テングビワハゴロモとツノゼミ:4/29

4/28に日本を発ち、同日深夜、バンコクのスワンナプーム国際空港へ着いた。
空港で迎えに来ていただいていたカオヤイさんと合流し、しばらくカオヤイさんの家に御厄介になった。

翌4/29はSaraburiの国立公園へ行く。
一番の目的はテングビワハゴロモ。
事前にタイ・ネイチャリングのピーミィさんが下調べをしておいて下さったそうで、どうやらまだいるようだとのこと。
テングビワハゴロモ
公園内の道路からすぐの木に立派な姿を見つける。
年末にはかなりの数がいたとのことだったが、ほぼ時期が終わっているようで5匹ほど。
気温も高いせいかゆっくりと逃げるし、高さ2mほどの所にいたため少し撮影しづらかった。
テングビワハゴロモ
小一時間ほど撮影していたと思うが、広角で撮ろうと近づきすぎて逃げられ、ジ・エンド。
とはいえ、自然状態のビワハゴロモを見たのは初めてなので、かなり興奮した。
まぁ、こういうときは得てして良い写真になっていないものだが、またそれも再チャレンジの理由と思えば…。

後で聞いたところによると、ここでのホストはランヤイ?(リュウガン)ではないかとのこと。
ベトナムで食いまくったあいつの木に付くのか…とちょっとびっくり。

ツノゼミの一種
同じ日にカオヤイさんが見つけたツノゼミとツムギちゃん。
構図が悪かったんで、ちょいトリミング。
大きさはトビイロツノゼミより一回り大きいぐらいだったと思う。
複眼がオレンジ色をしていて綺麗な種類だった。

追記:dantyuteiさんよりツノゼミはHemicentrus cornutusという種類だと教えていただきました。
ありがとうございました。

テングビワハゴロモ Pyrops candelaria
ツノゼミの一種 Hemicentrus cornutus
2011年4月29日 Saraburi,Thailand
EOS7D EF300mmf4LISUSM,Tokina10-17mmf3.5-4.5fisheyezoom,EF100mmf2.8MacroLISUSM ストロボ(SP-580EX)

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2011.05.09 | Comments(4) | Trackback(0) | 遠征記

コメント

spaticaさん、こんばんは

 やはりテングビワハゴロモは、年末に数十頭が同じ方向を向いて群れてユラユラ腰を振っている姿を見ないと見たことにはなりません。
 早く再チャレンジに来てください。

2011-05-10 火 00:22:22 | URL | ピーミィ #2vPcgnIw [ 編集]

ツノゼミ

こんにちは!
ツノゼミの写真、
僕のはボケボケで全部消してしまいました(涙!
上手いですね。
テングビワハゴロモ、
年末年始頃は動きが鈍く、魚眼でもMP65でも逃げません!

2011-05-10 火 09:48:16 | URL | カオヤイ #YrgyjF6k [ 編集]

ビワハゴロモは格好が良いですね。
こんな昆虫が目の前にいたら、興奮するな。

2011-05-11 水 00:38:18 | URL | 虫林 #GCA3nAmE [ 編集]

>>ピーミィさん
早くリベンジに…行きたいですが、今行ってもまだいないですね。
これが群れてるなんて…鼻血でそうです(笑)。

>>カオヤイさん
ツノゼミは1/80ですから基本的にはアウトなんですが、奇跡的なのがありました。年末年始…行ってみたいです。

>>虫林さん
もちろん興奮しました。
大きくて派手で…地味好きな私も、これはヤバかったです。

2011-05-11 水 23:55:38 | URL | saptica #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索