シロオビ?クロバネ?ユキムカエ?

昨日はモモブトスカシバ、ヒメアトスカシバと転戦したのち、チャバネフユエダシャクの♀が見たいと某所へ。
明るいうちに到着し辺りを一通り歩いてみたがな~んも見つからず。
諦め始めた頃、外灯の支柱についているやたらと白いフユシャクを見つけた。
んんん…?
これは…ユキムカエフユシャクくわ?
そもそもこの場所を選んだのはユキムカエがいないかとハンノキ林を選定したのがきっかけ。
一巡して本来の目的に戻ってきたわけだ。
ただ、その個体が本当にユキムカエかどうかは確証はないのとりあえず採集。

んでもって、とりあえず夜も回ってみるべ、と昨日今日の二日間歩いてみた。
ユキムカエフユシャク
これが件のフユシャク、さてどうだろう。
昨夜、採集した個体を展翅しながら比較をしてみた。
本州で近似種としてあげられるのはシロオビ、クロバネ、ユキムカエの三種。
このうちクロバネは平地性であるらしいということ(撮影地は標高1000mちょっと)、地色がもっと黒そうだということ、あと出現期からみて除外。
ただし標本を持っていないから詳しくは分からない。
あと残るのはシロオビだが、こちらは以前採ったそれらしい標本があったので比較してみる。

なんだ、全然違うやんけ。

というわけで、個人的結論としてはユキムカエ、ということになった。
ユキムカエフユシャク
個体によって地色の差があるようだが、いずれも地衣類が付着したハンノキの樹皮そっくり。
ユキムカエフユシャク♀?
同じ場所で、ハンノキの樹幹を歩いていた♀。
一度は地上2mほどのところで静止したが、しばらく周りを見回っているうちに痛恨のロスト。
結局交尾態は確認できず、種の判別には至らなかった。
ただ、先週からの確認も含め、現状ここで見ているフユシャクはチャバネフユエダシャク、ナミスジフユナミシャク、イチモジフユナミシャク、そしてユキムカエ?の4種。
このうち候補として合致するのはユキムカエのみだし、(今回の種がユキムカエだとするなら)シロオビは見ていないから、ユキムカエである可能性は高いように思う。
またフユシャクが面白くなってきた。

ユキムカエフユシャク Alsophila inouei
2011年11月27日 長野県茅野市 EOS7D EF100mmf2.8LMacroISUSM ストロボ(MT-24EX)

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2011.11.27 | Comments(2) | Trackback(0) |

コメント

こんばんは

ユキムカエ♂賛成です。
♀は未だに未見です。強運ですね!

あっと言う間にフユシャクのシーズンですね。
昨晩までに、♂ばかり今季13種確認しました。

今週末の天候が許せば、以前教えて頂いたナミシャクのポイントにお邪魔しようと思っています。

2011-11-27 日 21:45:42 | URL | 一寸野虫 #BKGD11fg [ 編集]

>>一寸野虫さん
やっぱりユキムカエですよね。
そうなるとハンノキ林には普通にいるような気がしてしょーがないです。

サザナミですか。
たぶんいい時期だと思います。
今度の週末は仕事が忙しくなりそうなので、ご一緒できるかはちょっと分からないですが…。

2011-11-27 日 22:08:01 | URL | spatica #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索