アリモドキカッコウムシ

アリモドキカッコウムシ
ミヤマフユナミシャクを探してカラマツの樹皮を調べていると、黒い小さなものが目に入った。
近づいて確認するとアリモドキカッコウムシ。
こんな寒いときにいったい何をしていたのだろうか?
そういえば、春先にビャクシンカミキリを探しているときにもアリモドキカッコウムシに出会っている。
案外寒さに強い虫なのかもしれない。

この種はマツなどの伐木でよく見つかるとのことだが、そういう材探しをあまりしないので、個人的には見かけない虫である。
そもそもカッコウムシの由来とはなんぞや?と日本動物大百科を開いてみたら、その色彩から郭公虫と付けられた、と記述されていた。
うーん…そうか?
そうなのか?
なんだか釈然としない。

アリモドキカッコウムシ Thanasimus lewisi
2012年11月10日 長野県伊那市 EOS7D EF100MMF2.8LMacroISUSM ストロボ(MT-24EX)

スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2012.11.16 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索