ムカシトンボとコケイラン

ムカシトンボ羽化殻
ムカシトンボの羽化殻。
今年こそ羽化シーンをと思っていたのだが、例年より早い5/12に出かけた際には既に成虫が上空を飛んでいる状態で出遅れた感じ。
もともと羽化殻すら見つけたことがなかったのでこんな場所で羽化するというノウハウもまだ足りない。
何度か通ってようやく羽化殻を一つ見つけられたのだった。
ムカシトンボ羽化殻
手強い…。
ムカシトンボ
成虫もなかなか姿を捉えられなかったが、夕方になると沢の淵状になったところでホバリングするのはこれまでの観察通り。
この行動は産卵している雌を確保するためのものだろうが条件があるのか、あるいは発生後期に見られる行動なのか、ある時期までは見られないように感じた。
ムカシトンボ
産卵。
コケイラン
ムカシトンボの飛ぶ沢沿いで見かけたラン。
コケイラン
調べてみるとコケイランというらしい。
珍しいものではなさそうだが、ご多分に漏れずこの種も最近は減っているようだ。
いつまでも見られるといいのだが。

2016年5月18-26日 長野県茅野市

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2016.05.31 | Comments(0) | Trackback(0) | トンボ

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索