早春の水辺で

水たまり
山間の谷間にある小さな水たまり。
ヤマアカガエルの卵
そろそろかなと覗き込んでみれば、やっぱりあったヤマアカガエルの卵塊。
早いものは既に発生が進んでいて胚が動き始めているものもあった。
ホソフタモンメダカハネカクシ
カエルの卵を見ていたら、足元を動き回る小さな姿に気が付いた。
たくさんいたのはホソフタモンメダカハネカクシ。
ちょこまか動くので相性の良い個体を探して撮影した方が楽だった。
メダカハネカクシの仲間にはトビムシを捕食するものがいて、その捕食方法がヤゴみたいに下唇を伸ばして獲物を捕らえるというのだから驚きだ。
今回の観察では見ることはできなかったけれど、いつか撮ってみたいと思う瞬間である。
ホソメダカナガカメムシ
もっと小さな姿はホソメダカナガカメムシ。
体調は3mm程と大変小さなカメムシだが模様はなかなか個性的。
水辺にあった小さなスゲ類を寄主としているのだろう。
目には見えにくいけれど、小さな春はだんだんと動き始めてきた。
梅の花はだいぶ咲いてきたし、桜の花ももうすぐ本格的に咲き始めることだろう。

2017年4月 長野県諏訪郡

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.04.14 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索