木曽谷のキマダラルリツバメ

キマダラルリツバメ
ベトナムでキマルリの仲間を見てからずっと探していた木曽のキマルリ。
日本のtakanonisより先に海外のSpindasisを見た稀有な人…なんて言われたからには探してみないとマズいだろう(笑)。
それに、どうせ見るのなら地元信州木曽谷のキマルリが見たい…そう思っていた。
キマダラルリツバメ
ヒメジョオンで吸蜜する。上の写真と同一個体。

知人のツテを辿って探したが見つからなかった1年目。
これは自分の足で探すしかないと悟り、木曽谷を走り回った2年目。
3年目の今年は先月から4週連続で木曽谷に入り、ようやくその姿を写真に収めることが出来た。
キマダラルリツバメ
喉にひっかかった小骨のようにずっと気になっていただけにほっとした。
だが、まだ成虫の姿を一応撮れた…というだけに過ぎないわけで、課題はまだまだある。
ま、それでも今年はこれで一段落としておこう。

今の時期、注力しなければならない虫は他にもたくさんあるのだから。

キマダラルリツバメ Spindasis takanonis
2011年7月11日 長野県大桑村 EOS7D Tokina AT-X 107 DX Fisheye10-17mm F3.5-4.5、EF100mmf2.8MacroLISUSM、ストロボ(SP580EX)

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2011.07.16 | Comments(2) | Trackback(0) | チョウ

コメント

ついに発見ですか。開張までとれて流石ですね。
やっぱり桜か松でしょうか。

2011-07-16 土 13:45:38 | URL | 一寸野虫 #BKGD11fg [ 編集]

>>一寸野虫さん
どうでしょう?
まだ発生木を特定していないのでなんとも言えないのですが、サクラかクリのような気がしています。
また来年以降の課題ですね。

2011-07-18 月 07:01:34 | URL | spatica #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索