ヒメセスジスカシバ

今日は友人たちが写真展を見に来てくれるとの話だったので軽井沢へ。
ついでなので、某高原に出かけた。
狙いは以前VIEWさんが撮影されていたヒメセスジスカシバ。

ヒメセスジスカシバ♀
到着してわずか10数分。
キイチゴ類の葉上をせわしなく移動する♀を見つけた。
ちょっとあっさり過ぎ…?

この個体はすぐに飛んで行ってしまったので気を取り直して再探索。
ヒメセスジスカシバ♀
静止している♀を見つけた。
ヒメセスジスカシバ♀
同一個体。
この個体はほとんど動かずにじっとしており、しばらく放っておこうか…と、目を離した隙にどこかへいってしまった。
ヒメセスジスカシバ♂
すぐ近くにはボロボロの♂の姿も。
他のスカシバと比べて♂の触角が発達しているのが印象的。

死んでいるのかと思って撮影後に指でつついてみたら元気に飛んで行った。
なんだそれ。
セスジスカシバ類の卵?
葉裏を丁寧に探していくと、セスジスカシバ類と思われる卵を見つけた。
産卵を目撃したわけではないので確証はないが、ヒメセスジスカシバの可能性もあるかもしれない。

スカシバ好きのバイブル「月刊むし・ブックス3 擬態する蛾 スカシバガ」によれば、北海道産の本種についてはエゾイチゴをホストとしていることが判明しているらしいが、本州での寄種植物は不明とのこと。
蛹殻を探してみたが、それも見つからず、寄種の確定はお預け。
でも、多少は近づいた…のかなぁ。

ヒメセスジスカシバ Pennisetia hylaeiformis assimilis
2012年8月19日 長野県東御市 EOS7D EF100mmf2.8LMacroISUSM、EF8-15mmf4LfisheyeUSM ストロボ(SP270EXII)

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2012.08.20 | Comments(0) | Trackback(0) |

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索