桜に蜜蜂

ミツバチ
先日と同じく神奈川での撮影。
既に早咲きの桜が咲き、数はさほど多くはないもののニホンミツバチ達が訪花していた。
ミツバチ
触角くしくし…

地元じゃこんな風景が見られるのは一ヶ月以上は先だろうね…。
雪の中の信州からはかけ離れた世界、意外と近くにあるんだなぁ。

2017年2月 神奈川県横須賀市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.02.10 | Comments(0) | Trackback(0) | ハチ

地面ほじほじ

ウロコアリの一種
冬場の定番、地面を掘ったり石を起こしたり。
地元では地面が凍り付いていたりするのと、探したいものもあるので最近は少し足を延ばしてほじほじしている。

見かけるとつい撮ってしまうウロコアリの仲間。
これは多分ウロコアリだと思うが、どうにもオオウロコアリというのとの違いが分かりにくい。
流石に標本がないと辛いか…。
アオオサムシ
こちらはおなじみアオオサムシ…ではあるが、カントウアオオサムシというものになるのだろうか。
たぶん見た目からでは判別できないだろうからアオオサムシでお茶を濁しておきたい(笑)。

2017.2/10追記
虫けら屋さんからこの場所ではアオオサムシ基亜種になるとご教示いただきました。
カントウアオオサとアオオサは相模川が境界になるんだとか…。
ありがとうございました。

2017年2月 神奈川県横須賀市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.02.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

冬の土場から

土場
静岡某所の谷筋へ。
ある虫を探しに行ったのだが、残念ながらかすりもせず。
折角ここまで来たので何かいないかと周りをウロウロすると小さな土場が。
なかなか面白そうじゃないかと見ていくことにする。
クロヒラタカメムシ
針葉樹の皮を持ち上げてみると出てきたのはクロヒラタカメムシ。
流石に寒いのかピクリともしない。
クロヒラタカメムシ
なんだかおもしろい質感をした虫でもある。
信州ではお目にかかれないのでこれはこれで嬉しい。
クビグロアカサシガメ
クビグロアカサシガメも出てきた。
良く似たアカシマサシガメと比べると小ぶりで、どこにでもいるが数は少ないといった印象。
アカシマサシガメは湿ったところだと大きな群れになったりするが、クビグロアカではそういう光景は見たことがない。
きっと両種ともにヤスデ食いなんだろうけど、棲み分けや食い分けをしていたりするのだろうか?
アカハネムシの一種幼虫
広葉樹の樹皮下から出てきたのはアカハネムシ一種の幼虫。
奇っ怪なヤツである。
アカハネムシ一種幼虫尾端
上の画像からトリミング。
普段見るのはもっと長い突起が出ているものだが、ここのは短い突起。
ちょっと調べてみるとオニアカハネムシが近そうだが、現物がないので断定は避けておきたい。

うーん、冬の探索は地道に行くしかない。

2017年1月 静岡県富士宮市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.02.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ナミテントウ

ナミテントウ
今シーズンに入ってからというもの、なんだかいつも見つかる越冬昆虫達になかなか出会えていない。
虫たちの方がおかしいのか、それとも自分が見つけきれていないのか…。
おかしいと言えば気候もおかしい。
例年に比べて雪が少ないし冷え込みも弱く、最低気温が氷点下10度を下回る日がまだなかったりする。

…と、そんなことを考えながらしつこく探していたら、スギ樹皮下のナミテントウの越冬集団に当たる。
まあそこそこの数の集団ではなかろうか。
ナミテントウ
いろいろな模様が混じっているが、見える範囲ではすべてナミテントウである。
カメノコテントウはいなかったが、見えないところに一匹スコットカメムシが混じっていた。
撮影後に木の皮やら落ち葉やらを被せておいたが、無事越冬できるだろうか。

2017年1月 長野県岡谷市

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.01.23 | Comments(0) | Trackback(0) | 甲虫

窓際のコミミさん

コミミズク
12月、山梨でちょこちょこと姿を見かけていたコミミズクの幼虫。
折角だからと家に連れて帰って、空き瓶にコナラの枝を差してそこに放すと居場所を決めて動かなくなった。
枝はそのまま自室の出窓のところに置いておいたのだが、それが今日気づくと成虫になっていた。
コミミズクの成虫なんて見るのは何年振りだろう、たぶんこれで2回目ぐらい。
個体数は多い虫だろうが、成虫は野外では案外見づらいものであろう。
あとカッコいい。
コミミズク抜け殻
さて、羽化した殻もそのまま枝についていたのだが、これを見てみると、どうも他の虫とくっつき方が違う。
コミミズク抜け殻
よくよく見ると、殻は脚ではなく口吻で枝にくっついていた。
最初はこんなに細いもので…と思っていたが、拡大してみると結構厳つい。
これなら体を支えるのにも役に立つか。
それにしても、何ともアクロバティックな脱皮だ。
抜けたらヤバいよな、コレ。

2017年1月 山梨県産(飼育)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

2017.01.13 | Comments(0) | Trackback(0) | セミ・ヨコバイ類

«  | HOME |  »

FC2Ad

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

spatica

Author:spatica
生息地:信州諏訪地方
性別:♂
ムシは好きだが見つけられない、典型的なふしあなさん。
E-mail
spatica@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索