カトリヤンマ

ヒガンバナ
昨日は神奈川某所の里山へ。
ここはかなり前、10年ほど前にたまに出かけていた場所。
最後に行ったのは8年前だったが、久しぶりに出かけてみた。
メインの目的はクリにつく虫だったのだけれど、そちらはさっぱり。
先週にも同じく神奈川の某所へ行っていたのだけれど、二週で得られた情報は
・探したところにはいなそう
・なんだか難しい…
という二点。
全くわからないってのと同じ。

まぁ、そっちがサクサクと終わってしまったので、ついでに一回りしてみるが、かなり時間が経過しており、荒れているところがあった。
里山の荒廃というのはこういうことなのだ…と実感する。
カトリヤンマ♂
夕方近くなり、ひょっとしたら、と稲刈りが済んだ田んぼへ行ってみると、やっぱりいたいた、カトリヤンマ。
地元ではなかなか見られなかった種類である。
ホバリングを頻繁にしてくれるとの事前情報もありホバリング祭りを期待していたのだが、♂が目の前でホバリングを披露してくれたのはこの一回だけ。
ぐっはぁ…。
カトリヤンマ産卵
♀は結構な個体数が出てきて産卵していたが、なにせ再度伸び始めた稲の間を低く飛び回るので、草が被る~!
カトリヤンマ♀
産卵中に近くを通りかかると驚いて足元から飛び出し、少しだけホバリングをする。
そんなところを狙ってみたが、ちょっとしんどい。
カトリヤンマ♀
いるとこにはいるもんなんだなぁ…と。

カトリヤンマ Gynacantha japonica
2012年10月6日 神奈川県丹沢山麓 OLYMPUS OM-D E-M5,M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
EOS7D EF300mmf4LISUSM ストロボ(SP270EXII),飛翔はトリミング

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2012.10.07 | Comments(0) | Trackback(0) | トンボ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索