fc2ブログ

Vietnam again!(その4)

ヒューイットソンキララシジミ
ヒューイットソンキララシジミ GR-DigitalII
12月27日、Damburi3日目。
この日も朝は二手に別れることになり、私だけがヒューイットソンポイントへ入ることになった。
毎度の如く茶畑に朝日が入り込むのを待ち、キララを狙う。


ヒューイットソンキララシジミ
ヒューイットソンキララシジミ EOS50D EF100mmMacroLISUSM
朝日を浴びるヒューイットソン。
決して数は多くないが、一人で撮るには十分すぎる。
ヒューイットソンキララシジミ
ヒューイットソンキララシジミ GR-DigtalII
スレた個体なのが残念だが、澄んだ青空と茶畑をバックに入れられたお気に入りの一枚。
有能?な助手
有能?な助手 GR-DigtalII
ヒューイットソンを撮影していたら、近所の子供に絡まれた。
右の子がやたらと「Hello!」を繰り返して押しかけてきたイフィー君。
左の子は兄弟らしいが、ちょっと引っ込み思案?あまり話してくれなかった。
最初は私のザックを背負ってチョコチョコとついてきたが、そのうち腕時計をしたそうにしていたので貸してやったらご満悦。
ただし別れ際に借りパクされそうになったので慌てて取り返した(笑)。
Delias agostina
Delias agostina EOS50D EF300mmf4LISUSM ストロボ
Delias agostinaの産卵。
いかにも産卵したそうに飛んでいることはよくあるが、実際に産卵に至ることはほとんどないように感じる。
卵は綺麗に列になっているが一度に産むのではなくて、一卵ごとに腹を下げて間欠的に産卵していた。
Celastrinaさんに話すと「その間に受精させているのでは?」とのこと。
マダラガの一種
マダラガの一種 EOS50D EF100mmMacroLISUSM ストロボ
やたらと派手だったガの仲間。
マダラガの類だろうか。

10:00近くなったところで皆に合流するため移動。
前日にE.whiteheadiが出てきたあたりがよさそうなので相変わらずウロウロ。
Athyma nefte♀
Athyma nefte♀ EOS50D EF100mmMacroLISUSM 内蔵ストロボ
なんかえらいゴツいキンミスジだなぁ…と思って撮影したのだが、宿へ戻って確認するとびっくり。
前日に撮影したAthyma nefteの♀だった。
ちなみに♂はこちら
ここまでやられると同種とか別種とかわけ分からなくなる。
Lebadea martha♂
Lebadea martha♂ EOS50D EF100mmMacroLISUSM 内蔵ストロボ
林道に出てきたLebadea marthaの♂。
なんか熱帯っぽい雰囲気を醸し出している種。
そしてなんかヤママユっぽいとも言えなくもない。
Abisara neophron
Abisara neophron GR-DigtalII
そろそろお馴染み、Abisara neophron。
昨年撮れなかったせいか、いるとついカメラを向けてしまう。
Euthalia monina♂
Euthalia monina♂ EOS50D EF300mmf4LISUSM
地味目Euthalia、monina。
いやむしろ、Euthaliaって全体的に地味な気が…。
ハムシの一種
ハムシの一種 EOS50D EF100mmMacroLISUSM ストロボ
テントウムシ擬態のハムシ。
大きさ、形共に完璧。
わずかに覗く触角と食痕がなければハムシだと思わなかった…というか、今でも半信半疑。
実は触角の長い植食性のテントウムシだとかは…ないだろうなぁ。
Ticherra acte♀
Ticherra acte♀ EOS50D EF300mmf4LISUSM トリミング
Ticherra acte♀が表チラ見せ。
Lethe verma
Lethe verma EF100mmMacroLISUSM ストロボ
シロオビヒカゲの近縁種Lethe verma。
ヒカゲチョウとしては凄く綺麗な種類ですねぇ。
Tagiades parra
Tagiades parra EOS50D EF100mmMacroLISUSM ストロボ
シロシタセセリの仲間Tagiades parra。
素晴らしくシックで上品だと思う。
イチモンジ系やキマダラ系のセセリは食指が動かないけれど、シロシタセセリなんかの仲間はあまり見たことがないので新鮮に感じる。
トゲハムシの一種
トゲハムシの一種 EOS50D EF100mmMacroLISUSM ストロボ
ちんまい甲虫も一応チェック。
さりげなく良い色してます。
パルダリスオオイナズマ♂
パルダリスオオイナズマ♂ GR-digitalII
この日の個人的な大物はパルダリスオオイナズマの♂。
ze_phさんがコケムシイナズマに遭遇した直後、林道の地面スレスレを音もなく滑空してきたときの姿は今思い出してもゾクッとする。
パルダリスオオイナズマ♂

パルダリスオオイナズマ♂ EOS50D EF100mmMacroLISUSM ストロボ
翅表は例によっての方が派手なわけですが…。
でも♂もよいですな。
裏面の色は特に日本のものにはないような、どぎつい色だと思う。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2010.01.18 | Comments(2) | Trackback(0) | 遠征記

コメント

ヴェトナムの蝶

またまた、綺麗な蝶の画像を 沢山楽しませていただきました、次を待っています。

2010-01-19 火 12:04:33 | URL | アラムシャ #w3tJ/Jag [ 編集]

>>アラムシャさん
更新が遅れ気味ですみません…。
もうしばらく続く予定ですので、少々お待ち下さい。

2010-01-20 水 22:20:22 | URL | spatica #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索