海辺の斑猫たち

イカリモンハンミョウ
少し前の話になるが、海岸のハンミョウを見たくて石川県某所へ。
前回のシロスジコガネはその時の副産物。
一番の目的は、近場では石川県のみに分布するというイカリモンハンミョウ。
昨年は時期が遅くて見ることができなかったが、今年は何とか間に合った。
話には聞いていたが、イカリモンハンミョウはまさしく波打ち際のハンミョウであった。
イカリモンハンミョウ
イカリモンハンミョウの♂。
脚が大変に長く、まるでクモのような体型をしている。
それにしても模様が美しいハンミョウだ。
イカリモンハンミョウ
こちらはイカリモンハンミョウの♀。
♂と比べると少しずんぐりとしている。
イカリモンハンミョウ
どの個体も大体波打ち際ぎりぎりを行ったり来たりしながら、時々砂の中を探っては何かを引きずり出して食べていた。
これは少しわかりにくいが膜翅目だろうか。
イカリモンハンミョウ
こちらはどうやらミズムシ(半翅目)の類をもっしゃもっしゃ。
イカリモンハンミョウの主食はハマトビムシとも聞いていたが、どうやらスカベンジャー的な性格も持っているようだ。
漂着物を利用できる砂浜なら理に適っているのではないだろうか。
ハマトビムシ
ハマトビムシの仲間はこんな陸生?のヨコエビ類。
漂着物の下などにウジャウジャといる。
イカリモンハンミョウ
砂浜ウロウロ。
イカリモンハンミョウ
漂着物の間もうろうろ。

ハラビロハンミョウ
波打ち際で見られるハンミョウはイカリモンだが、流れ込みの少し上流に行くとハラビロハンミョウが姿を見せる。
エリザハンミョウ
ここのハンミョウで一番小さいのがエリザハンミョウ。
コハンミョウ
見慣れないハンミョウがいたので面食らったが、コハンミョウではないだろうか。
出会う機会がほとんどないので頭から種名がすっぽ抜けている。
穴
少ししまった砂地には大小さまざまな穴が。
一番大きなものはスナガニだが、その周りの小さな穴はハンミョウ類のものだろうとアタリを付けた。
ハンミョウ一種の幼虫
待っていると幼虫が顔を出した。
ハンミョウ一種の幼虫
見慣れたナミハンミョウと比べると随分と剛毛が目立つ。
砂地に生息するためなのだろうか。
種名は…採集はしなかったのでわからない。
確定するには育てないと無理だろうねぇ。

2017年7月 石川県

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.08.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索