銀塩のすたるじあ その3:スカシバ3種

なんとなく銀塩からスカシバの写真を拾い出してみた。
しかしながら…色を再現するのが難しすぎる。

セスジスカシバ
霧雨の中で交尾していたセスジスカシバ Pennisetia fixseni。
授業中だったのでしっかり写真を撮ることが出来なかったような気がする。
いや、それ以前に霧雨の中でキイチゴ群落に踏み込むのが嫌だったのに違いない。
1998年9月2日 静岡県富士宮市 NikonF-801s Sigma105mmf2.8MacroEX RA

キタスカシバ
クワガタを探してヤナギのブッシュの中に分け入ったら目の前にいたキタスカシバS esia yezoensis。
恐らく羽化直後の♀だろう。
今だったら大喜びしているのだろうが、あの当時は「でかいスカシバだなぁ」ぐらいにしか思わなかった。
このときが初めてのキタスカシバとの出会い。
2000年8月3日 長野県下諏訪町 NikonF-801s Sigma105mmf2.8MacroEX ストロボ RDP3

カシコスカシバ
クリに産卵に来ていた?カシコスカシバ Synanthedon quercus。
この頃には「おお!初めて見るスカシバだ!」というぐらいには反応できるようになっていた。
カシコスカシバはデジタルになってからは一度しか出会っていないし、その時の写真はブレブレで見られたもんじゃない。
今年あたり、撮影出来ればいいなぁと思っているスカシバ。
2003年6月3日 神奈川県秦野市 NikonF-801s Sigma105mmf2.8MacroEX ストロボ RDP3

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2012.01.25 | Comments(2) | Trackback(0) | 銀塩のすたるじあ

コメント

実物の再現という意味ではデジタルの方が優れているのかもしれませんが、銀塩は何て言うか…質感がイイですね。
この質感好きです。

2012-01-26 木 08:19:15 | URL | 虫けら屋 #- [ 編集]

>>虫けら屋さん
いや、実物の再現では…というのもいろいろありまして。
デジタルの方が優れてるとは一概には言えないのです。
とりあえず、デジタルで複写して銀塩の持ち味を完全に再現するのが非常に難しくて…。
実際のポジを見ると、今でもため息が出るほど色が美しい。
このあたりはデジタルがどこまで行っても、あの透明感には敵わないと思います。

2012-01-29 日 21:48:46 | URL | spatica #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索