ウラナミシジミ

ウラナミシジミ
センダングサで吸蜜していたウラナミシジミ。
我が家周辺でも秋になれば見かけるが、本種が越冬できるのは太平洋沿岸部などの温暖な地域のみ。
当然ながら信州では越冬できないので、関東ほどの個体数はいない。
ウスバキトンボといい、このウラナミシジミといい、毎年北上・死滅を繰り返す生き物たちは、無駄な犠牲を払っているようでいて、しかしながらそれがまた彼らの強さでもあるのだろう。
それに、ちゃんと撮ってみると、結構美しいチョウだとも思う。

ウラナミシジミ Lampides boeticus
2012年10月6日 神奈川県丹沢山麓 EOS7D EF100mmf2.8LMacroISUSM

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2012.10.09 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索