fc2ブログ

ヒメタイコウチ

生息地
生息地 EOS50D Sigma17-70mmf2.8-4.5
引き続き静岡プチ遠征から。
浜辺でヤマトマダラバッタを撮影した後、学生時代からの友人であるするがの虫日記のサカイくんに案内してもらって本命のヒメタイコウチの生息地を訪ねた。
案内されたのは何の変哲もない田圃の脇。
こういう場所に生息するとは聞いていたが、本当にそうらしい。
最初は用水路を探してみたが見つからず、この写真の左側(写っていないけど)の奥にある湿地に分け入って探すことになった。
ヒメタイコウチ
ヒメタイコウチ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
湿地の草をかき分け探すことしばし。サカイくんが一匹見つける。
思った以上に素早く歩き、すぐに見失ってしまいそうになる。
ヒメタイコウチ
ヒメタイコウチ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
姿の良く見える場所に引っ張り出してみた。
が、地味。
ひたすら地味。
でも大型水生半翅好きとしては嬉しい。
ヒメタイコウチ
ヒメタイコウチ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ2灯
刺激を与えると擬死姿勢をとって動かなくなる。
こうなってしまうと見事に枯れ葉に紛れてしまって見つけるのは大変。
ヒメタイコウチ
ヒメタイコウチ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ
さらにこんな個体も。
飛翔出来ないということもあり翅を開かないからか、背中には見事にコケが生えている。
動いていたから発見できたものの、そうでなければ見つけられないだろう。
ヒメタイコウチ
ヒメタイコウチ EOS50D EF100mmMacroUSM ストロボ2灯
普段は好んで水に入ることはないらしいが、自らの姿が確認しづらくなるということを知っているのだろうか、逃げ出すと水に入りたがる。陸性が強いとはいえ、水辺から離れることができないものの性なのだろう。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2009.09.30 | Comments(2) | Trackback(0) | カメムシ

コメント

なるほど。
水棲昆虫のくせに尾が短いな~と思っていたら・・・
水が苦手な水棲昆虫だったんですね(笑

是非一度会ってみたいものです。
水棲亀虫ブリーダー?の真神ゆさんの方が会いたがるかも。

2009-09-30 水 21:37:33 | URL | 一寸野虫 #BKGD11fg [ 編集]

>>一寸野虫さん
そうらしいです。
場合によっては溺れてしまうこともあるとか…。
今回は分布の端だったので個体数は少なめでした。
分布の中心地で探せばもっと高密度のところがあると思います。

2009-10-01 木 18:23:35 | URL | spatica #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索