もんがー

イカリモンガ
ヒメギフチョウを追いかけている間に見かけるイカリモンガ。
割とよいシーン!と思ったのに、翅が欠けている個体で残念…。
色々な機会に見かけるが、特によく目に留まるのは春先のこのシーズンと、秋口のキクに来ているときである。
昼行性のガとしては良く知られているが、顧みられることは多くない。
そのオレンジ模様を碇の紋に見立てて“碇紋蛾”の名があるが、割と真面目に「怒り"モンガー″のモンガーって何だろう?」と思っていた時期があったということは秘密である。
イカリモンガ
別の場所ではサクラの花にも来ていた。実に華やか。

2016年4月23日 長野県
EOS7DMarkII
EF100mmF2.8MacroLISUSM
SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
ストロボ(SP270EXII)

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2016.04.24 | Comments(0) | Trackback(0) |

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索