チャバネフユエダシャク

チャバネフユエダシャク
見たい見たいとずっと思っていたチャバネフユエダシャクの交尾。
探せども探せども見つからず、幻ではないかとさえ思っていたのだが、ちゃんと実在してくれていたらしい。

ときにホルスタイン柄とも称される♀は、その大きさも手伝ってかフユシャクの中でも最も個性的なものの一つと言えよう。
チャバネフユエダシャク
10年ちょっと前。
先輩に見せられた中島秀雄氏の著書「冬尺蛾」。
その表紙に使われていたチャバネフユエダシャクの交尾シーンはあまりにも強烈で、強く印象に残った。
他の種類はさておき、チャバネフユエダシャク(の♀)に何か特別な思いを抱き続けているのは、きっとそのときのイメージが強く心の中に残っているからだろう。

今回は写真の出来はともかく、見られたこと自体が非常に有難かったのだった。

チャバネフユエダシャク Erannis golda
2011年12月4日 長野県諏訪市 EOS7D EF100mmMacroLISUSM ストロボ(SP270EXⅡ、ヒカル小町Di)

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2011.12.08 | Comments(5) | Trackback(0) |

コメント

うーん、流石ですね。交尾は未見です。

交尾は深夜と聞きますが、遅い時間でしたか?

2011-12-09 金 23:22:50 | URL | 一寸野虫 #BKGD11fg [ 編集]

>>一寸野虫さん
どうもです。
蛾LOVEさんと同じ質問ですね(笑)。
午後9時半過ぎに発見した時は既に交尾が成立していましたよ。

2011-12-09 金 23:59:19 | URL | spatica #- [ 編集]

ご回答どうもありがとうございます。
後から別ルートで蛾LOVEさんが同じ質問をしていたのを拝見しました(笑)

昨日、先週のリベンジに灯火に再訪させて頂きましたが、会えたのはクロテン、ウスモン、ナミスジ、シロオビでした。
風はなく、氷点下でもなかったのですが、時期を外したか、満月が禍したか・・・

二俣とは別に、来年末にリベンジにお邪魔致します。
お時間あれば、またコラボ致しましょう(笑)

2011-12-11 日 10:52:35 | URL | 一寸野虫 #BKGD11fg [ 編集]

>>一寸野虫さん
どうもです。
リベンジなりませんでしたか。
何が悪いんでしょうね、時期か、タイミングか…。
時間があればまた確認に行ってみたいと思います。

2011-12-11 日 17:46:53 | URL | spatica #- [ 編集]

はじめまして,こんにちは。
私も,チャバネフユエダシャクを写真に撮りました。
しかし,雌の写真は未だ撮ることができません。
もちろん交尾の中の写真も未だです。
雄はすぐ見つかるのですが,雌を探すこつが分からず羨ましいです。

2013-12-18 水 12:16:06 | URL | itotonbosan #d74.pXFk [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索