コシアカスカシバの蛹殻

コシアカスカシバの蛹殻
今日は北信をウロウロ。
結局目的は果たせなかったが、かわりに?コシアカスカシバの発生木を見つけた。
さらに何本か見ているうちにものすごい密度の木に当たった。
なんじゃこりゃ、である。

自身では初めてとなる、県内でのコシアカスカシバの証拠。
今のところ確実にコシアカスカシバだね!という県内の情報は集めきれておれず、一つは小諸(海野和男さんの小諸日記)、そしてもう一つは上田の情報だった。
この夏にはその辺を気にして東信を当たってみたのだが結果はスカで、最終的にはやせがま氏の情報を元に東京まで出張ってようやく実物を拝めたが、県内のものは宿題になっていた。
これでようやく一歩が踏み出せた感がある。
たぶんこの近辺には広くいるはずだ…と、希望的観測。
今日の場所は長野市なので、千曲川に沿ってずっといる可能性もありそうだが、地元で探すのはやはり厳しそうと実感。
なにせ標高差400m、生物相も違うはずだからなぁ…。
コシアカスカシバの蛹殻
少し引いて見るとこんな感じ。
反対側も似たようなもん。
コシアカスカシバの蛹殻
確実に蛹殻だというものを拾い出しただけでこの数。
すさまじい。

コシアカスカシバの蛹殻
2012年10月14日 長野県長野市 OLYMPUS OM-D E-M5,M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R ストロボ(FL-LM2)

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2012.10.14 | Comments(2) | Trackback(0) |

コメント

これ、ホストはクリの木ですか?
鱗翅学会の機関紙「蝶と蛾」、46(1).p.26-30,1995にシラカシから脱出する
羽化観察記録があって、蛹殻は北~北西、高さは150cm以下に集中していたとの
記述があります。貴殿の画像だと、高さはともかく、方角はあまり関係なさそう
ですね。

2012-10-14 日 22:23:49 | URL | fanseab #pif2E0t. [ 編集]

>>fanseabさん
いえ、これはコナラでした。
個人的な感想ですが、方角よりはホストの状態の方が重要な気がしています。

2012-10-14 日 23:54:57 | URL | spatica #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索