ネズの妖精

ネズのある風景
ちょいと時間が経ってしまったが、2週間ほど前の事。
昨年あたりからだったか、とある知人からキオビツノカメムシが採れるかもしれない、というお話を聞いていた。

キオビツノカメムシは2013年に再発見されるまで約50年に渡りその記録がなかった珍カメムシで(山本ら,2014)※1、数年前に写真がないかという問い合わせが来ていたが、さすがに持っていない…という返答をせざるを得なかった種である。
んーむ、一度は見てみたい。
丁度直前にツイッター上でキオビツノカメの画像も出回ったし、タイミングもよさそうだということでチャレンジさせていただくことにした。
ネズ
さて、キオビツノカメを探す際に目印となるのが寄主であるネズの木だ。
正直メジャーな樹種ではないし、針葉樹ということで虫屋には縁がなさそうだが、カミキリ屋さんにとってはアティミアことケブカマルクビカミキリの寄主としてそれなりに知名度がありそうだ。
かくいう自分もネズはケブカマルクビの付く木としてインプットされていた(見たことがあるとは言っていない)。
そして目立たないが一度探し出すと方々で目につくようになる不思議。
ちなみに新葉はまだしも成熟した葉はかなり固く鋭い。
つまり痛い。
舐めてると結構泣かされる。

ついでに木曽五木のネズコはクロベのことで、ネズのことではないらしい。なーんだ。
ネズの実
ネズは雌雄異株である。
そしてキオビツノが付くのは雌株で実の付いたものだけらしい(なんて贅沢な)。
実はこんな感じ…だが、成熟度合いで結構見た目が変わる。
ネズの雄花
この時期の雄株には雄花が付いているので見分けやすい。
茶色くてちっちゃいのが雄花である。
いかにも風媒花の針葉樹らしい花だ。
ネズの未熟果?
実の付いた雌株を探して気を回っているうちに気が付くのは、それぞれの木が雄花の付いている雄株と実の付いている雌株、そしてどちらも見当たらない性別不明の3つに分けられることだ。
なんでだろう?と疑問に思っていたのだが、どうやら実が成熟するには数年がかかりそうだ。
良く見ればこんな未熟果らしきものがついている木もある。
ふむ、実をつけるのにも周期があるのかと腑に落ちる。

で、最初は意気揚々とルッキングで探していたのだが、何しろ相手が相手だからさっぱり見つからない。
開き直って長竿を取り出し、雌株と見ればとにかくスイープしてみる。
痩せ尾根を辿りながらアカマツに交じって点々と生えているネズをとにかく虱潰しに掬う、掬う、掬う…→エンドレス
不毛な作業を続けながら「ああ、一人でこれやってたらもう帰ってるわ…」なんてことが頭をよぎる。
…と、何本目か考えるのが嫌になってきたあたりの木で見覚えのある影。
入った
ふおおーはいってるーーー。
すでに頭がおバカになっているのでそんな感想しか出てこない。
ともかく、幻のカメムシは実在した。
ネズ
入ったネズ。
そこそこ大きい木で、かなり上の枝から二個体が採集できた。
キオビツノカメムシ
帰ってからのスタジオ撮影。
キオビ様は国内のどのツノカメとも雰囲気が違う。
それもそのはず、本種が属するCyphostethus属は旧北区から4種のみが知られる小さなグループだそうな。
ヨーロッパの種類はビャクシン類に付くんだとか。

しかしなんで50年も見つからなかったの、キミ。
しかもネズなんてアティミア狙いの人たちが散々スイープしてるのに、これまで見つからなかった理由が説明できない。
謎。
キオビツノカメムシ卵
成虫が見つかる前に見つけた謎の卵塊。
どうもキオビツノっぽいし、持ち帰ったら確かにカメムシが孵化してきたのだが、2齢幼虫が未熟果に食いつかない…。
なんか条件があるのだろうか…。

何はともあれ、無事UMA退治ができました。
情報をいただいたKさん、ありがとうございました。

2018年5月 長野県某所

※1:山本亜生・林正美・遠藤正浩,キオビツノカメムシの再発見 Rediscovery of little known bug, Cyphostethus japonicus HASEGAWA, 1959 (Heteroptera: Acanthosomatidae),Rostria (56), 47-50, 2014-01-31,日本半翅類学会

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2018.05.24 | Comments(0) | Trackback(0) | カメムシ

春が速い

ムラサキケマン
今年の春は本当に足が速い。
ムラサキケマンの花も、もう残っているのは日当たりが悪いところの株だけだ。
ニリンソウ
林の下ではニリンソウが盛りを迎えていた。
オオニジュウヤホシテントウ
擬木の柵にはオオニジュウヤホシテントウ。
オオニジュウヤホシテントウはジャガイモ畑で、ルイヨウマダラテントウは山のルイヨウボタンやハシリドコロ、イケマなんかを食っているところを見かけるけれど、ニジュウヤホシテントウとヤマトアザミテントウは見たことがない。
サビキコリ
黄昏てたサビキコリ。
チャマダラヒゲナガゾウムシ
下草の上にいたチャマダラヒゲナガゾウムシは、顔を撮ろうとしたら逃げて行ってしまった。
ヨコヅナサシガメ幼虫
ヨコヅナサシガメの幼虫は羽化が進んでいる。6~7割ぐらいは羽化が終わったようだ。
ムネアカアワフキ
桜の下のスイバに落ち着いていたムネアカアワフキ。
雨と風で下に落とされたかな。
アリジゴク
神社の縁の下にはアリジゴクの巣がたくさんあった。
今度ハイスピードで砂をかけるところとか撮ってみようかなぁ。

2018年5月 長野県

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2018.05.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ミズバショウ

ミズバショウ
ちょっと探したいものがあったので北信へ。
別荘地の中にあるミズバショウが見ごろだった。
中信にあるのは自生かどうか疑わしいと思ってしまうが、こちらなら不安はないだろう。
探し物はさっぱりだったので、また頃合いを見て再訪せねばなるまい。

2018年4月 長野県

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

2018.04.24 | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

春蘭

雑木林の芽吹き
雑木林が動き始めた。
今年は天候がなんだかよくわからない動きを見せているが、やはりこの季節のフィールドは爽やかで歩くのがとても楽しい。
シュンラン
気づけば足元にはたくさんのシュンランの花が咲いていた。
かつて憧れ、地元で散々探しながら見つからなかった花だが、車で小一時間も走ればそこら中に咲いている。
んむぅそんなものか…とちょっと納得しがたい思いも無きにしも非ず。
大きく気品があり、非常に美しい花だと思うが実物は誠に目立たない。
以前読んだ本には集めて食すとおいしいと書いてあったが、さてあれの調理法はお浸しだったか。
どちらにせよ、このご時世では大変に贅沢な味になるに違いない。
ミヤマセセリ
腹ばいになってシュンランを撮っていると、すぐ脇をミヤマセセリがいくつも通り過ぎていく。
地表すれすれを跳ねるように飛んでいくこの蝶にこそセセリチョウの英名skipperはふさわしかろう。
林床に降り、少々傾きかけた日差しを受けるその姿はあっという間に落ち葉に紛れて消えてしまう。

今年の春はことさらに足が速そうだ。
こういう年の春は、これでもかと圧縮されてしまうのだから。

2018年4月 山梨県北杜市

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

2018.04.18 | Comments(0) | Trackback(0) | 植物

ハクバツリアブ

レンギョウと桜
先週の事、とある虫を探していたのだが、どうも時期が終わってしまったらしく姿が見えない。
一時期高温が続いたせいかここで季節が一気に進んでしまったし、仕方がないのかもしれない。
とはいえせっかく来たのだから何か探していこうかと思い周りを散策していると、ビロウドツリアブが飛んでいた。
ハクバツリアブ
ああ、さっき見逃していたけれどこんなところにもいるんじゃないかと近づいてみると、なんだか違和感。
あれ?こいつビロウドツリアブじゃない?でもいやまさかねぇ…と止まるのをまって確認する。
翅には特徴的な斑紋。
げ…ハクバだこいつ…。
ハクバツリアブ
飛翔中。

ハクバツリアブについては以前も何度か白馬村まで行って探したことがあったが、出会えたのはほんの一瞬だった(こちらの記事)。
そもそもハクバツリアブってどうだったっけと手元に唯一ある資料*1 をめくってみると、これまで日本で確認されている産地は白馬村の二地点と東信の二地点、計四地点のみ。うち最近の記録があるのは白馬村の一か所だけで、もう一か所は1997年に記録があり、東信の記録は1952年と1996年の記録が一例ずつ…。
今回出会ったのは東信某所なので、24年ぶりの東信の記録になるのだろうか…そのうちどこかに投稿しておこう。
ハクバツリアブ
前回は一瞬の出会いだったのでじっくりと観察できなかったが、今回は複数個体がいたのでそれなりに観察することができた。
飛んでいるときは首元の白帯と翅付け根の白色紋が良く目立ち、まるで小さなマルハナバチが飛んでいるかのようにも見える。
また、今回見られたのはすべて♂個体だったのだが、もう少し時間を空けて訪れれば♀が見られるのだろうか。
ハクバツリアブ
ここで記事を書こうとしてちょっとネットで海外の本種の画像を検索してみたのだが、今回のはパッと見だと胸部側縁の白色条の発達が非常に弱い(つーかほとんど見えない)ように思えるのだが、んー?その辺どうなんだろう?個体差?
それともう一つ、前述の資料だとこれまでの事例の共通項を“長野県で 5月頃 標高1000m以上”として挙げているが、今回見られた地点はせいぜい標高500mちょっとの畑の脇という里山環境である。しかも気候が変だとはいえ、4月。
ひょっとしたらハクバツリアブは案外広く分布しているのかもしれない。
気になった方はぜひお近くでもその姿を探していただきたい。

この記事を読んだあなたは小さいビロウドツリアブが全部ハクバツリアブに見える呪いにかかります (呪いSE


*1 紺野 剛・濵路 久徳・田悟 敏弘,2014,ツリアブ科ノート ハクバツリアブ(和名新称)の記録 はなあぶ 37:51-58

2018年4月 長野県東信地方

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2018.04.09 | Comments(0) | Trackback(0) | ハエ・カ・アブ

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
画像の貸し出しについては下記までご連絡ください
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索