クヌギカメムシ

雑木林
ヘラクヌギカメムシを撮影した後、上伊那へ向かう。
今後のために新しい撮影ポイントを開拓しようかなと車で流すが、皆アカマツとカラマツの林ばかりでぱっとしない。
結局小学生のころから通っている雑木林に辿りついた。
この林は規模も小さく、何か特別な虫が居る訳ではない。
ただ、クワガタ採りの途中で出会ったルリボシカミキリの青にハッとさせられたり、手の届かないところで樹液を吸っているオオムラサキをアホみたいな顔で眺めたり、まぁ、そんな思い出のある場所。
クヌギカメムシ
いつものようにクヌギの幹を見ると、いつものようにクヌギカメムシたちがいた。
思ったよりも数が多く、結構活発に歩きまわっていた。
当たり前のものに、当たり前に出会える。
これって結構大切なこと。
クヌギカメムシ
産卵中の個体もたくさん目に付いた。
クヌギカメムシ
背中から見るとなかなか区別がつかないクヌギカメムシ類。
慣れればある程度は判別可能だが、やはり確実性を取るなら腹面を見てみるのがいい。
クヌギカメムシだけは、腹部の気門が黒いので♂♀共に同定は容易。
クヌギカメムシ
幹の窪みには力尽きたクヌギカメムシの亡骸がいくつも残されていた。

クヌギカメムシ Urostylis westwoodi
2010年12月5日 長野県箕輪町
EOS7D Sigma 17-70mm F2.8-4 DC MACRO、Tokina AT-X 107 DX Fisheye10-17mm F3.5-4.5、EF100mmF2.8MacroLISUSM ストロボ(SUNPAK B3000s、MT-24EX)

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2010.12.08 | Comments(0) | Trackback(0) | カメムシ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索