキリ
♂同士のケンカは結構激しく、木から落とされたりすることも。
オオアオカミキリ
運よく他の♂に干渉されない状況になれば静かにもなる。
かつて、書籍の中でしかその姿を見たことがなかった頃は、本種は晩夏の夕刻に静かに姿を現すミステリアスな存在であった。
が、現実を見ると、運動会があまりにも激しすぎてなんだかビミョーな気分にもなるのである。
個人的にはもうちょっと憂いを湛えたような立ち居振る舞いが欲しいのだが…それも勝手な妄想に過ぎず、本人たちには何ら関係はあるまい。
オオアオカミキリ
とはいえ、大型で壮麗なとびきりの美種であることは疑いようもない。
捕まえた時のあの香りを思い出して良い気分になるのも他の虫では考えられないことだろう。
夏の終わりの使者にふと会いたくなるのは、そんな香りが鼻腔に漂ったような感覚を覚えたときなのである。

8.Aug.2015
長野県木曽地方

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2015.09.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索