fc2ブログ

霧ヶ峰と北杜市をウロウロ

ミズチドリ
ミズチドリ? EOS5D EF17-40mmf4LUSM
Sくん案内二日目、午前中は霧ヶ峰へと行った。
自宅から割と近いのだが、人が多いので普段はあまり寄りつかない。
ここではアサマシジミでも見てもらおうと思っていたのだが、結果的にはアサマシジミは見つからなかった。
時期が悪かったのか、あるいは普段の行いが悪いのかわからないが、例年であれば時期はジャストのはず。
今年はちょっとズレ気味なんだろうか。
コヒョウモンモドキ
コヒョウモンモドキ EOS5D EF100mmMacroUSM
アサマシジミは見つからなかったけれど、Sくん的には普段見られないものが多かったようで楽しんでいただけたみたいだ。
例年よりチョウの数は少ない気がしたが、それでもヒョウモン類はちょこちょこと姿を見せた。
自分も久しぶりにコヒョウモンモドキにレンズを向けてみた。
ウラジャノメ
ウラジャノメ EOS5D EF100mmMacroUSM
シシウドで吸蜜するウラジャノメ。
ウラジャノメはてっきり花には来ないと思っていたのだが、単なる思い込みだったのかもしれない。
時期もそろそろ終わりなのか、ずいぶんと擦れていた。
イブキスズメ幼虫
イブキスズメ幼虫 EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
遊歩道脇のカワラマツバにいたイブキスズメ幼虫。
この日の虫の中でSくんのツボに最もハマったらしく、盛んに素晴らしいと連呼しながら撮影していた。
写真に撮るにはヤナギランの花穂にいてくれる方が絵になるのだが、まあそんなことを言わなくても十分にインパクトは強い。
イブキスズメの幼虫は決して珍しいものではないが、その割に成虫にはなぜかお目にかかれないのが不思議。
私は未だに成虫を見たことがなく、図鑑を見て溜息をつくのが精いっぱいである。
イブキスズメ幼虫
イブキスズメ幼虫 EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
頭部は独特の質感で特徴的。
見ているとなぜかバイオハザード2のリッカーを連想してしまう。
台場クヌギ的な林
台場クヌギ的な林 EOS5D EF17-40mmf4LUSM
午後は霧ヶ峰から移動し、北杜市の台場クヌギ的な林へ。
クヌギの樹液に来ているオオムラサキを見たいというのが彼の要望であったが、最近はこの辺の新規開拓をしていないので、既知産地を見回ったのみ。
昔から通っている場所はどこも個体数が大幅に減っていて、この日も二ケタに届くかどうかという個体数しか見られなかった。
まだ個体数の多い産地はどこかにありそうなので、いずれ時間をかけて歩く必要がありそうだ。
オオムラサキ
オオムラサキ EOS5D EF100mmMacroUSM ストロボ
写真を撮れたオオムラサキはボロボロの個体だった。
ここまでボロになっていると、これはこれで悪くないかもしれない。
懸命に生きているのだから、こちらはそれを正直に撮ってやるだけでいいと思ふ。
樹液に集まる虫
樹液に集まる虫たち EOS5D EF17-40mmf4LUSM ストロボ
S君を見送った後、夕暮の樹液を再び訪ねてみた。
オオスズメバチはすでにおらず、かわりにいたのはカブトムシ。
やがてオオムラサキもやってきて、昼と夜の狭間の時間を楽しむことができた。

関連記事
スポンサーサイト



2008.07.25 | Comments(1) | Trackback(0) | プチ遠征

コメント

>>masaさん
お久しぶりです。お元気ですか?
アサマが今週見られた、しかもオスばかりということは、きっと発生直前だったんでしょうね。また機会を改めて行ってみます。
樹液の出が悪いのは北杜だけではなくて、諏訪も同じような気がしています。7月に入ってから雨が少なかったのが影響しているのでしょうか?昨日今日と盛大に降りましたから、今週末は期待したいですね。

2008-07-28 月 19:11:31 | URL | spatica #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索