fc2ブログ

ミヤマシロチョウ

7/18は原村ミヤマシロチョウの会の観察会へ。
ミヤマシロチョウは12年ほど前に一度だけ見たことがあるが、それ以来さっぱり。
下道でせいぜい一時間弱で生息地という場所に住んでいながらこれまで撮影していなかったのは、ゼフィルスの時期と被るということもあるがそれ以上にアブが多いのに臆してしまっていたからだった。
今回は冬の観察会からの流れに乗って、そのまま撮影してしまおうという魂胆。

ミヤマシロチョウ
河原での吸水。
前日は大集団になっていたようだが、この日は大きな集団は見られず。
翌日もよさそうだったが、土曜、月曜と出勤だったのでチャレンジすらできなかった。
残念。
ミヤマシロチョウ
同じく吸水。
翅基部の黄紋が目立つ。
ミヤマシロチョウ
バイカウツギでの吸蜜。
周囲には蜜源となりそうな花がなく、ここでの主な吸蜜源はこのバイカウツギだろうとの話。
以前はクガイソウやヤナギランが咲き誇っていたというが、今ではその面影はない。
ミヤマシロチョウ
飛翔。
ウスバシロチョウのようなゆっくりとした滑空と羽ばたきを交えた優雅な飛翔。
やはり毒チョウではないのかと思わせる。
ミヤマシロチョウ
青い空と白い雲をバックに渓谷を飛ぶミヤマシロ。
これが自分の中の勝手なイメージだった。
近い物を再現できたかなと思ったけれど、肝心のチョウが逆光に照らされてミヤマシロらしくなく写ってしまった。

それにしてもアブは…強敵だ。


ミヤマシロチョウ Aporia hippia
2010年7月18日 長野県原村
EOS50D Tokina AT-X 107 DX Fisheye10-17mm F3.5-4.5, EF100mmF2.8MacroLISUSM 3枚目、4枚目トリミング、3枚目のみ内蔵ストロボ

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2010.07.22 | Comments(4) | Trackback(0) | チョウ

コメント

新鮮な♂ですね~。
集団吸水は羽化直後の特徴でしたっけ?

原村ミヤマシロは昔2度チャレンジして看板だけ見て帰ってきました。
まだいるんですね。
結局、東御市でばかり撮っていました。

2010-07-22 木 22:09:34 | URL | 一寸野虫 #BKGD11fg [ 編集]

>>一寸野虫さん
うーん…ミヤマシロはあんまり詳しくないのでなんとも…。
原村のミヤマシロは、ちょっと奥行った方がよさげです。

2010-07-27 火 00:19:41 | URL | spatica #- [ 編集]

昨年よりは少し増えたようですね。
私もアブが昨年より標高の低いところで倍以上の数になっているので,今年は敬遠して行きませんでした。アブの数はどうも,野生の鹿の数と比例しているようですよ。
アブのいないところでミヤマシロが撮影できれば良いのですが・・・。

2010-07-29 木 22:53:39 | URL | masa #- [ 編集]

>>masaさん
八ヶ岳でミヤマシロを撮ろうとするとアブとの出会いは避けられそうにないですね。
私が行った時もかなりいたように思いますが、前日にも行った方によると、前日より少なかったようです。
たくさんのアブに周りを飛ばれていて、山形のブナ林でたくさんのイヨシロオビアブに囲まれた時のことを思い出しました。

2010-07-30 金 22:39:46 | URL | saptica #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索