ヤスマツトビナナフシ

yasumatutobinanafushi
ヤスマツトビナナフシ EOS5D Sigma15mmfisheye+kenko1.4xtelecon ストロボ
昨晩はウスタビガを求めて夜中走り回ってみたのだが収穫なし。昨晩はこの秋一番の冷え込みだったらしく、電光掲示板の温度表示は3℃。流石のウスタビガもこの気温ではやる気をなくしてしまったのだろうか。
明けて今日は半日ほどフィールドを回ることができた。いまだに空白の時期に失った季節感を取り戻すことはできず、なかなか思うような結果は出ない。そんななか、久しぶりにトビナナフシに会えたのは嬉しかった。種類を調べてみたらヤスマツトビナナフシであるらしい。トビナナフシは何故か秋が深まると木を降りて来るような気がする。以前神奈川の某緑地で一日に数十頭のトビナナフシに会って驚いたことがあった。そのときはなんと♂も見つけてしまい(本州以北では♂は珍しい)、ちょっとした狂喜乱舞状態であったことを思い出す。
そういえばナナフシ類は卵の形状が種類ごとに異なり、その彫刻もまた面白いものがある。温帯では基本的に単為生殖を行う彼らのことだから採卵も楽勝。今日会った個体も腹部が膨れていてまだまだ産卵をすることは確実だったはずだ。卵だけでも見ておきたいなんて思ってもいまさら後の祭り。また次に会う機会に期待するしかなさそうである。

スポンサーサイト

2007.10.21 | Comments(5) | Trackback(0) | バッタ他直翅系

コメント

今年は一度

私も今年は一度だけシラキトビナナフシを見ることが出来ました。
卵はおっしゃるとおり、是非見てみたいですね。

2007-10-22 月 01:53:35 | URL | タロ #ZH4/D1WU [ 編集]

雄ですと!

雄を見てみたい!
話は変わって・・・ヤスマス嬢の卵だったら有るよ! 
暇な時にカメラを持って遊びに来て下さい。

2007-10-22 月 16:51:50 | URL | ぽんぽこ山本 #- [ 編集]

>>タロさん
シラキは比較的高標高を好む種類のようですね。たぶんまだ見たことがありません。写真で見ると背中の茶色いスジがいいですねぇ。
>>ぽんぽこ山本さん
なんと、ナナフシも飼育されておりましたか!!さすが飼育屋ですね!!今度パソコン話しがてらお伺いしたいと思います。
トビナナのオスですが、フィルムで撮影してあるのでアップするのは厳しいかもしれません。一応フラットベッドのスキャナーはあるのですが、どうも本格的に使うには力不足のようです。

2007-10-24 水 00:25:35 | URL | spatica #- [ 編集]

トビナナフシ

ヤスマツトビナナフシは面白い昆虫ですね。
多分、今まで見たことの無いものだと思います。
よく見つけましたね。
素晴らしい。

2007-10-29 月 19:25:58 | URL | 虫林 #GCA3nAmE [ 編集]

>>虫林さん
トビナナフシはこれからの時期に木から下りてきて見つけやすくなります。紅葉した森の中では緑の体は帰って目立ちますので意識していればすぐにみつかると思いますよ。夏にオオムラサキやシロスジカミキリなどがいるような環境が目安ですね。

2007-10-29 月 23:07:28 | URL | spatica #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索