ヒメアカタテハ

ヒメアカタテハ
夕方、傾きかけた日を浴びていたヒメアカタテハ。
秋になると良く見る光景だ。
ヒメアカタテハ
チビたヨモギ?に産卵行動をとっている個体を見かけた。
はて、ヒメアカタテハの越冬態ってなんだったっけ?と調べてみたら不定とのこと。
ただ、少し古い図鑑には越冬可能なのは関東以西の暖地のみと記述があった。
うーん、最近の動向はどうなのだろう?
ここ数年の他の虫たちの如く北上を果たしているのか、それとも以前の通りなのか…。
ちょいと気になるところ。

2017年10月中旬 長野県東信地方

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.10.25 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

ミヤマシジミ

ミヤマシジミ♂
ミヤマシジミ♀
とある虫を探しに中信の河川敷へ。
残念ながら目的の虫は見つからなかったが、そこそこの数のミヤマシジミが飛んでいた。
しかしながら、秋色が濃くなったなぁ。

2017年10月上旬 長野県中部

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.10.23 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

南国の香り

ツマグロヒョウモン♀
秋になるとにわかにツマグロヒョウモンの数が増える。
すっかりおなじみになったとはいえ、不意にその姿が目に入ると相変わらず目がそちらに向いてしまう。
何度見ても思い出すのは初めて本種を目にしたときのこと。
初めての沖縄で出会った本種はどこか南国の香りを漂わせているように感じたのだった。

2017年10月上旬 長野県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.10.15 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

ヒメヒカゲ

ヒメヒカゲ♂
高ボッチのヒメヒカゲは出始め。
まだ♀の姿は見られず、♂ばかり。
ヒメヒカゲ♂
背の低い草むらを跳ねるように飛び、時々思い出したようにとまる。
ヒメヒカゲ♂
獣糞にもひきよせられる。
ヒメヒカゲ♂
肉眼で見ると青紫を帯びているように見える翅表、写真に撮るとあまりそうは写らない。謎。

2017年7月 長野県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.07.16 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

ジョウザンミドリシジミとアカボシゴマダラ

ジョウザンミドリシジミ
7/8はカオヤイさんが一時帰国されているということでご一緒した。
朝はいつものジョウザンポイントへ。
今年の季節進行のズレはここまで来ても解消されておらず、例年ならボロのみの日付のはずだが、新鮮な個体も交じっていた。
ジョウザンミドリシジミ
うまく中央に収まってくれなかったのでトリミング。

撮影中、すぐ目の前を見慣れないチョウがスーッと滑降していくのが見えた。
色は薄茶色、一見アサギマダラのようだがちょっと違う…。
ひとしきり考えた後、あ!と気づいたのでそっと近づいて確保。
アカボシゴマダラ
アカボシゴマダラだった。
山梨まで来ているという話は聞いたことがあった(私信)が、ここまで来ているとは!
今シーズンの冬にどうなっているか、確認の必要があるかもしれない。

2017年7月8日 長野県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.07.12 | Comments(0) | Trackback(0) | チョウ

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索